投稿者「sette」のアーカイブ

楽天銀行スーパーローンが大手銀行のカードローンよりオススメな理由は?

銀行カードローンを利用する時は大手銀行のカードローンを選ぶ人が多いです。三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは銀行の中に設置されているテレビ窓口で申し込みをすると即日融資を受ける事が出来ます。またみずほ銀行カードローンは上限金利が14%、限度額が最大1000万円までと条件が良くなっています。それで大手銀行のカードローンを利用した方がメリットになると感じる人もいますが、最近ではネット銀行のカードローンの楽天銀行スーパーローンを利用する人が増えてきています。そこで楽天銀行スーパーローンは大手銀行のカードローンよりどの部分がオススメなのか見ていく事にしましょう。

・来店不要でキャッシングをする事が出来る

大手銀行のカードローンでキャッシングをする時は手続きや借りいれをする時に来店する事が出てくる場合があります。それで店舗が自宅近くにないと面倒に感じてしまう事もあります。しかし楽天銀行スーパーローンはWEB完結で手続きをする形になるので来店不要でキャッシングをする事が出来ます。

・アルバイトや専業主婦への貸付を積極的に行っている

大手銀行のカードローンは審査が厳しめなのでアルバイトや専業主婦が利用するのは難しい部分があります。しかし楽天銀行スーパーローンはアルバイトや専業主婦への貸付を積極的に行っているので利用しやすいです。

不安なくキャッシングをするにはどうすればいい?

キャッシングをすると金欠の状態になっている時にしっかり対応する事が出来るのですごく便利ですが、世間的にあまりいいイメージがないので不安を感じてしまう事も多いでしょう。それでキャッシングの申し込みをする時にいろいろな不安が出てきてしまいますが、少しでも不安が解消されるためにしっかり解説していきましょう。

・少額の借り入れをして早めの返済をするのが上手な使用方法

キャッシングをすると金利が発生するので利息が加算されていきます。それで返済する時は借入総額より多くなってしまうので負担がかかるという点で不安になってしまう人が多いです。確かに多額の借り入れをして長期の返済をしてしまうと加算される利息も多くなって返済する時に負担がかかってしまいます。しかし少額の借り入れをして早めの返済をすれば利息もそれほど多く加算されないのでスムーズに返済していく事が出来ます。また初めて利用する時は無利息サービスが適用されたりするのであまり心配する必要はありません。

・返済期日までに返済する事が出来なくても冷静の対応する事が大事

キャッシングをした時は返済期日までに返済しないと滞納になってしまうので取り立てに来るというイメージがあります。それで不安になってしまう人も多いですが、携帯電話に連絡が来る形になるのであまり心配する必要はありません。連絡が来た後にすぐ返済すれば解決する事が出来ます。しかし滞納をすると業者側に印象が悪くなってしまうので返済期日までにしっかり返済する事を心掛けるようにしましょう。

働き方に左右されず申し込みが可能なキャッシング

消費者金融のキャッシングは、銀行のローン商品と比べると金利が高いというデメリットな面があります。それにもかかわらず消費者金融のキャッシングの利用者が多いのには理由があります。それは銀行から融資を受けるのと比較して消費者金融のキャッシングの方がりいう条件が厳しくはないからです。

たとえば、銀行から融資を受けたいという場合には担保や保証人が必要となってきますし、アルバイトやパートとして働いている人や個人事業主として働いている人は審査に落とされてしまう可能性がとても高いといわれています。

また、銀行から融資を受けたというときには審査に時間が掛かってしまうという点もすぐにお金を借りたい人には厄介なところです。それに対して消費者金融のキャッシングでは保証人も必要ありませんし、担保となるものも必要ありません。また、アルバイトやパート、個人事業主として働いている人でも月々の収入が安定しているという条件さえ満たしていれば申し込み条件を満たしていることになるので特に問題はありません。

アルバイトやパート、個人事業主の方でお金を借りたいという人はまず最初に消費者金融のキャッシングを申し込まれてはいかがでしょうか。

カードローンの借入方法で提携ATMを選ぶ3つのメリット

カードローンを利用してお金を借りる方法は自社ATM、提携ATM、振込キャッシングなどがありますが、提携ATMを利用する人が増えてきています。提携ATMは1回利用するごとに手数料が発生してしまうのでデメリットになると考えてしまう人もいますが、メリットになる点もあります。そこでカードローンの借入方法で提携ATMを選ぶとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・その場で現金を受け取れる

