銀行のおまとめローン、所要日数に注意

通常、キャッシングやローンを組む場合は、総量規制というものによって、

「借りられる額は年収の1/3まで」

と決められています。これは、借りすぎなどによる多重債務を防ぐための措置です。

しかし、どうしてもお金が必要になることもありますよね。

そんなときは「おまとめローン」などを利用した借り換えが便利です。

ただし、現在、銀行では、即日融資を行っていません。

そのため銀行ローンを利用した借り換えをする場合は、日数に余裕を持つ必要性があります。

「借り換えをする必要がある」と感じたら、あらかじめ、銀行に、所要日数を確認してみるのも良いでしょう。

安心して手続きが行えるように、借り換えの際は、日数に余裕を持って申し込みをすることをおすすめします。

節約の為には毎日通帳を見て貯蓄意識を高める

貯蓄や節約がなかなかできなかった私はどうすれば貯蓄できるか考えた結果毎日通帳を見て貯蓄意識を高めることをしています。まずは目標金額を決めます。現在は給料日、副業の給料が主な収入源の中で給料日にまずは少し頑張れば届くぐらいの、金額設定をします。

給料日の一部を貯蓄に回してあとはその目標金額に近づくように副業をします。このサイクルを繰り返している内にあることに気づきました。日々の生活の中での手持ちのお金をできるだけた使わなくなったのです。

この方法をとる前は給料日に使える額だけ財布に入れて1カ月を過ごしていましたが毎日通帳を見ることで少し頑張れば届くくらいの金額設定をしている為か毎日、後いくらあれば達成することができるか計算するようになったからです。その結果月の手持ちのお金を残すことに成功して余ったお金を月末通帳に記帳しにいく流れが構築できました。

副業の方でも100円から口座に入れることができるポイントサイトなどを利用して毎日口座に入れ通帳の残高を確認することで嬉しさやがんばろといった気持ちになります。

結論は決まった収入の中で貯蓄、節約することが大事ですが気持ちを作ることで少しでも予備費が増やせるという結論に至り現在も頑張っています。

無理はしない、無駄遣いを許す節約スタイル

子育てのために長期的にお金が必要となる見通しがあり、節約を考え、実践しています。

私の節約スタイルはズバリ、「無理しない」です。

ストレスになること、面倒な節約はしません。

水の節約はしません。エアコンも遠慮なく使います。朝のシャワーも欠かしません。

切り詰めるのは、「定期的に固定額がかかる支出」「ずっと続けられる節約」です。

例えば家賃は地域最低額まで切り詰めています。豪華な家に住んでも収入が増えるわけでも

極端に住環境が良くなるわけでもなく、そのために年間で数十万円の支出差があるからです。

また、職場での食事は冷凍ご飯とフリーズドライの味噌汁等で済ませています。

以前はスーパーの総菜弁当で3食食べていましたが、それだと小腹が空いてしまい、ついつい

毎日お菓子を買ったり、帰りに外食したりしてしまい、毎日2000円以上の食費がかかっていました。

今はご飯に押し麦と雑穀を混ぜて炊き、小分けで冷凍して会社に持参しています。

おかずは味噌汁です。体調管理のため、なるべく具沢山のものを選んでいます。いずれも

ご飯と味噌汁にしては多少高くつきますが、それでも3食500円以内には収まっています。

1日2000円の時に比べたら1日1500円、20日出勤として毎月3万円、年間ですと30万円以上の節約になる計算です。

今はフリーズドライのスープ類にも多くの種類があり、多種類買って毎日毎食違うものを食べれば飽きずに続けられます。

また、雑穀は腹持ちが良く、間食もしなくなりました。以前は現金を月に2回、3万円ずつ口座からおろしていましたが

今では月に1度だけで済んでいます。

他にも、ストレスなく続けられる部分や同じサービスでも単純に少しでも安くなる部分は徹底して調べ、

少しでも安くなるよう工夫しています。ご参考になれば幸いです。

低収入DINKSの貯蓄術

DINKSって夫と妻、それぞれに収入があって余裕ある生活を送っているんでしょ、、このご時世そんなDINKSばかりではない!

