カードローンあれこれ」カテゴリーアーカイブ

キャッシングの融資額について

数十万のお金を、一日で用意するというのは、かなり大変です。しかしキャッシングを利用すればカンタンに実現してしまいます。

キャッシングでは融資額がそれぞれ人によって違います。同じ会社を利用していたとしても、審査が行われた段階でどれくらいの金額を融資してもらえるかが決まります。

たとえ、申し込みの際に希望の融資額を書いていたとしても、審査によって減額されることもよくあることです。ですから、それを見越して少し高めの融資希望額を申告するひともいるくらいです。

基本的には数十万円程度のお金が借りられるのであれば、全く利用で困ることはないでしょう。初めてキャッシングを利用する人や、収入が少し低い人の場合には10万円程度の融資枠からスタートすることが多いです。

ですから、何社も申し込みをして10万円を借りて回るということもよく行われています。基本的にはリボ払いでキャッシングの返済は行われます。一括で返済をするというのは、結構レアケースで、自分の生活の余裕を保ちながら返済をするというスタイルが理想的です。

特に友人などには借りられないような大金を、その場で工面することができるキャッシングは、人生の様々な場面でのピンチを助けてくれる重要なサービスなのです。

キャッシングは計画的に使えば安全

キャッシングは悪、のようなイメージがありますが、CM等のコピーにある通り

計画性を持って使えばとても安全なものです。

どうしてもお金が必要、そんなとき次の給料日まで少しだけお金を借りる、すぐに

返済すれば大大丈夫なんです。

おすすめするものはクレジットカードを持っているならそのカードのキャッシングを使う。

WEBで申し込めば、時間にもよりますが当日、翌日に指定の口座に振り込まれます。

一番早いのはクレジットカードを提携先ATMで利用して必要金額をおろすこと。

コンビニ等で24時間使えますのでいざ、という時安心ですね。

返済もATMでカードから入金することをおすすめします。

これなら手持ち金が出来た時にすぐに返せば必要以上に利息を取られることもありません。

もう一つおすすめなのが銀行のカードローン。

いざ、とういときのためにキャッシュカードにカードローン機能を付けておくと便利です。

ATMで簡単に手続きもできます。

また、カードローンは大手都市銀行、地方銀行等実店舗の銀行カードよりもネット銀行の方が

利息が安いです。

なので、ネット銀行のローンカードを作っておくと意外と便利なんです。。

もし今自分の使っている都市、地方銀行のローン残高があればネット銀行のカードローンから

借り換える、というのも一つの手です。

どちらにしてもATMでカードを使ってすぐ返す事が出来るので、借りたらすぐ返す、を

モットーに計画性を持って利用しましょう。

完全に無職の人がカードローンを契約する方法

専業主婦や年金生活者ではなく、完全に無職の人はカードローンを絶対に契約できません。どのカードローンも安定した収入があることが申し込み条件だからです。では嘘をついて働いていることにしたらどうでしょうか?

例えば世の中にはアリバイ偽装会社というものがあります。主に風俗嬢などが普通の会社に働いていることにするために、電話などの対応を行ってくれる会社です。もし無職の人が本人確認を運転免許証で行い、在籍確認をアリバイ偽装会社にお願いしたら、嘘の会社に在籍していることになり契約が可能です。

しかしバレた時が大変です。金融機関に詐欺で訴えられるかもしれませんし、支払えなくなった場合は自己破産できない可能性が高いです。ですからアリバイ偽装会社を使って契約するなら、絶対に滞納しない覚悟が必要です。

増額申込みができるようになったりする

何度もカードローンなどを使っていますと増額申し込みというのができるようになったりすることがあります。そもそも最初にカードローンを作ってもらった時点で限度額が総量規制ギリギリであるのかといえばそうでもなく、効率的にはまだ貸してもらうことができる余裕があったりすることがあります。

何度も利用してる間に信用力が高まったということで増額申し込みをすることができるようになったりすることがありますので、いざという時のために限度額を増やしておくということは決して悪いことではないでしょう。ちなみに増額申込みをしたからといって別に必ず使わないといけないというわけでもありませんから、枠が増える事にデメリットはまったくないです。

カードローンを利用したユーザーの生活向上術

キャッシングやカードローンのように、融資を受けられるサービスを使う利点は、必要な時に資金を確保出来る事です。これらの融資サービスを契約する事で、利用者は限度額までお金を借りられ、その借りたお金は利用制限がありませんので、様々な用途で使え、生活向上の手段としても有効です。

債務が増え過ぎないようにバランスを考慮して使う必要がありますが、給料日まで日がある場合には、キャッシングやカードローンは急な資金調達に対応出来る手段として重宝します。カードローンを選ぶ時には返済の事を考えて利息が低いサービスを選んでおけば、返済の負担を軽減させられ、利便性が高い融資サービスとしてカードローンと付き合っていく事が出来るでしょう。

借りる事への不安感、不信感をなくそう

誰しも、金融機関からのキャッシングには抵抗もありますし、不安もあると思います。ちょっとした遊びの為にキャッシングするのはどうかとは思いますが、しっかりした理由があるのであれば、私はキャッシングをするべきだと思います。

私自身は最初はかなり悩みました、ですが、実際のところ借りざるおえない状況だったので、ひとまず様々のキャッシング会社のサポートセンターに電話して決める事にしました。

