カードローンの借入方法で提携ATMを選ぶ3つのメリット

カードローンを利用してお金を借りる方法は自社ATM、提携ATM、振込キャッシングなどがありますが、提携ATMを利用する人が増えてきています。提携ATMは1回利用するごとに手数料が発生してしまうのでデメリットになると考えてしまう人もいますが、メリットになる点もあります。そこでカードローンの借入方法で提携ATMを選ぶとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・その場で現金を受け取れる

振込キャッシングを利用する時はホームページで融資の依頼をしてから口座に振り込んでもらう形になるのでその後に口座から引き下ろさなければいけません。しかし提携ATMを利用すればその場で現金を受け取る事が出来るので特に早くお金が必要な人はメリットになります。

・コンビニに行けばお金を借りる事が出来る

自社ATMを利用する時は設置場所まで行かないとお金を借りる事が出来ません。しかし提携ATMはコンビニ設置されているのでコンビニに行けばお金を借りる事が出来ます。コンビニはどこにでもあるのですごく便利です。

・簡単に操作する事が出来る

振込キャッシングを利用する時は融資の依頼をする時に戸惑ってしまう人もいます。しかし提携ATMを利用する時は画面の指示に従ってタッチパネルを操作すればいいのですごく簡単です。

キャッシングは早く返済するほど利息が少なめに

キャッシングの金利は、借り入れ金額が100万円未満なら18%が上限です。10万円を借り入れした場合は、1万8千円の利息を加算して返済しなければならないということです。

1万8千円を高いと感じる人もいますが、これは1年間借り続けた場合に発生する利息です。つまり1ヶ月で返済すれば、利息はその12分の1で済むわけです。1万8千円の12分の1は1500円ですから、負担は少なめと言えます。この負担で1ヶ月間10万円を自由に利用できるわけですから、これがキャッシングの大きな魅力と言えます。

もちろん1ヶ月よりも早く返済した場合、利息の負担はさらに少なくなります。1ヶ月の約3分の1の10日で返済した場合は、やはり利息も約3分の1の500円となるのです。

このようにキャッシングの利息は、返済が早ければ早いほど安くなります。そのため給料日の前など、返済可能となる日が近くなってから利用するという人も少なくありません。

近日中には返済できないという場合には、借り入れ前に、消費者金融の公式サイトなどにある返済シミュレーターを使うことが大事です。借り入れ希望金額および返済予定日を入力すると、利息を加えた返済額が自動計算されるのです。これを参考に、負担にならない程度の利息が発生する金額の借り入れをするわけです。

This entry was posted in 返済 by .

主流になりつつある「即日融資」

日々の生活をしていると、急にお金が必要になることはよくあることです。しかもそれはまさに「今すぐ」ほしいというケースが多々あるのです。そして、そんな時に限ってお金が手元にはありません。強い味方が「即日融資」ができるカードローンや銀行ローンになります。このローンは審査はありますが、必要な書類は「源泉徴収票」など自身の収入(所得)が証明できるものがあればよいという非常にシンプルなものがほとんどです。また、借り入れ条件によっては収入証明書が不要になる場合もありますので、確認しておく必要があります。

最も注意しなければいけないことの1つは、やはり「金利」ではないかと思います。即日融資ができるローンですから、金利は高めに設定されています。当然のことではありますが、お金がないからといってやみくもに借りるのではなく、しっかりした返済計画を自分自身の中で作っておくことは非常に重要なことです。

近年、カードローンや即日融資は多くの金融機関が商品として取り入れるようになりました。一昔前と比較すると、ブラックなイメージはなくなり手軽さが前面に出てきています。また、スマートフォンで手続きが完結できるサービスを提供する金融機関が現れるなど、便利さもとても進化しました。しかしそんな時代だからこそ、身の丈に合った利用を心掛け、できることなら利用しないで済むような生活態度を日ごろから身に着けておく必要があるのです。

