月別アーカイブ: 2018年1月

キャッシングの限度額には目安がある!

貸金業者からお金を借りる際“融資希望額”を申込書に記入しますが、誰でも無限に貸してもらえるわけではありません。融資限度額の目安は“年収の1/3”程度、この程度なら毎月安定した収入がある人なら返済できるという目安です。例えば学生や専業主婦など収入がない人は限度額が10万円程度に設定されます。

また他の貸金業者から既に融資を受けている人は希望通りの金額を融資してもらえない可能性が高いです。中には「できるだけ多く借りたいから」と申込時にウソの借入件数を書く人もいます。しかしキャッシングの履歴は“信用情報機関”という所で一括管理されていてどの貸金業者もその情報が閲覧できるためウソはすぐにバレてしまい、審査に通過することはまず不可能です。

お金を借りるのは信用が第一、必ず本当のことを書きましょう。

ネットによりキャッシングの申し込みも楽になりました

キャッシングやカードローンに申し込みをすると融資が可能かどうかを確かめられる審査が行われることになります。無審査で融資をするという消費者金融はあり得ません。もしそのような消費者金融があったとしたら、そのような消費者金融は違法な金利で融資を行っている場合がほとんどなので近寄らないようにしましょう。キャッシングやカードローンに適用される金利は法律により制限されているので、申し込み先に選んだ消費者金融の金利がどれほどになっているのか確認するようにしましょう。金利は各消費者金融の公式ホームページで簡単に調べることができます。

法律を守った消費者金融では金利を18%ほどに設定していることが多いようです。キャッシングもカードローンも申し込みは公式ホームページで手続きできるので手間はかかりません。スマホからでも申し込みは可能です。以前は無人契約機を使って申し込みをする方が多かったのですが、最近では多くの方がスマホなどを使いネット経由で申し込みを済ませています。ネットでの申し込みは誰に見られることもなく、また時間的制約がないのが利点なようです。

消費者金融では担当者が在住している店舗でも無人店舗でも営業時間はありますが、ネットには営業時間はありません。ネットでは真夜中でも申し込みを受付けてくれます。このよう利便性の向上によりキャッシングの利用者は増加しているのです。