カードローンあれこれ」カテゴリーアーカイブ

増額申込みができるようになったりする

何度もカードローンなどを使っていますと増額申し込みというのができるようになったりすることがあります。そもそも最初にカードローンを作ってもらった時点で限度額が総量規制ギリギリであるのかといえばそうでもなく、効率的にはまだ貸してもらうことができる余裕があったりすることがあります。

何度も利用してる間に信用力が高まったということで増額申し込みをすることができるようになったりすることがありますので、いざという時のために限度額を増やしておくということは決して悪いことではないでしょう。ちなみに増額申込みをしたからといって別に必ず使わないといけないというわけでもありませんから、枠が増える事にデメリットはまったくないです。

カードローンを利用したユーザーの生活向上術

キャッシングやカードローンのように、融資を受けられるサービスを使う利点は、必要な時に資金を確保出来る事です。これらの融資サービスを契約する事で、利用者は限度額までお金を借りられ、その借りたお金は利用制限がありませんので、様々な用途で使え、生活向上の手段としても有効です。

債務が増え過ぎないようにバランスを考慮して使う必要がありますが、給料日まで日がある場合には、キャッシングやカードローンは急な資金調達に対応出来る手段として重宝します。カードローンを選ぶ時には返済の事を考えて利息が低いサービスを選んでおけば、返済の負担を軽減させられ、利便性が高い融資サービスとしてカードローンと付き合っていく事が出来るでしょう。

借りる事への不安感、不信感をなくそう

誰しも、金融機関からのキャッシングには抵抗もありますし、不安もあると思います。ちょっとした遊びの為にキャッシングするのはどうかとは思いますが、しっかりした理由があるのであれば、私はキャッシングをするべきだと思います。

私自身は最初はかなり悩みました、ですが、実際のところ借りざるおえない状況だったので、ひとまず様々のキャッシング会社のサポートセンターに電話して決める事にしました。

ネットの声に耳を傾けるのも大事だとは思いますが、やっぱり直接電話で専門の方とお話する方がわからない事があれば、その場で聞けば良いし、お話してても自分の不安が取り除かれなかったり、対応が好ましくなければ、他の会社でお話を聞いてみるのも有ですし、一人で悩むよりは良いと思います。是非キャッシングを希望される方は悩むよりは、私は租サートセンターへの電話相談をおすすめ致します。

アルバイトがキャッシングを出来る条件

キャッシングをする際にアルバイトでも申し込みを出来るかどうか気になる方も多いかと思います。結論から言うとアルバイトでも原則キャッシングは可能です。ただしその条件は申し込む所によって審査基準はさまざまなようです。

基本的には正社員とは違いやはり収入が少ないので比較的審査は慎重にはなる傾向にありますが、「安定した収入」があればアルバイトでも審査が通る確率が高くなります。アルバイトといっても毎週定期的に勤務する仕事や短期間限定のバイト、日雇いなどがあります。この場合ですと期間限定や日雇いは「安定した収入」とは言えないので審査が通るのはかなり難しくなります。ですのでたとえ月に3万~5万くらいの収入しかなかったとしても毎月確実に収入があるほうが「安定した収入」とみなされるので審査が通りやすくなります。

アルバイトではこういった条件をクリアしていればアルバイト自体貸し出しをしていないというところ以外では審査が通る見込みがあるので検討されてみてはいかがでしょうか。

不安なくキャッシングをするにはどうすればいい?

キャッシングをすると金欠の状態になっている時にしっかり対応する事が出来るのですごく便利ですが、世間的にあまりいいイメージがないので不安を感じてしまう事も多いでしょう。それでキャッシングの申し込みをする時にいろいろな不安が出てきてしまいますが、少しでも不安が解消されるためにしっかり解説していきましょう。

・少額の借り入れをして早めの返済をするのが上手な使用方法

キャッシングをすると金利が発生するので利息が加算されていきます。それで返済する時は借入総額より多くなってしまうので負担がかかるという点で不安になってしまう人が多いです。確かに多額の借り入れをして長期の返済をしてしまうと加算される利息も多くなって返済する時に負担がかかってしまいます。しかし少額の借り入れをして早めの返済をすれば利息もそれほど多く加算されないのでスムーズに返済していく事が出来ます。また初めて利用する時は無利息サービスが適用されたりするのであまり心配する必要はありません。

・返済期日までに返済する事が出来なくても冷静の対応する事が大事

キャッシングをした時は返済期日までに返済しないと滞納になってしまうので取り立てに来るというイメージがあります。それで不安になってしまう人も多いですが、携帯電話に連絡が来る形になるのであまり心配する必要はありません。連絡が来た後にすぐ返済すれば解決する事が出来ます。しかし滞納をすると業者側に印象が悪くなってしまうので返済期日までにしっかり返済する事を心掛けるようにしましょう。

