月別アーカイブ: 2017年10月

カードローンは金利が低くても利息がかさみ易い?

銀行や消費者金融のカードローン、クレジットカード会社のキャシングは利用限度枠内であればいつでも借り入れが可能です。そのため、冠婚葬祭や急な出費でも現金を調達することができるため、便利です。
ですが、如何に金利の低いカードローンでも返済方法により、発生する利息がかさみ易いといったデメリットや完済前に追加借り入れをしてしまうなど、返済負担が増加するケースもあり、自己破産者の増加要因ともなっています。

そもそも、カードローンの特徴は利息が日割り計算されることであり、短期間の借り入れであれば、少ない利息で借り入れが可能です。しかし、目的ローンとは異なり、契約時に返済期間が確定しない、また利息も確定しないといった特徴もあります。
その結果、目的ローンに比べて高い利息を返済することになり、中長期的な借り入れでは低金利であるメリットは少なくなってしまいます。そのため、現金を借り入れする際は、利用目的に合ったローンを契約することが重要です。

また、返済管理をしっかりとするためには高額な借り入れほど、追加借り入れの出来ないものを選ぶのが得策となります。
追加借り入れが出来るほど、キャシングに頼ってしまうリスクがあるため、常に利用出来る状態にしたい方は1年間で完済出来る分の利用限度枠に設定するのがおすすめであり、総返済額の増加抑制に効果があります。

銀行カードローンのメリットについて

銀行カードローンのメリットは、カードローンの中では低めの金利に設定されているところです。だいたいの銀行が15%未満となっています。消費者金融では上限金利が18%と設定されているところが多いのを見るとかなり低めに設定されています。

基本的にどこのカードローンも借入額が大きくなればなるほど金利が下がる傾向にありますが、銀行ローンでは上限金利が低く設定されているため、100万円以上借りると10%を切ってしまう金利になるところが多くあります。

もうひとつ銀行カードローンのメリットは、裁量規制外であることです。日本の法律では裁量規制という賃金業法にあるのですが、申込者の年収3分の1しか借入できないということになっています。この裁量規制は、消費者金融、信販会社、クレジットカード会社などが対象になるのですが、銀行ローンは対象外になっています。

そのため銀行カードローンは利用限度額が高く、800万円から1000万円という銀行が多くあります。借入できるのかは申込者の年収や勤務会社などの個人情報、銀行との信頼関係になるので、利用限度額の最高額を借り入れできるかはわかりませんが、消費者金融や信販会社より利用限度額が高いのは銀行カードローンです。

長期間のアルバイトでなくてもキャッシングは可能

消費者金融でのキャッシングは基本的には、職業と収入とが安定していれば利用できます。したがって正社員ではなくアルバイトをしている人でも、ひとつの職場で長く働いていて、毎月の収入に極端なばらつきがなければ、キャッシングの審査に通過できると言えます。逆に言えば、頻繁に職場を替えている人や、収入があったりなかったりする人では、キャッシングの審査通過は難しいということです。

しかし消費者金融によっては、それほど長期間のアルバイトでなくても、審査に通ることがあります。たとえばアルバイトを始めてからまだ2ヶ月という場合でも、約60日は辞めずに続けていたわけですから、ある程度は職業が安定しているとみなされるのです。
またキャッシングの申し込みの際には、年収を伝える必要がありますが、この年収は月収の12倍の数字にすることができます。たとえまだ2ヶ月しか働いていなくても、12ヶ月分働くことを想定して、伝えることができるのです。

そして消費者金融では、想定年収の約3分の1までのお金をキャッシングできます。2ヶ月しか働いていなくても、その給料を上回る額のお金を貸してもらえる可能性があるわけです。
そのため、まだ長期間働いていないという人でも、お金に困っている場合はキャッシングの申し込みをしてみる価値があると言えます。

どこの銀行のカードローンが良いのか?銀行のカードローンの選び方のポイント

銀行のカードローンは総量規制対象外ということもあって、多くの人に利用されていますが、同じ銀行のカードローンにも大手銀行や地方銀行をはじめ、信用組合や信用金庫なども独自のカードローンを商品として扱っています。実際にカードローンをつくるのであれば、急な出費にあわせて慌てて契約をするよりも、事前に備えておくという意味でもきちんと各カードローンの特徴を知っておく必要があります。
基本的に銀行や信用金庫などのカードローンに個々の特徴はありますが、金利や申し込める資格などに多少の違いはありますが、大きく違いがあるわけではありませんので、理想を言えば、自分の利用している銀行のカードローンを利用するのが最も自然なスタイルだといえます。

銀行のカードローンの審査の時には当然銀行との取引き状況なども加味される事が考えられますので、より多くの取引を行っている銀行を利用する事が理想だといえます。
しかしながら、使い勝手という事を考えると必ずしも答えはひとつに決められるものでもありません。近年のカードローンの多くはコンビニにあるATMで借入れや返済を行うことができるようになっていますが、この時に手数料がかかったり、利用時間に制限があるという場合は、他の銀行のカードローンなどを検討する事も視野に入れても良いのかもしれません。

めったに使う事がなく、ゆとりを持って平日に自分の利用している銀行のATMで借入れをするという人であれば、自分の利用している金融機関のカードローンを第1希望にすると良いと思いますし、緊急でお金が必要になりやすい人や、借入と返済を頻繁に行うという人であれば、コンビニのATMが利用できて、手数料も無料の銀行カードローンに申し込むと使い勝手の良いカードを所有する事ができます。