振込キャッシングを利用する時はホームページで融資の依頼をしてから口座に振り込んでもらう形になるのでその後に口座から引き下ろさなければいけません。しかし提携ATMを利用すればその場で現金を受け取る事が出来るので特に早くお金が必要な人はメリットになります。

・コンビニに行けばお金を借りる事が出来る

自社ATMを利用する時は設置場所まで行かないとお金を借りる事が出来ません。しかし提携ATMはコンビニ設置されているのでコンビニに行けばお金を借りる事が出来ます。コンビニはどこにでもあるのですごく便利です。

・簡単に操作する事が出来る

振込キャッシングを利用する時は融資の依頼をする時に戸惑ってしまう人もいます。しかし提携ATMを利用する時は画面の指示に従ってタッチパネルを操作すればいいのですごく簡単です。

キャッシングは早く返済するほど利息が少なめに

キャッシングの金利は、借り入れ金額が100万円未満なら18%が上限です。10万円を借り入れした場合は、1万8千円の利息を加算して返済しなければならないということです。

1万8千円を高いと感じる人もいますが、これは1年間借り続けた場合に発生する利息です。つまり1ヶ月で返済すれば、利息はその12分の1で済むわけです。1万8千円の12分の1は1500円ですから、負担は少なめと言えます。この負担で1ヶ月間10万円を自由に利用できるわけですから、これがキャッシングの大きな魅力と言えます。

もちろん1ヶ月よりも早く返済した場合、利息の負担はさらに少なくなります。1ヶ月の約3分の1の10日で返済した場合は、やはり利息も約3分の1の500円となるのです。

このようにキャッシングの利息は、返済が早ければ早いほど安くなります。そのため給料日の前など、返済可能となる日が近くなってから利用するという人も少なくありません。

近日中には返済できないという場合には、借り入れ前に、消費者金融の公式サイトなどにある返済シミュレーターを使うことが大事です。借り入れ希望金額および返済予定日を入力すると、利息を加えた返済額が自動計算されるのです。これを参考に、負担にならない程度の利息が発生する金額の借り入れをするわけです。

This entry was posted in 返済 by .

主流になりつつある「即日融資」

日々の生活をしていると、急にお金が必要になることはよくあることです。しかもそれはまさに「今すぐ」ほしいというケースが多々あるのです。そして、そんな時に限ってお金が手元にはありません。強い味方が「即日融資」ができるカードローンや銀行ローンになります。このローンは審査はありますが、必要な書類は「源泉徴収票」など自身の収入(所得)が証明できるものがあればよいという非常にシンプルなものがほとんどです。また、借り入れ条件によっては収入証明書が不要になる場合もありますので、確認しておく必要があります。

最も注意しなければいけないことの1つは、やはり「金利」ではないかと思います。即日融資ができるローンですから、金利は高めに設定されています。当然のことではありますが、お金がないからといってやみくもに借りるのではなく、しっかりした返済計画を自分自身の中で作っておくことは非常に重要なことです。

近年、カードローンや即日融資は多くの金融機関が商品として取り入れるようになりました。一昔前と比較すると、ブラックなイメージはなくなり手軽さが前面に出てきています。また、スマートフォンで手続きが完結できるサービスを提供する金融機関が現れるなど、便利さもとても進化しました。しかしそんな時代だからこそ、身の丈に合った利用を心掛け、できることなら利用しないで済むような生活態度を日ごろから身に着けておく必要があるのです。

消費者金融の審査に関係する不安を解消する

消費者金融の初めての利用で審査を受ける時には審査が通るのだろうかという不安を持つのではないでしょうか。フリーターで収入が安定していないし、それほど大した給料でもないとなると、業者から信頼されず審査で落とされてしまうかもと思うかもしれません。

もし少額の融資のみということであれば、大手の消費者金融が理想かもしれませんが、審査でチェックされるのは仕事のことや収入が安定しているのかというだけではなく、どこに住所があり、どのくらいそこに住んでいるのかという点を見られるかもしれません。

