カテゴリー別アーカイブ: 審査について

長期間のアルバイトでなくてもキャッシングは可能

消費者金融でのキャッシングは基本的には、職業と収入とが安定していれば利用できます。したがって正社員ではなくアルバイトをしている人でも、ひとつの職場で長く働いていて、毎月の収入に極端なばらつきがなければ、キャッシングの審査に通過できると言えます。逆に言えば、頻繁に職場を替えている人や、収入があったりなかったりする人では、キャッシングの審査通過は難しいということです。

しかし消費者金融によっては、それほど長期間のアルバイトでなくても、審査に通ることがあります。たとえばアルバイトを始めてからまだ2ヶ月という場合でも、約60日は辞めずに続けていたわけですから、ある程度は職業が安定しているとみなされるのです。
またキャッシングの申し込みの際には、年収を伝える必要がありますが、この年収は月収の12倍の数字にすることができます。たとえまだ2ヶ月しか働いていなくても、12ヶ月分働くことを想定して、伝えることができるのです。

そして消費者金融では、想定年収の約3分の1までのお金をキャッシングできます。2ヶ月しか働いていなくても、その給料を上回る額のお金を貸してもらえる可能性があるわけです。
そのため、まだ長期間働いていないという人でも、お金に困っている場合はキャッシングの申し込みをしてみる価値があると言えます。

アルバイトが消費者金融の審査が通る2つのポイント

アルバイトは正社員に比べて収入が少ないので消費者金融の審査も落ちてしまうと決めつけてしまう人が多いです。
それで金欠の状態のまま生活を送っている人が多いですが、アルバイトでも消費者金融を利用してお金を借りる事が出来るので審査に落ちてしまうと決めつけてしまうのは良くありません。
そこでアルバイトが消費者金融の審査が通るにはどのような点がポイントになってくるのか見ていく事にしましょう。

・一定の収入がある事を証明する

消費者金融は安定した収入がある人が利用対象となっているのでアルバイトが審査が通るようにするには一定の収入がある事を証明する事がポイントになってきます。週に4~5日働いて収入を得ていれば一定の収入がある事を証明する事が出来ます。

・収入に見合った借入希望額を申請する

消費者金融に申し込みをする時に借入希望額を申請しますが、収入に見合っていないと業者側が返済する事が出来るのかと疑問を持ってしまいます。それで審査が不利な状況になってしまうのでアルバイトの場合は収入に見合った借入希望額を申請して業者側が安心してお金を貸せる状況を作っていく事がポイントになってきます。それにより審査が有利になって通る可能性も高くなります。

総量規制対象外のローンについて

2010年に貸金業法が改正されてから、総量規制という新たな規制ができました。
この規制ができた目的は、カードローンやキャッシングの利用者の借り過ぎによる多重債務等を防ぐことにあり、具体的には年収の3分の1を超える借り入れができなくなったのです。

具体的な数値を上げて解説しますと、年収が300万円の人がキャッシングをする場合、その限度額は100万円までとなります。

しかし場合によっては年収の3分の1を超える借り入れが必要になることもあるでしょう。
そのようなときはどうすれば良いのでしょうか。

多くの資金を借り入れたい時には銀行のローンの利用がおすすめです。
銀行のローンであれば総量規制対象外となっているので、住宅ローンでも自動車ローンでもカードローンでも年収に関係なく借り入れができるのです。

中小消費者金融を選ぶ際は資本金以外にも注目すること!

銀行や大手消費者金融のキャッシングローンについては、資本力や企業体力が安定しているため、借り入れ中に借り入れ先が倒産するといったリスクは少なくなります。特に銀行や大手消費者金融は資本金だけでなく、決算情報も公開しており、経営の健全さを外部公開しています。

一方で中小消費者金融の場合、資本金や代表氏名などの簡単な情報しかホームページ上に記載されていない可能性があります。このような場合、資本金が多いほど安心できる貸金業者と判断することは出来ません。資本金よりも貸付残高が多い場合や貸倒引当金が多いといった場合、資本力を超えた融資を行っている可能性もあります。また、出資金以外の利益の積立総額が少ない場合、借入先として検討する際には注意が必要です。

過去に大手消費者金融である武富士が過払金返還請求により経営破綻に至っており、債権譲渡を行ったことがあります。このようなことが生じた場合、返済先が変わるだけでなく、過払金の返還請求を行うことが難しくなってしまいます。特に中小消費者金融の中には、資本力の少ない会社も多く、融資自体を渋るケースも少なからずあります。

