ネット銀行のカードローンで人気の2社を比較

ここ数年でネット銀行のカードローンが浸透してきていますが、楽天銀行スーパーローンと住信SBIネット銀行MR.カードローンが特に人気があります。ネット銀行のカードローンを利用する時はどちらかを選ぶ人が多いですが、迷ってしまう人も多いでしょう。そこで比較してどちらを利用すればいいのか考えていきましょう。

キャッシングをする時はまず金利が気になる人が多いでしょう。最高金利を比較していると楽天銀行スーパーローンは14.5%で設定されているのに対して住信SBIネット銀行MR.カードローンは7.99%と低めに設定されています。金利を重視する時は住信SBIネット銀行MR.カードローンを選んだ方がいいですね。しかし金利が低く設定されている場合は審査が厳しくなる事が多いです。派遣社員やアルバイトがキャッシングをする時は楽天銀行スーパーローンを選んだ方がいいです。

キャッシングの審査では過去の利用状況と現在の収入が重要なポイント

急な出費が発生した時に便利なキャッシングは現代社会でかなり広く浸透しており、借り入れをする事で様々な資金の立て替えに活用出来るようになっています。

キャッシングを利用するには、消費者金融会社に新規申込みの申込みをするか、信販会社が提供しているクレジットカードのショッピング枠を活用するかといった選択肢があります。

キャッシングの新規申込みをしますと、消費者金融会社の方で審査が行われます。審査は様々な角度から行われますが、特に重要であるポイントは申込者の他社を含めたキャッシングの利用状況と現在の収入です。

消費者金融会社としては、確実に返済出来るだけの信用力がある人にお金を貸したいと考えていますので、申込みをする時には継続的に収入を得ている事が大切になってきます。

途上与信に要注意!キャッシング利用でクレジットカードの利用停止や減額も!

キャッシングは利用限度枠内であれば、自由に現金を引き出せるというメリットがある反面、さまざまな金融商材の契約において影響を受けることがあります。少額の利用限度枠と一時的な利用かつ返済の方が多ければ問題となることがありません。

しかく、高額な融資を受け、少額かつ長期的な返済では途上与信の悪化と見做されることがあります。特にクレジットカードについては、会社ごとに途上与信の確認頻度はバラバラであり、厳しいところでは他社キャッシングを利用した結果、途上与信の悪化と見做し、利用停止もしくは利用限度枠の減額に至る可能性があります。

キャッシングについては、現金の不足と考えることができ、結果として返済能力が低下していると判断に至ることがあります。

そのため、過度のキャッシング利用については注意が必要であり、最悪の場合、クレジットカードでの支払に影響するだけでなく、携帯料金をクレジットカードで支払っている場合、返済遅延に至り、キャッシングに影響するといった悪循環に至る可能性には注意しましょう。

審査は信販会社が行っています。

キャッシングの審査は多くの場合、信販会社が委託を受けています。他のキャッシング事業者から委託を受けている場合もあるので、他の事業者での借り入れ状況やこれまでの履歴などの確認が行え、迅速な審査が行えるなどのノウハウが蓄積されています。さらにキャッシングを利用する側にもメリットがあり、事業者の作業効率化が図られることによって手続きや審査も早く、すぐに融資を受けることが可能となっています。

そして、審査に関する情報も得やすくなっています。事業者のホームページには簡易的な借り入れ診断や返済シミュレーション機能が備わっています。このため、申し込みを行う前に活用することによって実際に融資が受けられるか参考にすることができます。

アイフルのデンタルローンを解説

アイフルでは借りたお金の使いみちが限られているものの、カードローンよりもお得に借入ができる可能性が高い目的ローンを多数取り扱っています。同社の目的ローンの中でも歯科治療費用をお得に借入できるデンタルローンについて詳しく解説していきます。

デンタルローンの貸付条件は融資限度額が50万円まで実質年率が13.0%から17.0%(2018年7月11日時点)となっています。借りたお金の使いみちは契約者本人またはその家族の高額歯科治療費用に充てることができ、お金の使いみちを証明できる書類として診断書や請求書などの書類を提出する必要があります。

