キャッシングの返済方法を詳しく知れば利息を節約出来ます

消費者金融や銀行カードローンなど、キャッシングを提供している貸金業者は多くあります。金利が同じであっても、返済日や返済方法は各社共通とは限らないことに気が付かない人が少なくありません。残高スライド元利定額リボルビング方式を採用している貸金業者が多いですが、中には元金均等返済に対応しているキャッシングもあります。

キャッシングを行なう際には、返済方法を知らないと同じ金額を借りても、利息を多く支払う事態に陥ることが珍しくないわけです。毎月一定の日に支払う約定返済についても、ATM経由で増額依頼をかけるタイプから、事前に会員サイト経由で申請を出して増額引き落としをかける方法など様々です。約定返済は、最小返済額が初期状態では設定されているので、増額返済した分はそのまま元金返済に充当されて実質的な繰り上げ返済となります。

貸金業者が行っているカードローンでは、繰り返し利用限度額内で借入と返済が可能です。ATM経由で常に随時返済を行えるキャッシングを利用すれば、元金を早く減らすことも出来るでしょう。約定返済日に支払う最小返済額を必ず返済しなければ、滞納扱いとなってしまう点に注意しつつ、元金をいかにして早く減らすことが出来るかがキャッシングを賢く利用するポイントとなります。

アコムを利用する時に限度額が10万円以下になってしまう人は?

アコムは限度額は最大800万円に設定されているので多額の借り入れにも対応してくれる消費者金融です。しかしアコムは総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。それにより年収によって限度額が制限されてしまいますが、場合によっては限度額が10万円以下になってしまう事もあります。そこでアコムを利用する時に限度額が10万円以下になってしまう人を見ていく事にしましょう。

・総量規制に接触する人

年収300万円の人がアコムを利用する時は年収の3分の1以下である100万円が限度額になりますが、他社からの借入金額が90万円になっていると10万円以上借りてしまうと総量規制に接触してしまいます。それにより総量規制に接触しないように限度額が10万円以下になってしまいます。

・高齢者

高齢者になると収入が少なくなるので返済能力を考慮して限度額が10万円以下になる事が多いです。しかし仕事をしている時の年収を維持していれば限度額も多くなります。

・勤続年数が1ヶ月未満

アコムの審査では勤続年数を重視する傾向があって長い方が今後も収入も安定すると判断されて限度額も多くなります。しかし勤続年数が1ヶ月未満だと今後も仕事を続けるか不透明な部分があるので信用されにくく限度額も10万円以下になってしまう事が多いです。限度額を多くしたい場合は勤続年数が3ヶ月を経過してから申し込みをしてみるといいでしょう。

クレジットカードのリボ払いより、銀行系カードローンで商品を購入する方がお得?

銀行系カードローンといっても、クレジットカードより金利が高いといったイメージを持つ人が多いと考えます。確かにクレジットカードは、一括払いや一定回数までの分割払いであれば、クレジットカードの方がお得です。しかし、分割12回以上の場合やリボ払いと比較すると、銀行系カードローンの方が金利が安くなります。有名なクレジットカードの場合、12回を超える分割払いになると実質年利は14.75%になり、リボ払いとなると実質年利は15%が一般的です。一方、銀行系カードローンの場合、最高金利が14.6%となり、明らかに分割払いやリボ払いより利息を抑える効果があります。

そして、毎月の返済額が10万円毎に2000円または3000円アップするリボ払いよりも、5千円や1万円を定額返済するカードローンの方が将来的に発生する利息を大きくカット出来てしまいます。リボ払いのデメリットは、毎月の利用残高に応じて利息が計算されるため、利息に利息が上乗せされるリスクがあります。これらの問題を回避するのであれば、銀行系カードローンで高額商品を購入し、毎月一定額を返済し、ボーナス月にまとめて返済するという方法がお得になってしまいます。カードローンは、キャッシングのメリットだけが注目されますが、クレジットカードのリボ払いよりもお得に利用出来ると認識するのが重要です。

キャッシングの返済方法は一律ではない

クレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りると、翌月一括返済となるので金利負担は日割り計算されて少なく済みます。消費者金融からのキャッシングで採用されている返済方法には、リボルビング払い方式を採用している所が多いので、返済計画をしっかり立てないと利息分の支払額が大きくなりがちです。