スコアリング審査など属性的な問題のみで、返済能力に余裕があるのといった方の場合、大手消費者金融のカードローンを契約することは難しくなります。また、企業体力の乏しい会社を選んでしまった場合、希望より少ない融資となる可能性があります。そのため、申し込先の会社情報をしっかりと確認することも重要なことになります。

消費者金融 審査が甘いというのはどういう意味か

キャッシングをしている人には気になる話題、何処何処の消費者金融は審査が甘いといった類の噂です。この噂を言葉通りに解釈してしまうと、何処何処の消費者金融は審査が甘く、いくらでもお金を貸してくれるといった印象になりますが、実はそうではありません。

正規の消費者金融は貸金業法の総量規制に縛られていますので、年収の3分の1を超える貸し付けは行うことはできません。もっとも、闇金という裏金融でしたらその範囲を超えた貸し付けを行う事はしますが、そもそも裏金融には審査そのものがありません。にも拘わらず、何故総量規制が導入された今、審査が甘いなどの噂が立つのか、理由を解説いたします。

審査が甘いという噂は、単純に年収の3分の1以上を貸してくれるわけではなく、信用情報機関の事故情報に目をつぶってくれるか否かです。事故情報とは、CIC等の機関に「A」などの形で毎月記録されていきますが、この事故となる「A」の個数が1個なら目をつぶる金融機関は多いですが、2個、3個は問答無用で審査落ちにされるのが普通です。こういった、事故情報が沢山ついている方にも貸してしまうのが「審査の甘い業者」と呼ばれているだけです。

いかに審査が甘い業者でも総量規制以上には借りることはできませんので、借りれない時は潔くあきらめましょう。

迅速性に長けている即日融資

即日融資のキャッシングの形式は、迅速性に長けているものとして認識されています。早急に融資を受けようと模索している人々にとっては、最も利用することの推奨される融資形態のひとつになりつつあり、高い頻度で即日融資の利用申請がなされることにも繋がっています。多くの金融機関から即日融資のサービスが展開されるようになりつつあるとみられていることから、このようなサービスを利用して融資を受けようとする人が着実に増加してきていると言えるのではないでしょうか。

全国的な規模でこのような状況が見受けられるようになってきつつあるため、幅広い職種の人々からの関心が示されてきているのではないかと思います。

即日融資の最も大きな特徴としては、審査をスピーディーに受けられ、その日のうちに融資を受けられるかどうかが判明する点であると考えられています。場合によっては数時間で審査が完了し、融資を受けられる環境が整えられることも期待できるとみられており、多くの人々から強く注目され始めています。

迅速に融資を受けようと考える人にとって、こうした特徴を有する即日融資は非常に関心の高い融資形態として捉えられるようになってきており、利用することを希望する人も着実に増加しているのではないかと思います。今後も即日融資は迅速に審査が展開される傾向が強い状態で推移されていくのではないかと見込まれており、これまで以上に即日融資を利用する人が多く見受けられるようになるのではないでしょうか。

キャッシングの審査は担当者の主観による匙加減も含まれる

キャッシングの審査では収入や勤続年数が特に大切ということを聞いているかもしれませんが、それとはあまり関係ないところで審査に影響している可能性があります。それは担当者の独自の判断による匙加減の部分です。かなり勘に近いところもありますが、利用者の外見などを見て、何か不安を感じたり、怪しいと感じたときには、借り入れ金額の限度を下げたり、他が問題なくても審査に通らないという可能性もあります。

例えば、刺青をしているような人が来た場合には、かなり慎重に見ていると思います。暴力団などを連想してしまうこともあるため、刺青をしているというだけで審査に不利に働く可能性もあるのです。刺青をしているだけで暴力団と考えてしまうのは、かなり短絡的かもしれませんが、担当者が独自の判断をして、貸さないほうが良いだろうと思ったときには、他の条件が特に問題ないとしても、今回は貸し出しをしないということもあるのです。

だから、何で審査に通らないのか?不思議でしょうがない場合には、そういう部分が関係している可能性もあるので、キャッシングの会社の人間に怪しいと思われるような格好をしていないか?とか、そういった部分にも気を使う必要があるということです。普通の格好をしていけば特に問題はないと思いますが、派手すぎる格好や宝石や高そうなバッグなどを身に付けて来店したりするというのも同様の結果を生む可能性があるので、一般的な普通の格好や見た目を意識してお店に向かってください。