審査について」カテゴリーアーカイブ

キャッシングの審査で問題が発生する原因は?

キャッシングの申し込みをすると審査が行われますが、問題が発生してしまう可能性があります。それで審査時間が長くなり即日融資を受ける事が出来ない可能性があります。また審査に落ちてキャッシングをする事が出来なくなる可能性もあります。キャッシングをする時は審査で問題が発生しないように注意しなければいけません。そこでキャッシングの審査で問題が発生するのはどのような原因があるのか確認していきましょう。

・総量規制に接触している

消費者金融は総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。それで申し込みをする時に借入希望額を多くしてしまうと年収の3分の1以上になってしまう可能性があります。それで審査で問題が発生してしまうので注意が必要です。

・他社からの借入件数や借入総額が多い

キャッシングの審査では返済能力があるかどうかを判断するので他社からの借入状況を確認します。それで借入件数や借入総額が多いと返済能力に疑問が出てきてしまいます。審査で問題が発生する原因の一つなので注意が必要です。

・信用情報に問題がある

過去にクレジットカードの支払いを滞納しているなど金融取引で問題を起こしていると信用情報に履歴が残っています。それで審査で問題が発生してしまうので過去の金融取引を確認しておくようにしましょう。

SMBCモビットの特徴は「在籍確認なしで借り入れできる」

「SMBCモビット」は、三井住友銀行グループのキャッシング会社であり、大手消費者金融の一角です。SMBCモビットと他の大手消費者金融と比べてどこが違うのでしょうか。

SMBCモビットの特徴はいくつかあるのですが、最大の特徴というと「Web完結なら電話連絡がない」ことです。キャッシングやカードローンの契約をすると「在籍確認を取られる消費者金融も多く」あります。勤務先に電話されて、借り入れするのがバレてしまうということがあります。

それが嫌な人は特にSMBCモビットでWeb完結すると在籍確認なしで借り入れすることができます。なので、在籍している会社にバレることなく借り入れすることができるのがSMBCモビットの特徴です。

申し込みブラックは1度の審査落ちでは影響無いことも!

銀行や消費者金融などの金融機関でローン契約する際、申し込みブラックに注意する必要があると知られています。しかし、1社の審査に落ちたからといって直ぐに申し込みブラックどいう訳ではありません。審査落ちの原因は、自社の融資条件にマッチしない、個人信用情報に問題があるなど理由は別れています。

つまり、ネガティブな理由でない限り、もう1社の審査する可能性は残っています。もし、申し込みブラックが直ぐに影響するのであれば、住宅ローンや自動車ローンの審査も1度審査落ちすると申し込みができなくなってしまいます。ですが、実際には数社の審査を受けることが多く、実際に審査通過するケースがあるため、1社がだめだからといって悲観になる必要はありません。

消費者金融の審査に必要なものは何か

キャッシングを利用したいと考えており、ですが銀行からの融資が受けれないや働いていないからキャッシングを利用できない人にお勧めの方法があります。

それは消費者金融のキャッシングを利用することです。消費者金融は高い金利が取られるや借りたら最後返せなくなってしまうという考えを持っている人にも安心して使ってもらうことが出来るのです。

なぜなら昔ほど金利も高くなく、審査にかかる時間も数分で済むようになっています。

審査を受けるのに何が必要なのか、それは身分証明書のみでいいのです。簡単に審査を通る事が出来尚且つ昔と比べ低金利で消費者金融は利用が出来るのです。

安心して消費者金融のキャッシングを利用してみてください。

キャッシングにおける属性って何?

キャッシングサイトなどを見ていると、たまに「属性」というワードが出てきます。

この属性というワードはなんだろうと主肩もいるでしょうが、意味としては

消費者金融が審査をするために、申し込みした本人の個人の情報のことであり、職業や年齢、雇用形態や、保険の種類、年収、住所氏名といった

あらゆるものが属性の対象となります。

これによって、消費者金融としてはどれくらいの返済能力が見込めるか、返済が安定しているか、返済が出来ないリスクを考えることが出来るのか、

といったようなことを判断します。

もちろん、属性的に高ければお金を借り易いですし、高額のお金を借入することが出来ますし、低いと逆になります。

どんな属性があるかはいろいろですので、一度調べてみるといいでしょう。

キャッシングの審査では本人確認が重要

消費者金融会社では、様々な申込み方法を用意しており、インターネットを利用したWeb申込みが登場してからは申込みの手間が大幅に減っています。その為、本人確認は審査において重要性が増しており、申込みをした者は審査を通過する上で十分に準備をしておく必要がある部分です。

キャッシングの申込みをする際に本人確認で有効な書類としては、健康保険証や運転免許証、パスポートです。申込みの方法によって提出の仕方は異なりますが、それらの本人確認書類を写真に撮ったり、コピーしたりして提出するのが一般的です。審査において本人確認の方法は書類だけではなく、在籍確認もあります。