低収入DINKSのうちの1人でもある、私が実践している貯蓄術教えます。

まずは貯蓄の基本、先取り貯金!

夫の給与で生活→引き出すお金、妻の給与は貯蓄→引き出さないお金と言うように、生活用口座と貯蓄用口座の使い分けをしています。お金を動かす手間が省け、明細がスッキリする所がポイント。

お小遣いは全て新札&千円札で支給

これはスピリチュアルな要素が強いのですが、「お金を使うこと」を意識する事を目的としています。

お財布に折り目のない美しい新札が入っていたら気分が良いですよね。また購入の際、お札を出した時に、この美しいお金と引き換えに購入した事はとても意味があると意識付けをします。そうする事で衝動買いを無くし、購入後は物を大切に扱うようになりました。

貼るだけ家計簿をつける

生活費やお小遣い等、何にどのくらい出費したか振り返るために家計簿をつけています。ただし書く作業は人によっては苦痛で続かないので、ノートに1ヶ月分のレシートを貼っていくだけの家計簿がオススメです。

1ヶ月ごとに見直して、支出の笑管理しましょう。

いかがでしたか?

低収入DINKSの貯蓄術、是非一度お試しあれ

増額申込みをして限度額を増やす

キャッシングには限度額が設定されていますので、この限度額内で融資を受ける必要があります。消費者金融会社は貸金業法の下で運営されていますので、総量規制が義務付けられており、この影響で利用者は複数の消費者金融会社から融資を受けている場合、限度額の総額が年収の3分の1までに制限されてしまいます。つまり、利用者にとってはもっとお金を借りたい時にお金を借りる事が出来ないという事です。

限度額を増やす方法としては増額があります。増額申込みを受け付けている消費者金融会社は、大手消費者金融会社に多く、ある程度の利用実績があれば、利用者は消費者金融会社に増額申込みをする事が出来ます。増額は増額申込みをした後、審査が行われ、消費者金融会社の基準をクリアしていれば、限度額が増えるようになっています。

冬の電気代節約術

真冬の夜はとても寒く、エアコンやストーブなどの電気機器につい頼ってしまいがちですね。我が家は1Kの20㎡のひとり暮らし住まいなんですが、部屋を温めようと仕事から帰ったら即エアコンを付け、ぬくぬくと過ごしています。

すると電気代が、5000円突破しちゃいました。3年以上ひとり暮らしをしてから最高記録です(笑)

そこで、このままじゃいかんとエアコンの使い方を考え、いくつかの気遣いをするだけで月々の電気代を大幅に下がることに成功したのでご紹介したいと思います。

1.タイマーは1回につき寝つく時間以内に

私の場合、大体4、5時間辺りを目安にタイマーをかけています。活動している間のみ部屋を暖かくして、寝る時はふかふかの布団にくるまって暖をとります。

寝る前に生姜湯や、パジャマの上にカーディガンやパーカーを着るだけでも随分身体が温まりますよ。特に女性だと、もこもこの靴下は冷え症対策にオススメします。

2.こまめにエアコンを付け直さない。

ちょっと出かけるからとエアコンの電源を切って節電しようと心がけていたのですが、実はその後付け直すとそれが電気代を加算させてしまう原因らしいです。エアコンがもっとも電気を使う瞬間が、この起動している間だそうですよ。

なので、あえてつけっぱなしにする方が、電気代を抑えられるのです。

3.省エネ温度は20℃に

暖房の場合、省エネ温度は20℃です。

これを守るだけでもだいぶ違うなぁと思いました。

また、少し風向を下に向けるだけでも暖かさがだいぶ変わりますよ。それでも寒いと感じるなら、1℃位上げる、もしくは着込んだり、なるべく温かいものを飲んだり食べたり、少し筋トレしたりなど、エアコン以外にも身体を温めるように心がけています。

実証した結果、そんな生活を1ヶ月続けてるうちに、先月の電気代は3000円を切ることができました。

他にも、あらゆる電化製品の使い方を見直せばもっと節約術がひらめくかもしれないので、これからも無理なく2、3個の心がけで賢く電気代を抑えるように色々と模索してみます。