残高スライドリボルビング方式では、毎月の借入残高に応じた最小限の支払いで済む代わりに、返済額のうち元金に占める割合が少ないので、いつまでも返済が追わない状況が続きやすい問題があります。元金均等払いであれば、借入残高を均等に支払って行けるので、最初のうちは利息分が多くなるので支払いが大変ですが、新たな借入を行わない限り元金が確実に減って行くので支払い回数が伸びることが無く、最短で返済が終わります。

元利均等返済を行なうキャッシングも一部ではありますが、一般的なショッピングの分割払いと同様に毎月の支払いは一定となる代わりに利息分が元金均等返済よりも増えてしまうので、支払い回数よりも支払額を一定額としたい場合に限られます。キャッシングを行なう際に、リボルビング払いしか選べない場合には、毎月一定額の元金を確実に返済出来るように最小支払額よりも一定額多く返済を続けることが望ましいです。

キャッシングの無利息期間は賢く活用すると非常に便利!

今の御時世、何かと現金が必要になることがあります。その際に役立つのが、消費者金融系のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠です。

消費者金融と聞くと過去のイメージが未だに強く、利用を避けたいと考えがちです。しかし、賢い利用により無駄な返済を減らすことが出来ます。

現金が必要になる場合、冠婚葬祭が多く挙げられますが非常に高額な借り入れをする必要がありません。そして、現在では無利息期間が存在し、1ヶ月の借り入れであれば利息0円で済みます。例えば、5万円の借り入れであれば、年利18%だったとした場合、50,000円×18%=9,000円となります。これを30日に換算した場合、約740円の利息になってしまいます。しかし、翌月に一括返済を行い、消費者金融のカードローンを解約してしまいます。

そして、また現金が必要になった際、別の消費者金融のカードローンを契約し、無利息期間内に返済を繰り返すことで利息の減額に繋がります。消費者金融のカードローンについては、利用方法によっては節約することも可能な点がありますので、一度検討されては如何でしょうか?

クレカのキャッシング枠が便利な件について

クレジットカードキャッシングはカード申込みのときキャッシング枠の付与を希望し申込みしないと利用できず、誰でも無条件に使えるわけではないです。

そしてクレジットカードキャッシングの最大のメリットは、入会時キャッシング枠を付与しているとお金がなく困った時、カードローン申し込みを経ることなく、近くのコンビニATMですぐお金を借りれること。カードのキャッシング審査がカードローンより甘いということではなく、カード入会時に同時に申し込んだら、お金に困ったうえでの押し込みではなく、状況的に審査が通りやすくなってる側面があります。

また、海外だと、日本円ではなく現地通貨でお金が必要になったりします。カード会社によってクレジットカードキャッシングは、現地ATMから現地通貨で借りられます。また海外クレジットカードキャッシングは、現地ATMから現地通貨でお金を借りられます。そして、外貨両替は、通常レートより有利なことが多く、キャッシング金利の支払いを銀行の両替商での両替より得できたりします。

また、旅慣れた方の中には、お得に両替するため海外でキャッシングする方も多いです。カードのキャッシングはこうした隠れたメリットがあります。

消費者金融 審査が甘いというのはどういう意味か

キャッシングをしている人には気になる話題、何処何処の消費者金融は審査が甘いといった類の噂です。この噂を言葉通りに解釈してしまうと、何処何処の消費者金融は審査が甘く、いくらでもお金を貸してくれるといった印象になりますが、実はそうではありません。

正規の消費者金融は貸金業法の総量規制に縛られていますので、年収の3分の1を超える貸し付けは行うことはできません。もっとも、闇金という裏金融でしたらその範囲を超えた貸し付けを行う事はしますが、そもそも裏金融には審査そのものがありません。にも拘わらず、何故総量規制が導入された今、審査が甘いなどの噂が立つのか、理由を解説いたします。

審査が甘いという噂は、単純に年収の3分の1以上を貸してくれるわけではなく、信用情報機関の事故情報に目をつぶってくれるか否かです。事故情報とは、CIC等の機関に「A」などの形で毎月記録されていきますが、この事故となる「A」の個数が1個なら目をつぶる金融機関は多いですが、2個、3個は問答無用で審査落ちにされるのが普通です。こういった、事故情報が沢山ついている方にも貸してしまうのが「審査の甘い業者」と呼ばれているだけです。