消費者金融会社が申込書に記載された勤務先に電話をかける事で、本人が在籍しているのかどうかを確認します。消費者金融会社名を言わずに担当者が電話をかけますので、他の人に知られる事はありませんので安心が出来ます。

キャッシングの審査を通過するには、申込者が本人であるのかどうかを確認する過程が重視されます。消費者金融会社としては、貸す相手が信用出来る者である事を知る必要があるからです。キャッシングの審査を通過するポイントは、消費者金融会社に信用してもらう事ですので、本人確認書類の提出や申込書の記載には十分な注意を払うと良いでしょう。

消費者金融の審査に関係する不安を解消する

消費者金融の初めての利用で審査を受ける時には審査が通るのだろうかという不安を持つのではないでしょうか。フリーターで収入が安定していないし、それほど大した給料でもないとなると、業者から信頼されず審査で落とされてしまうかもと思うかもしれません。

もし少額の融資のみということであれば、大手の消費者金融が理想かもしれませんが、審査でチェックされるのは仕事のことや収入が安定しているのかというだけではなく、どこに住所があり、どのくらいそこに住んでいるのかという点を見られるかもしれません。

頻繁に引っ越しばかりをしている人や、ほとんど収入がないような人では審査で落とされてしまう可能性もないわけではありません。また個人情報を偽りなく正しく入力することも大切であり、もし間違いがあると融資を受けられなくなるかもしれません。とはいえ、毎月安定して収入があり、住んでいるのが自宅とかあるいはアパートであったとしても数年同じ住所で暮らしているのであれば、多くの場合問題なく融資を受けることができます。

もしその点で不安があるのであれば、大手の消費者金融のホームページには仮審査チェックがあり、自分が融資を受けることができるかどうかの目安を測ることができますので、申し込む前にそれで確認してみるとよいでしょう。

キャッシングの本人確認について

これからキャッシングを利用したいと思っている人の中には本人確認をどうしたら良いか分からないという人もいるかと思います。

ですが、それは簡単で一番簡単なのは車の免許証を提示すれなそれで本人膜確認ができます。
でも、これからキャッシングを利用したいと思っている人の中には車の免許証がないという方もいるかと思います。

そういう場合は車の免許証以外の物を提示する事になります。その場合に一番簡単で確実なのは健康保険証とマイナンバーの通知書を出せば良いです。

この2枚を出せば本人確認ができます。また、これ以外ではマイナンバーカードを作っている場合はこのマイナンバーカード1枚を提示すればそれで本人確認ができるのでそれで
キャッシングを利用してお金を借りる事ができます。

なので、マイナンバー制度が始まる前は車の免許証がないと本人確認も割と面倒な事がありましたがマイナンバー制度が始まったおかげで本人確認のために提示すべき物を簡単に用意できるようになりました。

もちろん、従来から本人確認書類で提示されてきた車の免許証を持っているならそれを提示すれば簡単な話です。それがないという人はマイナンバーカードを出せば済むのでそれでキャッシングが利用できます。

キャッシングの審査にかかる最短時間に関する注意

キャッシングの会社のホームページには審査にかかる時間について言及されていることも多く、最短何分で終わるといった記述があると思います。審査にかかる時間が短いことは誰にとっても望ましいので、そういったところでお客さんを集めようとしているところも多くあります。

だからこそ、各社審査にかかる時間を少しでも短くしようと頑張っていますし、その結果最短30分とか、そういった数字が書かれているケースも多くなっているのですが、ここで注意してほしいのはその数字が全ての審査にかかる時間を表しているとは限らないことです。

審査は会社によっては2段階に分かれており、仮審査と本審査にわたる場合があります。仮審査というのは、ほとんど足きりみたいなもので、明らかにダメな人、総量規制によって貸すことができない人など、そういうケースを見ていることが多いので、これを突破するのは難しくありません。

ただ、審査にかかる時間は短いですし、この仮審査にかかる時間を最短何分とホームページなどに明記している会社も中にはあるとされているのです。だから、本審査も合わせた審査全ての時間は、もっと長いという場合も考えられるので、注意が必要になります。実際、ホームページに書かれている時間が審査全てにかかる時間だとしても、それは最短ですから、それだけの時間で全て済んでしまうケースは限りなく少ないと思った方が良いでしょう。

キャッシング業者の審査内容としては信用力が大事

キャッシング業者からお金を借りる時にはまずはこちらの信用情報などを調べられるということになります。それが審査ということになるわけですがこの審査内容というのが業者によって違うのかといえばほぼ同じようなところを見られます。

但し、どこをボーダーラインにしているのかということが違うのでそこが審査の厳しさということに繋がっています。但し、消費者金融系の場合は当然ですが総量規制というのが引っかかるということになりますので、そこはボーダーラインでも最低限のラインとして定められているのは間違いです。

しかし、最低のボーダーラインさえクリアしていれば良いのかというわけでもなく、業者ごとのどのくらいの信用力があるのか、ということは違うのです。