カードローンは金利が低くても利息がかさみ易い?

銀行や消費者金融のカードローン、クレジットカード会社のキャシングは利用限度枠内であればいつでも借り入れが可能です。そのため、冠婚葬祭や急な出費でも現金を調達することができるため、便利です。
ですが、如何に金利の低いカードローンでも返済方法により、発生する利息がかさみ易いといったデメリットや完済前に追加借り入れをしてしまうなど、返済負担が増加するケースもあり、自己破産者の増加要因ともなっています。

そもそも、カードローンの特徴は利息が日割り計算されることであり、短期間の借り入れであれば、少ない利息で借り入れが可能です。しかし、目的ローンとは異なり、契約時に返済期間が確定しない、また利息も確定しないといった特徴もあります。
その結果、目的ローンに比べて高い利息を返済することになり、中長期的な借り入れでは低金利であるメリットは少なくなってしまいます。そのため、現金を借り入れする際は、利用目的に合ったローンを契約することが重要です。

また、返済管理をしっかりとするためには高額な借り入れほど、追加借り入れの出来ないものを選ぶのが得策となります。
追加借り入れが出来るほど、キャシングに頼ってしまうリスクがあるため、常に利用出来る状態にしたい方は1年間で完済出来る分の利用限度枠に設定するのがおすすめであり、総返済額の増加抑制に効果があります。