ネットの声に耳を傾けるのも大事だとは思いますが、やっぱり直接電話で専門の方とお話する方がわからない事があれば、その場で聞けば良いし、お話してても自分の不安が取り除かれなかったり、対応が好ましくなければ、他の会社でお話を聞いてみるのも有ですし、一人で悩むよりは良いと思います。是非キャッシングを希望される方は悩むよりは、私は租サートセンターへの電話相談をおすすめ致します。

アルバイトがキャッシングを出来る条件

キャッシングをする際にアルバイトでも申し込みを出来るかどうか気になる方も多いかと思います。結論から言うとアルバイトでも原則キャッシングは可能です。ただしその条件は申し込む所によって審査基準はさまざまなようです。

基本的には正社員とは違いやはり収入が少ないので比較的審査は慎重にはなる傾向にありますが、「安定した収入」があればアルバイトでも審査が通る確率が高くなります。アルバイトといっても毎週定期的に勤務する仕事や短期間限定のバイト、日雇いなどがあります。この場合ですと期間限定や日雇いは「安定した収入」とは言えないので審査が通るのはかなり難しくなります。ですのでたとえ月に3万~5万くらいの収入しかなかったとしても毎月確実に収入があるほうが「安定した収入」とみなされるので審査が通りやすくなります。

アルバイトではこういった条件をクリアしていればアルバイト自体貸し出しをしていないというところ以外では審査が通る見込みがあるので検討されてみてはいかがでしょうか。

不安なくキャッシングをするにはどうすればいい?

キャッシングをすると金欠の状態になっている時にしっかり対応する事が出来るのですごく便利ですが、世間的にあまりいいイメージがないので不安を感じてしまう事も多いでしょう。それでキャッシングの申し込みをする時にいろいろな不安が出てきてしまいますが、少しでも不安が解消されるためにしっかり解説していきましょう。

・少額の借り入れをして早めの返済をするのが上手な使用方法

キャッシングをすると金利が発生するので利息が加算されていきます。それで返済する時は借入総額より多くなってしまうので負担がかかるという点で不安になってしまう人が多いです。確かに多額の借り入れをして長期の返済をしてしまうと加算される利息も多くなって返済する時に負担がかかってしまいます。しかし少額の借り入れをして早めの返済をすれば利息もそれほど多く加算されないのでスムーズに返済していく事が出来ます。また初めて利用する時は無利息サービスが適用されたりするのであまり心配する必要はありません。

・返済期日までに返済する事が出来なくても冷静の対応する事が大事

キャッシングをした時は返済期日までに返済しないと滞納になってしまうので取り立てに来るというイメージがあります。それで不安になってしまう人も多いですが、携帯電話に連絡が来る形になるのであまり心配する必要はありません。連絡が来た後にすぐ返済すれば解決する事が出来ます。しかし滞納をすると業者側に印象が悪くなってしまうので返済期日までにしっかり返済する事を心掛けるようにしましょう。

カードローンの借入方法で提携ATMを選ぶ3つのメリット

カードローンを利用してお金を借りる方法は自社ATM、提携ATM、振込キャッシングなどがありますが、提携ATMを利用する人が増えてきています。提携ATMは1回利用するごとに手数料が発生してしまうのでデメリットになると考えてしまう人もいますが、メリットになる点もあります。そこでカードローンの借入方法で提携ATMを選ぶとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・その場で現金を受け取れる

振込キャッシングを利用する時はホームページで融資の依頼をしてから口座に振り込んでもらう形になるのでその後に口座から引き下ろさなければいけません。しかし提携ATMを利用すればその場で現金を受け取る事が出来るので特に早くお金が必要な人はメリットになります。

・コンビニに行けばお金を借りる事が出来る

自社ATMを利用する時は設置場所まで行かないとお金を借りる事が出来ません。しかし提携ATMはコンビニ設置されているのでコンビニに行けばお金を借りる事が出来ます。コンビニはどこにでもあるのですごく便利です。

・簡単に操作する事が出来る

振込キャッシングを利用する時は融資の依頼をする時に戸惑ってしまう人もいます。しかし提携ATMを利用する時は画面の指示に従ってタッチパネルを操作すればいいのですごく簡単です。

アコムの在籍確認は、電話以外の方法でも可能

アコムの審査では、「在籍確認」が不可欠です。

これは、職場に電話をかける形で行われるのが一般的です。

しかし、どうしても職場に電話をかけてほしくないという場合は、「書類提出」という方法を採ることもできます。

では、その方法ですが、在籍確認の前に申込内容の確認などのために1回電話が来るので、その時に、電話ではなく書類で在籍確認をしてほしい旨を伝えればOKです。

提出する書類としては、「社員証」「健康保険証」「給与明細(直近1~2ヶ月分の物)」が求められますが、これらはWebアップロードを使えばすぐに提出できます。

スマートフォンなどで撮った物をそのままアップロードすればよいだけですが、画像がぶれていたりすると、再度提出しなければならないこともあるので注意しましょう。

この方法を採ることで、電話での在籍確認を避けることができますが、在籍確認以外でもアコムから電話が来ることはあります。

一つ目は、「遅延などをしている」。

最初は携帯にかかって来ますが、連絡がとれなければ、職場にかかって来ることになります。

二つ目は、「職場が変更された」。

転勤や転職などで職場が変わると、登録情報を書き換えなければならないので、新しい職場に電話が来ることがあります。