審査について」カテゴリーアーカイブ

消費者金融の審査に関係する不安を解消する

消費者金融の初めての利用で審査を受ける時には審査が通るのだろうかという不安を持つのではないでしょうか。フリーターで収入が安定していないし、それほど大した給料でもないとなると、業者から信頼されず審査で落とされてしまうかもと思うかもしれません。

もし少額の融資のみということであれば、大手の消費者金融が理想かもしれませんが、審査でチェックされるのは仕事のことや収入が安定しているのかというだけではなく、どこに住所があり、どのくらいそこに住んでいるのかという点を見られるかもしれません。

頻繁に引っ越しばかりをしている人や、ほとんど収入がないような人では審査で落とされてしまう可能性もないわけではありません。また個人情報を偽りなく正しく入力することも大切であり、もし間違いがあると融資を受けられなくなるかもしれません。とはいえ、毎月安定して収入があり、住んでいるのが自宅とかあるいはアパートであったとしても数年同じ住所で暮らしているのであれば、多くの場合問題なく融資を受けることができます。

もしその点で不安があるのであれば、大手の消費者金融のホームページには仮審査チェックがあり、自分が融資を受けることができるかどうかの目安を測ることができますので、申し込む前にそれで確認してみるとよいでしょう。

キャッシングの本人確認について

これからキャッシングを利用したいと思っている人の中には本人確認をどうしたら良いか分からないという人もいるかと思います。

ですが、それは簡単で一番簡単なのは車の免許証を提示すれなそれで本人膜確認ができます。
でも、これからキャッシングを利用したいと思っている人の中には車の免許証がないという方もいるかと思います。

そういう場合は車の免許証以外の物を提示する事になります。その場合に一番簡単で確実なのは健康保険証とマイナンバーの通知書を出せば良いです。

この2枚を出せば本人確認ができます。また、これ以外ではマイナンバーカードを作っている場合はこのマイナンバーカード1枚を提示すればそれで本人確認ができるのでそれで
キャッシングを利用してお金を借りる事ができます。

なので、マイナンバー制度が始まる前は車の免許証がないと本人確認も割と面倒な事がありましたがマイナンバー制度が始まったおかげで本人確認のために提示すべき物を簡単に用意できるようになりました。

もちろん、従来から本人確認書類で提示されてきた車の免許証を持っているならそれを提示すれば簡単な話です。それがないという人はマイナンバーカードを出せば済むのでそれでキャッシングが利用できます。

キャッシングの審査にかかる最短時間に関する注意

キャッシングの会社のホームページには審査にかかる時間について言及されていることも多く、最短何分で終わるといった記述があると思います。審査にかかる時間が短いことは誰にとっても望ましいので、そういったところでお客さんを集めようとしているところも多くあります。

だからこそ、各社審査にかかる時間を少しでも短くしようと頑張っていますし、その結果最短30分とか、そういった数字が書かれているケースも多くなっているのですが、ここで注意してほしいのはその数字が全ての審査にかかる時間を表しているとは限らないことです。

審査は会社によっては2段階に分かれており、仮審査と本審査にわたる場合があります。仮審査というのは、ほとんど足きりみたいなもので、明らかにダメな人、総量規制によって貸すことができない人など、そういうケースを見ていることが多いので、これを突破するのは難しくありません。

ただ、審査にかかる時間は短いですし、この仮審査にかかる時間を最短何分とホームページなどに明記している会社も中にはあるとされているのです。だから、本審査も合わせた審査全ての時間は、もっと長いという場合も考えられるので、注意が必要になります。実際、ホームページに書かれている時間が審査全てにかかる時間だとしても、それは最短ですから、それだけの時間で全て済んでしまうケースは限りなく少ないと思った方が良いでしょう。

キャッシング業者の審査内容としては信用力が大事

キャッシング業者からお金を借りる時にはまずはこちらの信用情報などを調べられるということになります。それが審査ということになるわけですがこの審査内容というのが業者によって違うのかといえばほぼ同じようなところを見られます。

但し、どこをボーダーラインにしているのかということが違うのでそこが審査の厳しさということに繋がっています。但し、消費者金融系の場合は当然ですが総量規制というのが引っかかるということになりますので、そこはボーダーラインでも最低限のラインとして定められているのは間違いです。

しかし、最低のボーダーラインさえクリアしていれば良いのかというわけでもなく、業者ごとのどのくらいの信用力があるのか、ということは違うのです。

増額申込みをして限度額を増やす

キャッシングには限度額が設定されていますので、この限度額内で融資を受ける必要があります。消費者金融会社は貸金業法の下で運営されていますので、総量規制が義務付けられており、この影響で利用者は複数の消費者金融会社から融資を受けている場合、限度額の総額が年収の3分の1までに制限されてしまいます。つまり、利用者にとってはもっとお金を借りたい時にお金を借りる事が出来ないという事です。

限度額を増やす方法としては増額があります。増額申込みを受け付けている消費者金融会社は、大手消費者金融会社に多く、ある程度の利用実績があれば、利用者は消費者金融会社に増額申込みをする事が出来ます。増額は増額申込みをした後、審査が行われ、消費者金融会社の基準をクリアしていれば、限度額が増えるようになっています。

ヤミ金融で即日融資とかってあるの?