頻繁に引っ越しばかりをしている人や、ほとんど収入がないような人では審査で落とされてしまう可能性もないわけではありません。また個人情報を偽りなく正しく入力することも大切であり、もし間違いがあると融資を受けられなくなるかもしれません。とはいえ、毎月安定して収入があり、住んでいるのが自宅とかあるいはアパートであったとしても数年同じ住所で暮らしているのであれば、多くの場合問題なく融資を受けることができます。

もしその点で不安があるのであれば、大手の消費者金融のホームページには仮審査チェックがあり、自分が融資を受けることができるかどうかの目安を測ることができますので、申し込む前にそれで確認してみるとよいでしょう。

公式サイトで簡単に申し込み!お金を借りるならプロミス

今すぐお金が必要なのに、給料日前でお金が用意できないという人でも大丈夫です。プロミスがあれば、すぐにでも必要なお金を借りることができるからです。プロミスは消費者金融ですが、消費者金融といえば怖い人が事業を行っているという誤解が一部にあります。

そんなことは全く無く、ごく一般の企業が事業を行っており、きちんと貸金業登録を済ませている健全な会社です。それも、メガバンクの三井住友銀行との関係が深い、SMBCコンシューマーファイナンスが運営していますから、安心して契約が結べるメリットを持っています。

プロミスの魅力は、公式サイトから申し込むことができる部分です。町の小さな消費者金融とは違って、対面で申し込みからお金の受け取りをする必要がありません。指定口座に振り込んでもらう方法でも良いですし、発行されたローンカードを提携先の金融機関やコンビニのATMで使えば、誰にも知られずに簡単にお金が借りられます。

申し込みを済ませた後には審査が行われますが、最短30分という早さで知らせてくれます。即日融資に対応しており、振込キャッシングもしくは最寄りの自動契約機でカードを発行することで、ATMですぐに借りられる優れたサービスを提供中です。

キャッシングの本人確認について

これからキャッシングを利用したいと思っている人の中には本人確認をどうしたら良いか分からないという人もいるかと思います。

ですが、それは簡単で一番簡単なのは車の免許証を提示すれなそれで本人膜確認ができます。
でも、これからキャッシングを利用したいと思っている人の中には車の免許証がないという方もいるかと思います。

そういう場合は車の免許証以外の物を提示する事になります。その場合に一番簡単で確実なのは健康保険証とマイナンバーの通知書を出せば良いです。

この2枚を出せば本人確認ができます。また、これ以外ではマイナンバーカードを作っている場合はこのマイナンバーカード1枚を提示すればそれで本人確認ができるのでそれで
キャッシングを利用してお金を借りる事ができます。

なので、マイナンバー制度が始まる前は車の免許証がないと本人確認も割と面倒な事がありましたがマイナンバー制度が始まったおかげで本人確認のために提示すべき物を簡単に用意できるようになりました。

もちろん、従来から本人確認書類で提示されてきた車の免許証を持っているならそれを提示すれば簡単な話です。それがないという人はマイナンバーカードを出せば済むのでそれでキャッシングが利用できます。

キャッシングの審査にかかる最短時間に関する注意

キャッシングの会社のホームページには審査にかかる時間について言及されていることも多く、最短何分で終わるといった記述があると思います。審査にかかる時間が短いことは誰にとっても望ましいので、そういったところでお客さんを集めようとしているところも多くあります。

だからこそ、各社審査にかかる時間を少しでも短くしようと頑張っていますし、その結果最短30分とか、そういった数字が書かれているケースも多くなっているのですが、ここで注意してほしいのはその数字が全ての審査にかかる時間を表しているとは限らないことです。

審査は会社によっては2段階に分かれており、仮審査と本審査にわたる場合があります。仮審査というのは、ほとんど足きりみたいなもので、明らかにダメな人、総量規制によって貸すことができない人など、そういうケースを見ていることが多いので、これを突破するのは難しくありません。

ただ、審査にかかる時間は短いですし、この仮審査にかかる時間を最短何分とホームページなどに明記している会社も中にはあるとされているのです。だから、本審査も合わせた審査全ての時間は、もっと長いという場合も考えられるので、注意が必要になります。実際、ホームページに書かれている時間が審査全てにかかる時間だとしても、それは最短ですから、それだけの時間で全て済んでしまうケースは限りなく少ないと思った方が良いでしょう。