投稿者「sette」のアーカイブ

増額申込みをして限度額を増やす

キャッシングには限度額が設定されていますので、この限度額内で融資を受ける必要があります。消費者金融会社は貸金業法の下で運営されていますので、総量規制が義務付けられており、この影響で利用者は複数の消費者金融会社から融資を受けている場合、限度額の総額が年収の3分の1までに制限されてしまいます。つまり、利用者にとってはもっとお金を借りたい時にお金を借りる事が出来ないという事です。

限度額を増やす方法としては増額があります。増額申込みを受け付けている消費者金融会社は、大手消費者金融会社に多く、ある程度の利用実績があれば、利用者は消費者金融会社に増額申込みをする事が出来ます。増額は増額申込みをした後、審査が行われ、消費者金融会社の基準をクリアしていれば、限度額が増えるようになっています。

冬の電気代節約術

真冬の夜はとても寒く、エアコンやストーブなどの電気機器につい頼ってしまいがちですね。我が家は1Kの20㎡のひとり暮らし住まいなんですが、部屋を温めようと仕事から帰ったら即エアコンを付け、ぬくぬくと過ごしています。

すると電気代が、5000円突破しちゃいました。3年以上ひとり暮らしをしてから最高記録です(笑)

そこで、このままじゃいかんとエアコンの使い方を考え、いくつかの気遣いをするだけで月々の電気代を大幅に下がることに成功したのでご紹介したいと思います。

1.タイマーは1回につき寝つく時間以内に

私の場合、大体4、5時間辺りを目安にタイマーをかけています。活動している間のみ部屋を暖かくして、寝る時はふかふかの布団にくるまって暖をとります。

寝る前に生姜湯や、パジャマの上にカーディガンやパーカーを着るだけでも随分身体が温まりますよ。特に女性だと、もこもこの靴下は冷え症対策にオススメします。

2.こまめにエアコンを付け直さない。

ちょっと出かけるからとエアコンの電源を切って節電しようと心がけていたのですが、実はその後付け直すとそれが電気代を加算させてしまう原因らしいです。エアコンがもっとも電気を使う瞬間が、この起動している間だそうですよ。

なので、あえてつけっぱなしにする方が、電気代を抑えられるのです。

3.省エネ温度は20℃に

暖房の場合、省エネ温度は20℃です。

これを守るだけでもだいぶ違うなぁと思いました。

また、少し風向を下に向けるだけでも暖かさがだいぶ変わりますよ。それでも寒いと感じるなら、1℃位上げる、もしくは着込んだり、なるべく温かいものを飲んだり食べたり、少し筋トレしたりなど、エアコン以外にも身体を温めるように心がけています。

実証した結果、そんな生活を1ヶ月続けてるうちに、先月の電気代は3000円を切ることができました。

他にも、あらゆる電化製品の使い方を見直せばもっと節約術がひらめくかもしれないので、これからも無理なく2、3個の心がけで賢く電気代を抑えるように色々と模索してみます。

暖房費の節約術の活用方法をご紹介

寒い冬の季節には、欠かすことのできない暖房機器。

電化製品の中でも熱を発する家電が最も電力を消費する事実をご存知でしょうか。冬は夏と比べ、熱伝導の機器を多く使用することから電気代が家計を圧伏します。そこで今回は、暖房費の節約術をご紹介します。

基本的に暖房費を節約するには、暖房効率を上げることです。そのためには、いろんな暖房器具を上手に組み合わせて使用すると良いでしょう。例えば部屋全体を暖めたいときには、エアコンとサーキュレーターの併用がお勧めです。暖められた空気は部屋の上部に溜まることから、サーキュレーターを天井に向けて回すと空気が対流するので、部屋全体を暖めることができます。

また部屋全体を暖めるのは少しもったいないと思うときには、自分自身が暖かい格好をすることも大切です。例えば、家事などで家の中を動き回るときには、保温性のあるアンダーウェアを身に着けたり、ダウンベストを着るのをお勧めします。ブランケットや毛布などを活用することで心地よく暖まることができます。

冷房器具と暖房器具を使用する期間を比較すると、圧倒的に冬の暖房器具を使う期間が長いのです。暖房器具を上手に効率よく使うことによって節約できます。

冬を暖かく過ごすためにも暖房器具は欠かせませんが、上手く使うことで懐も温めたいものですね。

ある程度の年齢に達している方も利用できるカードローン

全部のカードローンに当てはまる訳ではないのですが一部のカードローンでは、ある程度の年齢に達している方に対しても融資を受けられる場合があります。一定以上の年齢に達してしまうと退職してしまったり、収入が減ってしまってお金に困ってしまう時があります。

そこで一定以上の年齢に達している方でも利用できるカードローンを選択すれば、お金に困った状況が発生した時に融資を受けることができ、お金の問題を解決することができます。すでにこのような対応をしているカードローンがいくつも存在しており、ある程度の年齢に達した方が融資を受けています。

ただし融資を受けるには、安定した収入やその他条件をクリアしないといけないので、申込を終了させるのが前提です。

すぐにお金を借りたいと言う方必見!