なおデンタルローンは無担保ローンなので連帯保証人や担保などは不要で契約できます。

アルバイトのような非正規雇用でもキャッシングサービス

アルバイトはどうしてもそんなに安定している給料ではない、ということになります。しかし、そうした人でもキャッシングサービスを利用する事は可能です。そもそも正規雇用でなくてはならない、という法律はないわけですし、まして業者としてもそうした人の資金需要のほうが旺盛である、ということをよく理解しています。

ですから、そこまで心配することはないのですが、基本的には借りる事は可能になります。但し、借り易い人であるのか、といえば微妙ではあります。信用情報に関する部分において、やはり収入の多寡、雇用形態は見られることになりますし、アルバイトは最高評価というわけではないからです。しかし、不可能ではないのですから申込みをしてみましょう。

プロミスが注目される理由

プロミスは、キャッシングの比較サイトなどで、おススメの消費者金融のトップに挙げられることが多く、実際に申込者も多いようです。

プロミスの人気の理由は、審査がスピーディで即日融資にも対応している、WEBで全ての手続きを完了できる、30日間の無利息期間がある、金利が17.8%で他の消費者金融よりも少しだけ低い、レディースローンがあり、女性専用ダイヤルがある、自動契約機の設置数が多い、三井住友銀行のATMが手数料無料で使える等、様々な点で利便性が高くなっています。

そんなプロミスの新しいサービスとして注目されているのが「アプリローン」です。プロミスの公式アプリです。申込みから借り入れまで、スマホ1台で完結させることができ、さらにセブン銀行のATMを利用することで、借り入れ・返済もスマホ1台でできるので、カードレスでキャッシングができます。アプリローンで借り入れ状況を確認したり、返済日のお知らせメール設定なども可能です。ますます便利になるプロミスの次の動きが気になります。

スケジュールの調整が難しいときにはインターネットからのキャッシングの申し込みが便利

仕事などの都合で日中は外出するのが困難だという方は大勢いらっしゃるでしょうが、そのような方が消費者金融のキャッシングの申し込みをしたい場合、店舗に足を運ぶスケジュールを調整するのはとても難しいのではないでしょうか。キャッシングの申し込みの手続き自体もそうですが借入審査の結果を待つ時間が必要だからです。

ただし、消費者金融のキャッシングの場合には店舗での申し込みだけではなく、インターネットなどからの申し込みにも対応しているので、どうしてもスケジュールの調整が難しいというときにはスマートフォンなどからキャッシングに申し込むようにしましょう。インターネットからのキャッシングの申し込みならば申し込みの手続きをネット上で完結することができ、店舗に足を運ばずに済ませることができるからです。

キャッシング利息について確認

キャッシングしてお金を借りようと思ったら気になるのは利息ですよね。

借りたお金にプラスして支払わなくてはならないのですから、少ない方が良いに決まってます。

だからとりあえず利息の低い所で借りようとしか考えない人が多いのです。

でも一度キャッシングする前に利息を計算してみることをお勧めします。

すると、借りようとしている金額だと1ヶ月にいくら利息を支払っていく事になるか分かります。

それを知ると利息が意外と高いと分かって借りるのをやめるかもしれませんし、早く返さないといけないという自覚が生まれるかもしれません。

また利息は多くが18%が上限金利としていますが、年利20%を超えるのは悪徳業者ですので借りてしまわないように気をつけましょう。

繰り返し融資を受けられる消費者金融のキャッシング

消費者金融のキャッシングの大きなメリットは、あらかじめ設定されていう限度額の範囲内であれば繰り返して何度も融資を受けられる点にあります。仮に最初の時点で限度額いっぱいまでお金を借りたとしてもこまめに返済をしていけば再び減額額が復活して必要に応じていつでも融資を受けられるようになるのです。

それに対して銀行の取り扱っている一般的なローンでは融資を受けたいというときにその申し込みの手続きを繰り返さなくてはならないのでとても面倒な思いをすることになります。限度額の範囲内であれば何度でも繰り返して融資を受けられる消費者金融のキャッシングは頻繁に手持ちの現金が足りなくなったり、何かと出費の多い方にとっては実に心強い存在となってくれることでしょう。