いかに審査が甘い業者でも総量規制以上には借りることはできませんので、借りれない時は潔くあきらめましょう。

キャッシング、有利な契約で借り換えれるタイミングは

キャッシングをしていると、毎月の金利が気になってくるもの。今の返済額が払えないわけでは無いけど、少しでも安い金利で借りればお得だし楽になるのに。いっそおまとめローンみたいなもので一社にまとめたい。そういった時に借り換えが出来るタイミングをお教えします。

・毎月滞納なしで返済して、一定の期間がたった。

ここでいう滞納というのは、複数社借りてる内、一社も滞納していないことが前提となります。滞納なしで1年以上キチンと返済を続けていたら貴方の信用力が知らず知らずの内に上がっていて有利な条件で借り換えが出来ます。

・徐々に返している内に借り入れ件数が減らせた

例えば、三社から借りている内に最初に借りた一社の残金が8万円とかになったとしましょう。そこで月々の食費や遊興費を切り詰めて一社8万円の返済を終わらせます。

すると残りは二社になりますから、キチンと返す人だなと借り換え先の担当者としては非常に高評価になります。

・勤務先で昇格や上昇の転職をした。

例えば仕事で昇格をし毎月の給与水準が上がるので、債務をまとめて期間を短くして返済していくなど論理的な目的がある場合は借り換えの最高のタイミングです。同じ様に非正規から正社員になった等も信用力が上がり、借り換えはしやすくなります。

いかがでしたか。借り換えのタイミングは返済が厳しくなった時ではなく、返済に道筋がついた時こそ最高のタイミングなのです。適切なキャッシングを行ってくださいね。

金利と無利息期間サービスは重要

生活費が不足したりしてどうしてもお金を借りたいという状態になってしまったらキャッシングを利用してお金を借りる方法があります。その時のキャッシング業者選びなのですがすぐお金を借りたいため即日融資可能だけで判断してしまうと返済で苦労してしまう事があります。いくら急いでいるとはいえ業者の事はある程度調べておく必要があります。

キャッシング業者を選ぶ時に何を基準にして選べがいいのかというと金利と無利息期間のサービスあるかという点は急いでいても確認してもらいたい点です。キャッシング業者は基本的に金利が高く設定されています。その中でも即日融資が可能な消費者金融の金利がより高く設定されているので、即日融資可能だからといってむやみにお金を借りてしまうと返済の時に利息が多く付いてしまうので大変になってしまいます。しっかり金利がどれくらいに設定されているかは確認しておかないと後々困ってしまいます。また消費者金融の中で無利息期間のサービスを提供している業者があります。

金利が高く設定されているのでこのサービスがあれば返済額がその分少なくなるので断然お得です。消費者金融を選ぶ場合は出来るだけ無利息期間サービスが提供されている業者を選ぶ事をおすすめします。もし無利息期間サービスが提供されていない場合は消費者金融より金利の設定が低い銀行カードローンを検討してその中で早めにお金を借りられる業者を選ぶと良いでしょう。

キャッシングを利用する場合は一歩間違えると大変な事になる可能性もあるので業者選びもいろいろ比較しながら選びましょう。

選択肢のひとつとして

借金、消費者金融というと正直、あまり良い印象はありません。

しかし、消費者金融に限ってはそれは過去のものの様に感じます。滞納して放置してしまうような犯罪まがいの事態に陥るようなことがあれば分かりませんが、契約に則って利用してさえいれば怖い思いをすることはありません。

申し込み時の電話対応のみならず、返済期日前にはメールで返済を促してくれる、困ったとき、心配なときはフリーダイヤルで即時対応ととても親切できめ細やかです。

以前、私が海外に数か月出張することがあり、毎月の返済をどのようにしたらいいか電話相談した際、対応方法を親切に教えて頂いた後で「お仕事、頑張って下さい」と言われたのをとても印象深く記憶しています。

贅沢をするために借金をする必要はないでしょう。返済出来るあてもないのに借金をしてもいけません。これは当たり前のことではありますが、同時に、手元にお金がないだけでチャンスを逃してしまう状況は人生で何度か巡ってきます。そんな時に消費者金融を利用するというのは、ひとつの選択肢だと思います。