キャッシングを行うにあたり、「どうしてもすぐにお金が必要である」と言う方はいらっしゃらないでしょうか?またキャッシングを行うのにどれぐらいの時間がかかるのか、と言うことを疑問に思っていると言う方もいらっしゃると思います。

消費者金融や銀行などにもよりますが、基本的には即日融資を行ってくれることが可能です。インターネットの広告やCMでも即日融資を謳っているところは多いですから、魅力的なポイントの1つと言えるでしょう。しかしながらキャッシングを行うためには審査が必要ですし、提出した書類に記載されている職場への在籍確認と言う確認があります。

この確認を終え、店頭や無人ATMで手続きを行うことがその日のうちにできれば即日キャッシングを行うことが可能であると言えます。すぐにお金を借りたいと言う方はこのような点をクリアできることを念頭に置き、お金を借りると良いでしょう。

家電の買い替えは効率的な節約につながる

家電の買い替えで、現在使っている家電が古いものであればそれだけ電気料金を食っているケースも少なくありせん。特にエアコンなど10年以上前の型を活用してれば、現在の技術の進化によりエコなものを買い替えるとそれだけでも数千円毎月浮く計算になります。

そうなれば一年間で2万円など5年も活用すればその分新しい家電が来てしまう計算になります。家電も現状で使われる技術のものがやはり省エネタイプのものが主流となっていて、技術の部分で競争が激しく行われています。そうなればそれだけ昔の技術などと比べ物にならない状況で電気代の節約が行える公算となります。

家電のデザインなどでも特に、シンプルなもので場所を取らないものが増えているのも現状で昔の形状のエアコンなどは大きさがかなり大きかったり、エアコンだけでもかなり存在感が大きい状況となります。

特化した家電の話がエアコンばかりではなく、テレビも薄型になったり冷蔵庫などもシンプルな薄型のものが増えているのも現状であり、電気代だけでなくデザイン性も加味されてそれぞれ買い替えのメリットが増えている現状です。効率的な家電はその他も沢山あり、電気代節約には一役買いそうな条件です。

自動契約機に行かなくてOK!カードレスキャッシングが出来る業者は?

キャッシングカードを郵送で受け取ると家族バレが怖い。かと言って自動契約機に行ってカードを作る時間がないという方、カードレスキャッシングが可能な業者をオススメします。ズバリそのキャッシング業者は2つ。プロミスとSMBCモビットです。他の業者には無くてこれら2つの業者にあるのがWeb完結というシステム。

カードを作ることなく契約ができる他に、アプリを使っての借入や返済まで可能です。さらにどちらも即日融資が可能というのはさらに嬉しいですね。特にプロミスの場合は最短で申し込みからわずか1時間であなたの指定した口座に振込キャッシングまで出来ます。

審査スピードの速さもカードレスキャッシングのメリットなんです。もうキャッシングは自動契約機へ行く必要も無し。カードレスキャッシングをぜひお試しください。

借り換えっていつすればいい?おすすめのタイミングは

複数から借入をしていて毎月いろいろなところに支払っている場合や、高い利率で借入をしているような場合は借り換えをして、1つの金融機関から借入をした方が便利で快適に返済をしていきやすくなります。ではそんな借り換えはいつするのがいいのでしょうか。

答えとしては早ければ早いほど良いと言えます。というのも複数から借入している場合、毎月の支払いも高くなりやすいですし返済日がバラバラなので払い忘れも起こりやすいです。また利率に関しても、早ければ早いほど総額の支払額も少なくて済みます。

ただし借り換えする場合は、しっかりと借り換える先の利率や毎月の最低返済額や返済日などを確認して返済していけるものを選ぶことが大切です。

借り換えする事で生活がかなり楽になったりする場合も多いので、現状をしっかりと把握して返済しやすい場所から借りるようにしましょう。

ヤミ金融で即日融資とかってあるの?

ヤミ金融も現代のニーズにいろいろと答えるために、即日融資の対応をしてくる会社も存在します。

基本的に、非合法で規模が大きいわけではないので、それほど対応がいいわけではないようですが、14時までに審査が完了すれば即日融資に対応してくるところもあるみたいです。

銀行口座への振り込みの方式を取っているようで、通常の消費者金融と変わらない方法を取ってきます。

ヤミ金融に頼る人というのは、やはりお金がなくてすぐにでも欲しないとまずい生活が続いているのでしょう。

そういったところに何とかしてうまくつけ込むように、即日融資などといった手段を新たに取り入れているようです。

中には即日融資をうたって個人情報だけを抜く詐欺的なものもありますので、最初から利用しないようにしましょう。

ネット銀行のカードローンで人気の2社を比較

ここ数年でネット銀行のカードローンが浸透してきていますが、楽天銀行スーパーローンと住信SBIネット銀行MR.カードローンが特に人気があります。ネット銀行のカードローンを利用する時はどちらかを選ぶ人が多いですが、迷ってしまう人も多いでしょう。そこで比較してどちらを利用すればいいのか考えていきましょう。

キャッシングをする時はまず金利が気になる人が多いでしょう。最高金利を比較していると楽天銀行スーパーローンは14.5%で設定されているのに対して住信SBIネット銀行MR.カードローンは7.99%と低めに設定されています。金利を重視する時は住信SBIネット銀行MR.カードローンを選んだ方がいいですね。しかし金利が低く設定されている場合は審査が厳しくなる事が多いです。派遣社員やアルバイトがキャッシングをする時は楽天銀行スーパーローンを選んだ方がいいです。