ヤミ金融も現代のニーズにいろいろと答えるために、即日融資の対応をしてくる会社も存在します。

基本的に、非合法で規模が大きいわけではないので、それほど対応がいいわけではないようですが、14時までに審査が完了すれば即日融資に対応してくるところもあるみたいです。

銀行口座への振り込みの方式を取っているようで、通常の消費者金融と変わらない方法を取ってきます。

ヤミ金融に頼る人というのは、やはりお金がなくてすぐにでも欲しないとまずい生活が続いているのでしょう。

そういったところに何とかしてうまくつけ込むように、即日融資などといった手段を新たに取り入れているようです。

中には即日融資をうたって個人情報だけを抜く詐欺的なものもありますので、最初から利用しないようにしましょう。

キャッシングの審査では過去の利用状況と現在の収入が重要なポイント

急な出費が発生した時に便利なキャッシングは現代社会でかなり広く浸透しており、借り入れをする事で様々な資金の立て替えに活用出来るようになっています。

キャッシングを利用するには、消費者金融会社に新規申込みの申込みをするか、信販会社が提供しているクレジットカードのショッピング枠を活用するかといった選択肢があります。

キャッシングの新規申込みをしますと、消費者金融会社の方で審査が行われます。審査は様々な角度から行われますが、特に重要であるポイントは申込者の他社を含めたキャッシングの利用状況と現在の収入です。

消費者金融会社としては、確実に返済出来るだけの信用力がある人にお金を貸したいと考えていますので、申込みをする時には継続的に収入を得ている事が大切になってきます。

短期の契約社員の人でもキャッシングができる便利な方法

キャッシングを安全にしたいならば計画性をもって利用するといいです。貯金や給料など自分の返済能力をしっかり把握しておけば返済に困るほど使ってしまう心配はないです。多額のキャッシングをする場合はどれくらいの利子がつくかきちんと確認することが必要です。利子を計算して月にどれくらい返済が必要な金額なのかがすぐに分かれば本当にキャッシングをしても大丈夫なのかどうか判断ができます。

正社員ではない短期の契約社員の人はキャッシングができないと思われがちです。しかし契約社員の方でも簡単にキャッシングをする方法があります。それは通販ショップのクレジットカードを利用してキャッシングをすることです。クレジットカードを作る手続きは面倒ではないので1枚でも作っておいて損はないです。

煩わしい手続きをしないでお金を借りたい人にクレジットカードを使ってキャッシングする事をおすすめできます。クレジットカードを持っていない人が急にお金が必要になった時には消費者金融などに行ってお金を借りないといけなくなるので時間がかかってしまい非常に面倒です。まとまったお金がいつ必要になってもよいように、クレジットカードを作ってキャッシングができるようにしておくといいです。

長期間のアルバイトでなくてもキャッシングは可能

消費者金融でのキャッシングは基本的には、職業と収入とが安定していれば利用できます。したがって正社員ではなくアルバイトをしている人でも、ひとつの職場で長く働いていて、毎月の収入に極端なばらつきがなければ、キャッシングの審査に通過できると言えます。逆に言えば、頻繁に職場を替えている人や、収入があったりなかったりする人では、キャッシングの審査通過は難しいということです。

しかし消費者金融によっては、それほど長期間のアルバイトでなくても、審査に通ることがあります。たとえばアルバイトを始めてからまだ2ヶ月という場合でも、約60日は辞めずに続けていたわけですから、ある程度は職業が安定しているとみなされるのです。
またキャッシングの申し込みの際には、年収を伝える必要がありますが、この年収は月収の12倍の数字にすることができます。たとえまだ2ヶ月しか働いていなくても、12ヶ月分働くことを想定して、伝えることができるのです。

そして消費者金融では、想定年収の約3分の1までのお金をキャッシングできます。2ヶ月しか働いていなくても、その給料を上回る額のお金を貸してもらえる可能性があるわけです。
そのため、まだ長期間働いていないという人でも、お金に困っている場合はキャッシングの申し込みをしてみる価値があると言えます。

アルバイトが消費者金融の審査が通る2つのポイント

アルバイトは正社員に比べて収入が少ないので消費者金融の審査も落ちてしまうと決めつけてしまう人が多いです。
それで金欠の状態のまま生活を送っている人が多いですが、アルバイトでも消費者金融を利用してお金を借りる事が出来るので審査に落ちてしまうと決めつけてしまうのは良くありません。
そこでアルバイトが消費者金融の審査が通るにはどのような点がポイントになってくるのか見ていく事にしましょう。

・一定の収入がある事を証明する

消費者金融は安定した収入がある人が利用対象となっているのでアルバイトが審査が通るようにするには一定の収入がある事を証明する事がポイントになってきます。週に4~5日働いて収入を得ていれば一定の収入がある事を証明する事が出来ます。

・収入に見合った借入希望額を申請する

消費者金融に申し込みをする時に借入希望額を申請しますが、収入に見合っていないと業者側が返済する事が出来るのかと疑問を持ってしまいます。それで審査が不利な状況になってしまうのでアルバイトの場合は収入に見合った借入希望額を申請して業者側が安心してお金を貸せる状況を作っていく事がポイントになってきます。それにより審査が有利になって通る可能性も高くなります。