投稿者「sette」のアーカイブ

キャッシングの返済は次の月にしましょう

キャッシングは金利が良いと言っても過言ではないのですが最大にして年利18%というのはそんなに良いのかと思うかもしれませんが、昔はもっと高かったです。そういう意味においてはかなりありがたい部分もあったりするのですがやはり返済の計画がかなりしっかりと立てなければならないといいです。

基本的にそんなに長く借りることを前提にしているタイプの金利ではありませんのでそういう意味において金利が低いということよりも利便性が高いというようなタイプのキャッシング業者の方が良かったりする方があります。そこを意識してどこから借りるのかを考えてみるとよいでしょう。返済は次の月に必ずやる、ということをやると安心できるでしょう。

学生のキャッシングなら消費者金融がベストな理由

デートや飲み会でお金が足りない!学生も今や多くの人がキャッシングを利用しています。学生専用ローン業者もありますが、最もベストな選択が消費者金融のキャッシングです。その理由の一つは親バレ等他人に知られる危険性が少ないこと。大手の消費者金融の場合、自動契約機でカード発行が可能なほかWEB完結がある業者ですとカード発行の必要なく借入可能で、ご自宅へ郵送物が届いての親バレ等心配はありません。

もう一つの理由は無利息期間があることです。キャッシングというと金利が高いというイメージで利用をためらっている方がいらっしゃると思います。しかし、大手ならば30日間無利息という初めての方向けのサービスがあるのです。さらに最低返済額も低く10万円の借入で2,000円から3,000円程度ですので生活への負担は少ないでしょう。学生のキャッシングなら消費者金融がベストです。

キャッシングは、あなたの財布を急速に充電します

ママ友のお誘いや、PTAなどの懇親会は急に決まることが多く、そんなときに限って給料日前であることが多いものです。ちょっと2、3万円ほど都合がつけばいいのですが、うまい金策を考え付きません。少額とは言え、高齢の親に泣きつくのも心配かけそうでイヤだし、かといってせっかく買ったブランドバッグをリサイクルショップなどで現金にするのも損しそうで躊躇してしまいます。

こんなときはキャッシングが便利です。クレジットカードの買い物枠とは別に、現金を用立ててくれる便利な枠があって、数十万円ほどの現金化が可能になっています。銀行系のカードにも付属していることがあり、現金が緊急に必要なとき便利に利用できます。金利が少し付きますが、翌月やまとまったお金が入るボーナス月に払えば負担はそれほどなくて済みます。賢く利用すれば、あなたのエマージェンシーバンクとなってくれる心強い存在なのです。

キャッシングの審査に影響するものとは

キャッシング審査はキャッシングの会社独自の基準があるので、これをしておけば大丈夫という確実なものはないですが、それでも普段からお金に関すること、支払いに関することをきちんとしておけば審査も通りやすくなるということがあるものです。キャッシング会社とは関係ないと思われる携帯の支払いやクレジットカードの支払いなども滞るとブラックリストに載り、キャッシングの審査に影響が出ることもあるので注意です。

同様に通販のつけ払いなどもたまりすぎるとそうした借り入れ時にスムーズにいかなくなることもあるので、収入が多いのにキャッシング会社の審査が通らなかった時は一度普段の自分の行いを見直してみるのもおすすめできます。

消費者金融のキャッシングでは返済時間帯の面で有利

キャッシングを利用するときに消費者金融というのは、選択肢としてありますけど、こういった会社で借りる際には返済時間帯において有利な面があるので知っておきましょう。

一般的に消費者金融でキャッシングを利用するときには、銀行と比べると金利が高い傾向にありますけど、利便性においては充実しており、その1つが深夜などの遅い時間帯での返済が可能という点になります。

働き方によっては、そういった時間帯の方が都合がいいという人もいるはずです。

しかし、消費者金融以外ではそういう時間帯に返済をするのが困難な場合が多く、人によっては金利が高く感じても消費者金融を選んだ方が便利と言えるケースがあります。

また、消費者金融は返済のみではなく、借り入れも深夜に行えるところがあるので、そういった意味でも利便性は高いと言えるでしょう。

カードローンは必要が無くても信用力がある時に作っておくべき理由

キャッシング、カードローンの有用性を理解し、有効活用しているでしょうか?

キャッシング、カードローンに対して、後ろ向きなイメージを抱いていませんか?