カードローンの借入方法で提携ATMを選ぶ3つのメリット

カードローンを利用してお金を借りる方法は自社ATM、提携ATM、振込キャッシングなどがありますが、提携ATMを利用する人が増えてきています。提携ATMは1回利用するごとに手数料が発生してしまうのでデメリットになると考えてしまう人もいますが、メリットになる点もあります。そこでカードローンの借入方法で提携ATMを選ぶとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・その場で現金を受け取れる

振込キャッシングを利用する時はホームページで融資の依頼をしてから口座に振り込んでもらう形になるのでその後に口座から引き下ろさなければいけません。しかし提携ATMを利用すればその場で現金を受け取る事が出来るので特に早くお金が必要な人はメリットになります。

・コンビニに行けばお金を借りる事が出来る

自社ATMを利用する時は設置場所まで行かないとお金を借りる事が出来ません。しかし提携ATMはコンビニ設置されているのでコンビニに行けばお金を借りる事が出来ます。コンビニはどこにでもあるのですごく便利です。

・簡単に操作する事が出来る

振込キャッシングを利用する時は融資の依頼をする時に戸惑ってしまう人もいます。しかし提携ATMを利用する時は画面の指示に従ってタッチパネルを操作すればいいのですごく簡単です。

アコムの在籍確認は、電話以外の方法でも可能

アコムの審査では、「在籍確認」が不可欠です。

これは、職場に電話をかける形で行われるのが一般的です。

しかし、どうしても職場に電話をかけてほしくないという場合は、「書類提出」という方法を採ることもできます。

では、その方法ですが、在籍確認の前に申込内容の確認などのために1回電話が来るので、その時に、電話ではなく書類で在籍確認をしてほしい旨を伝えればOKです。

提出する書類としては、「社員証」「健康保険証」「給与明細(直近1~2ヶ月分の物)」が求められますが、これらはWebアップロードを使えばすぐに提出できます。

スマートフォンなどで撮った物をそのままアップロードすればよいだけですが、画像がぶれていたりすると、再度提出しなければならないこともあるので注意しましょう。

この方法を採ることで、電話での在籍確認を避けることができますが、在籍確認以外でもアコムから電話が来ることはあります。

一つ目は、「遅延などをしている」。

最初は携帯にかかって来ますが、連絡がとれなければ、職場にかかって来ることになります。

二つ目は、「職場が変更された」。

転勤や転職などで職場が変わると、登録情報を書き換えなければならないので、新しい職場に電話が来ることがあります。

ローソン銀行カードローンは即日融資は可能か?

ローソン銀行では、即日融資ができるのでしょうか? 基本的に、コンビニで少額融資が主なものですから、即日融資も可能な感じにも見えます。

ですが、銀行系のカードローンは、現在自主規制や暴力団関連のデータを紹介するために時間をかけなくてはならないことの影響から、即日融資自体ができないようになっています。

警察にデータを紹介すると、どうしても1日は時間がかなってしまうので、即日融資は難しいのです。

ローソン銀行も例外ではなく、基本的には翌日以降でなければ審査の通過はないと思ってもらうといいでしょう。

即日融資をしたいのであれば、銀行系カードローンであるローソン銀行よりも、消費者金融を利用することをお勧めします。

キャッシングの返済は次の月にしましょう

キャッシングは金利が良いと言っても過言ではないのですが最大にして年利18%というのはそんなに良いのかと思うかもしれませんが、昔はもっと高かったです。そういう意味においてはかなりありがたい部分もあったりするのですがやはり返済の計画がかなりしっかりと立てなければならないといいです。

基本的にそんなに長く借りることを前提にしているタイプの金利ではありませんのでそういう意味において金利が低いということよりも利便性が高いというようなタイプのキャッシング業者の方が良かったりする方があります。そこを意識してどこから借りるのかを考えてみるとよいでしょう。返済は次の月に必ずやる、ということをやると安心できるでしょう。

学生のキャッシングなら消費者金融がベストな理由

デートや飲み会でお金が足りない!学生も今や多くの人がキャッシングを利用しています。学生専用ローン業者もありますが、最もベストな選択が消費者金融のキャッシングです。その理由の一つは親バレ等他人に知られる危険性が少ないこと。大手の消費者金融の場合、自動契約機でカード発行が可能なほかWEB完結がある業者ですとカード発行の必要なく借入可能で、ご自宅へ郵送物が届いての親バレ等心配はありません。

もう一つの理由は無利息期間があることです。キャッシングというと金利が高いというイメージで利用をためらっている方がいらっしゃると思います。しかし、大手ならば30日間無利息という初めての方向けのサービスがあるのです。さらに最低返済額も低く10万円の借入で2,000円から3,000円程度ですので生活への負担は少ないでしょう。学生のキャッシングなら消費者金融がベストです。