暖房費の節約術の活用方法をご紹介

寒い冬の季節には、欠かすことのできない暖房機器。

電化製品の中でも熱を発する家電が最も電力を消費する事実をご存知でしょうか。冬は夏と比べ、熱伝導の機器を多く使用することから電気代が家計を圧伏します。そこで今回は、暖房費の節約術をご紹介します。

基本的に暖房費を節約するには、暖房効率を上げることです。そのためには、いろんな暖房器具を上手に組み合わせて使用すると良いでしょう。例えば部屋全体を暖めたいときには、エアコンとサーキュレーターの併用がお勧めです。暖められた空気は部屋の上部に溜まることから、サーキュレーターを天井に向けて回すと空気が対流するので、部屋全体を暖めることができます。

また部屋全体を暖めるのは少しもったいないと思うときには、自分自身が暖かい格好をすることも大切です。例えば、家事などで家の中を動き回るときには、保温性のあるアンダーウェアを身に着けたり、ダウンベストを着るのをお勧めします。ブランケットや毛布などを活用することで心地よく暖まることができます。

冷房器具と暖房器具を使用する期間を比較すると、圧倒的に冬の暖房器具を使う期間が長いのです。暖房器具を上手に効率よく使うことによって節約できます。

冬を暖かく過ごすためにも暖房器具は欠かせませんが、上手く使うことで懐も温めたいものですね。

ある程度の年齢に達している方も利用できるカードローン

全部のカードローンに当てはまる訳ではないのですが一部のカードローンでは、ある程度の年齢に達している方に対しても融資を受けられる場合があります。一定以上の年齢に達してしまうと退職してしまったり、収入が減ってしまってお金に困ってしまう時があります。

そこで一定以上の年齢に達している方でも利用できるカードローンを選択すれば、お金に困った状況が発生した時に融資を受けることができ、お金の問題を解決することができます。すでにこのような対応をしているカードローンがいくつも存在しており、ある程度の年齢に達した方が融資を受けています。

ただし融資を受けるには、安定した収入やその他条件をクリアしないといけないので、申込を終了させるのが前提です。

すぐにお金を借りたいと言う方必見!

キャッシングを行うにあたり、「どうしてもすぐにお金が必要である」と言う方はいらっしゃらないでしょうか?またキャッシングを行うのにどれぐらいの時間がかかるのか、と言うことを疑問に思っていると言う方もいらっしゃると思います。

消費者金融や銀行などにもよりますが、基本的には即日融資を行ってくれることが可能です。インターネットの広告やCMでも即日融資を謳っているところは多いですから、魅力的なポイントの1つと言えるでしょう。しかしながらキャッシングを行うためには審査が必要ですし、提出した書類に記載されている職場への在籍確認と言う確認があります。

この確認を終え、店頭や無人ATMで手続きを行うことがその日のうちにできれば即日キャッシングを行うことが可能であると言えます。すぐにお金を借りたいと言う方はこのような点をクリアできることを念頭に置き、お金を借りると良いでしょう。

家電の買い替えは効率的な節約につながる

家電の買い替えで、現在使っている家電が古いものであればそれだけ電気料金を食っているケースも少なくありせん。特にエアコンなど10年以上前の型を活用してれば、現在の技術の進化によりエコなものを買い替えるとそれだけでも数千円毎月浮く計算になります。

そうなれば一年間で2万円など5年も活用すればその分新しい家電が来てしまう計算になります。家電も現状で使われる技術のものがやはり省エネタイプのものが主流となっていて、技術の部分で競争が激しく行われています。そうなればそれだけ昔の技術などと比べ物にならない状況で電気代の節約が行える公算となります。

家電のデザインなどでも特に、シンプルなもので場所を取らないものが増えているのも現状で昔の形状のエアコンなどは大きさがかなり大きかったり、エアコンだけでもかなり存在感が大きい状況となります。

特化した家電の話がエアコンばかりではなく、テレビも薄型になったり冷蔵庫などもシンプルな薄型のものが増えているのも現状であり、電気代だけでなくデザイン性も加味されてそれぞれ買い替えのメリットが増えている現状です。効率的な家電はその他も沢山あり、電気代節約には一役買いそうな条件です。