キャッシングの限度額には目安がある!

貸金業者からお金を借りる際“融資希望額”を申込書に記入しますが、誰でも無限に貸してもらえるわけではありません。融資限度額の目安は“年収の1/3”程度、この程度なら毎月安定した収入がある人なら返済できるという目安です。例えば学生や専業主婦など収入がない人は限度額が10万円程度に設定されます。

また他の貸金業者から既に融資を受けている人は希望通りの金額を融資してもらえない可能性が高いです。中には「できるだけ多く借りたいから」と申込時にウソの借入件数を書く人もいます。しかしキャッシングの履歴は“信用情報機関”という所で一括管理されていてどの貸金業者もその情報が閲覧できるためウソはすぐにバレてしまい、審査に通過することはまず不可能です。

お金を借りるのは信用が第一、必ず本当のことを書きましょう。