消費者金融の審査に関係する不安を解消する

消費者金融の初めての利用で審査を受ける時には審査が通るのだろうかという不安を持つのではないでしょうか。フリーターで収入が安定していないし、それほど大した給料でもないとなると、業者から信頼されず審査で落とされてしまうかもと思うかもしれません。

もし少額の融資のみということであれば、大手の消費者金融が理想かもしれませんが、審査でチェックされるのは仕事のことや収入が安定しているのかというだけではなく、どこに住所があり、どのくらいそこに住んでいるのかという点を見られるかもしれません。

頻繁に引っ越しばかりをしている人や、ほとんど収入がないような人では審査で落とされてしまう可能性もないわけではありません。また個人情報を偽りなく正しく入力することも大切であり、もし間違いがあると融資を受けられなくなるかもしれません。とはいえ、毎月安定して収入があり、住んでいるのが自宅とかあるいはアパートであったとしても数年同じ住所で暮らしているのであれば、多くの場合問題なく融資を受けることができます。

もしその点で不安があるのであれば、大手の消費者金融のホームページには仮審査チェックがあり、自分が融資を受けることができるかどうかの目安を測ることができますので、申し込む前にそれで確認してみるとよいでしょう。

公式サイトで簡単に申し込み!お金を借りるならプロミス

今すぐお金が必要なのに、給料日前でお金が用意できないという人でも大丈夫です。プロミスがあれば、すぐにでも必要なお金を借りることができるからです。プロミスは消費者金融ですが、消費者金融といえば怖い人が事業を行っているという誤解が一部にあります。

そんなことは全く無く、ごく一般の企業が事業を行っており、きちんと貸金業登録を済ませている健全な会社です。それも、メガバンクの三井住友銀行との関係が深い、SMBCコンシューマーファイナンスが運営していますから、安心して契約が結べるメリットを持っています。

プロミスの魅力は、公式サイトから申し込むことができる部分です。町の小さな消費者金融とは違って、対面で申し込みからお金の受け取りをする必要がありません。指定口座に振り込んでもらう方法でも良いですし、発行されたローンカードを提携先の金融機関やコンビニのATMで使えば、誰にも知られずに簡単にお金が借りられます。

申し込みを済ませた後には審査が行われますが、最短30分という早さで知らせてくれます。即日融資に対応しており、振込キャッシングもしくは最寄りの自動契約機でカードを発行することで、ATMですぐに借りられる優れたサービスを提供中です。

キャッシングの本人確認について

これからキャッシングを利用したいと思っている人の中には本人確認をどうしたら良いか分からないという人もいるかと思います。

ですが、それは簡単で一番簡単なのは車の免許証を提示すれなそれで本人膜確認ができます。
でも、これからキャッシングを利用したいと思っている人の中には車の免許証がないという方もいるかと思います。

そういう場合は車の免許証以外の物を提示する事になります。その場合に一番簡単で確実なのは健康保険証とマイナンバーの通知書を出せば良いです。

この2枚を出せば本人確認ができます。また、これ以外ではマイナンバーカードを作っている場合はこのマイナンバーカード1枚を提示すればそれで本人確認ができるのでそれで
キャッシングを利用してお金を借りる事ができます。

なので、マイナンバー制度が始まる前は車の免許証がないと本人確認も割と面倒な事がありましたがマイナンバー制度が始まったおかげで本人確認のために提示すべき物を簡単に用意できるようになりました。

もちろん、従来から本人確認書類で提示されてきた車の免許証を持っているならそれを提示すれば簡単な話です。それがないという人はマイナンバーカードを出せば済むのでそれでキャッシングが利用できます。

キャッシングの審査にかかる最短時間に関する注意

キャッシングの会社のホームページには審査にかかる時間について言及されていることも多く、最短何分で終わるといった記述があると思います。審査にかかる時間が短いことは誰にとっても望ましいので、そういったところでお客さんを集めようとしているところも多くあります。

だからこそ、各社審査にかかる時間を少しでも短くしようと頑張っていますし、その結果最短30分とか、そういった数字が書かれているケースも多くなっているのですが、ここで注意してほしいのはその数字が全ての審査にかかる時間を表しているとは限らないことです。