キャッシングやカードローンは、考え方と使い方を謝らなければ、これ程便利で人生を豊かにしてくれるものはありません。

是非、あなたの信用力が高い状態で多くの業者から借り入れできるような状況をしておくことがベストです。

多くの業者から借り入れをするためのコツは、一社とあなたの信用力一杯の借り入れ契約をするのではなく、少額の契約を複数の業者とすることです。

そちらの方が後々非常に便利なことが多いです。

信用力がない時に、幾らカードローンを作りたいと思っても、キャッシングを受けたいと思ってもそれは叶いません。

是非、現段階でカードローンやキャッシングを受けられる状態なら今は必要なくても今後の急な出費の為に、融資が受けられる状態を作っておくことは、賢人の取るべき行動と言えるのではないでしょうか。

キャッシング業者の審査内容としては信用力が大事

キャッシング業者からお金を借りる時にはまずはこちらの信用情報などを調べられるということになります。それが審査ということになるわけですがこの審査内容というのが業者によって違うのかといえばほぼ同じようなところを見られます。

但し、どこをボーダーラインにしているのかということが違うのでそこが審査の厳しさということに繋がっています。但し、消費者金融系の場合は当然ですが総量規制というのが引っかかるということになりますので、そこはボーダーラインでも最低限のラインとして定められているのは間違いです。

しかし、最低のボーダーラインさえクリアしていれば良いのかというわけでもなく、業者ごとのどのくらいの信用力があるのか、ということは違うのです。

銀行のおまとめローン、所要日数に注意

通常、キャッシングやローンを組む場合は、総量規制というものによって、

「借りられる額は年収の1/3まで」

と決められています。これは、借りすぎなどによる多重債務を防ぐための措置です。

しかし、どうしてもお金が必要になることもありますよね。

そんなときは「おまとめローン」などを利用した借り換えが便利です。

ただし、現在、銀行では、即日融資を行っていません。

そのため銀行ローンを利用した借り換えをする場合は、日数に余裕を持つ必要性があります。

「借り換えをする必要がある」と感じたら、あらかじめ、銀行に、所要日数を確認してみるのも良いでしょう。

安心して手続きが行えるように、借り換えの際は、日数に余裕を持って申し込みをすることをおすすめします。

節約の為には毎日通帳を見て貯蓄意識を高める

貯蓄や節約がなかなかできなかった私はどうすれば貯蓄できるか考えた結果毎日通帳を見て貯蓄意識を高めることをしています。まずは目標金額を決めます。現在は給料日、副業の給料が主な収入源の中で給料日にまずは少し頑張れば届くぐらいの、金額設定をします。

給料日の一部を貯蓄に回してあとはその目標金額に近づくように副業をします。このサイクルを繰り返している内にあることに気づきました。日々の生活の中での手持ちのお金をできるだけた使わなくなったのです。

この方法をとる前は給料日に使える額だけ財布に入れて1カ月を過ごしていましたが毎日通帳を見ることで少し頑張れば届くくらいの金額設定をしている為か毎日、後いくらあれば達成することができるか計算するようになったからです。その結果月の手持ちのお金を残すことに成功して余ったお金を月末通帳に記帳しにいく流れが構築できました。

副業の方でも100円から口座に入れることができるポイントサイトなどを利用して毎日口座に入れ通帳の残高を確認することで嬉しさやがんばろといった気持ちになります。

結論は決まった収入の中で貯蓄、節約することが大事ですが気持ちを作ることで少しでも予備費が増やせるという結論に至り現在も頑張っています。

無理はしない、無駄遣いを許す節約スタイル

子育てのために長期的にお金が必要となる見通しがあり、節約を考え、実践しています。

私の節約スタイルはズバリ、「無理しない」です。

ストレスになること、面倒な節約はしません。

水の節約はしません。エアコンも遠慮なく使います。朝のシャワーも欠かしません。

切り詰めるのは、「定期的に固定額がかかる支出」「ずっと続けられる節約」です。

例えば家賃は地域最低額まで切り詰めています。豪華な家に住んでも収入が増えるわけでも

極端に住環境が良くなるわけでもなく、そのために年間で数十万円の支出差があるからです。

また、職場での食事は冷凍ご飯とフリーズドライの味噌汁等で済ませています。

以前はスーパーの総菜弁当で3食食べていましたが、それだと小腹が空いてしまい、ついつい

毎日お菓子を買ったり、帰りに外食したりしてしまい、毎日2000円以上の食費がかかっていました。

今はご飯に押し麦と雑穀を混ぜて炊き、小分けで冷凍して会社に持参しています。

おかずは味噌汁です。体調管理のため、なるべく具沢山のものを選んでいます。いずれも

ご飯と味噌汁にしては多少高くつきますが、それでも3食500円以内には収まっています。

1日2000円の時に比べたら1日1500円、20日出勤として毎月3万円、年間ですと30万円以上の節約になる計算です。

今はフリーズドライのスープ類にも多くの種類があり、多種類買って毎日毎食違うものを食べれば飽きずに続けられます。

また、雑穀は腹持ちが良く、間食もしなくなりました。以前は現金を月に2回、3万円ずつ口座からおろしていましたが

今では月に1度だけで済んでいます。

他にも、ストレスなく続けられる部分や同じサービスでも単純に少しでも安くなる部分は徹底して調べ、

少しでも安くなるよう工夫しています。ご参考になれば幸いです。