審査は会社によっては2段階に分かれており、仮審査と本審査にわたる場合があります。仮審査というのは、ほとんど足きりみたいなもので、明らかにダメな人、総量規制によって貸すことができない人など、そういうケースを見ていることが多いので、これを突破するのは難しくありません。

ただ、審査にかかる時間は短いですし、この仮審査にかかる時間を最短何分とホームページなどに明記している会社も中にはあるとされているのです。だから、本審査も合わせた審査全ての時間は、もっと長いという場合も考えられるので、注意が必要になります。実際、ホームページに書かれている時間が審査全てにかかる時間だとしても、それは最短ですから、それだけの時間で全て済んでしまうケースは限りなく少ないと思った方が良いでしょう。

利用限度額の上限は何で決まる?

キャッシングに申し込む際には希望する限度額を申請します。ただ、希望通りの金額が必ずしも通るというわけではありません。限度額の上限を決めているのは本人の信用力と総量規制なのです。

本人の信用力

収入、職業、雇用形態、家族構成、居住形態など、本人の属性によって信用力は変化します。また、現在の借り入れ状況や過去の利用実績も信用力に多大な影響力を与えます。本人がどういった金額を希望しようと、限度額の上限は信用力によって決まっています。この上限を超えた金額を希望しても、減額されたうえで契約することになります。また、上限よりも低い金額を希望した場合、キャッシング会社の側から増額のお誘いが来る場合もあります。

総量規制による制限

信用力とは別の方面から限度額を縛っているのが総量規制による制限です。消費者金融や信販会社からの借り入れは、全社合わせて年収の3分の1までとなります。貸金業法による制限のため、キャッシング会社がどれだけ融資をしたくてもこの上限を超えての融資は不可能なのです。ただ、銀行や信用金庫の融資はこの上限には含まれません。総量規制の上限が厳しいときは、総量規制外の銀行や信用金庫のカードローンを利用するという手もあります。

アコムの在籍確認は、電話以外の方法でも可能

アコムの審査では、「在籍確認」が不可欠です。

これは、職場に電話をかける形で行われるのが一般的です。

しかし、どうしても職場に電話をかけてほしくないという場合は、「書類提出」という方法を採ることもできます。

では、その方法ですが、在籍確認の前に申込内容の確認などのために1回電話が来るので、その時に、電話ではなく書類で在籍確認をしてほしい旨を伝えればOKです。

提出する書類としては、「社員証」「健康保険証」「給与明細(直近1~2ヶ月分の物)」が求められますが、これらはWebアップロードを使えばすぐに提出できます。

スマートフォンなどで撮った物をそのままアップロードすればよいだけですが、画像がぶれていたりすると、再度提出しなければならないこともあるので注意しましょう。

この方法を採ることで、電話での在籍確認を避けることができますが、在籍確認以外でもアコムから電話が来ることはあります。

一つ目は、「遅延などをしている」。

最初は携帯にかかって来ますが、連絡がとれなければ、職場にかかって来ることになります。

二つ目は、「職場が変更された」。

転勤や転職などで職場が変わると、登録情報を書き換えなければならないので、新しい職場に電話が来ることがあります。

ローソン銀行カードローンは即日融資は可能か?

ローソン銀行では、即日融資ができるのでしょうか? 基本的に、コンビニで少額融資が主なものですから、即日融資も可能な感じにも見えます。

ですが、銀行系のカードローンは、現在自主規制や暴力団関連のデータを紹介するために時間をかけなくてはならないことの影響から、即日融資自体ができないようになっています。

警察にデータを紹介すると、どうしても1日は時間がかなってしまうので、即日融資は難しいのです。

ローソン銀行も例外ではなく、基本的には翌日以降でなければ審査の通過はないと思ってもらうといいでしょう。

即日融資をしたいのであれば、銀行系カードローンであるローソン銀行よりも、消費者金融を利用することをお勧めします。