カテゴリー別アーカイブ: 申し込み

短期の契約社員の人でもキャッシングができる便利な方法

キャッシングを安全にしたいならば計画性をもって利用するといいです。貯金や給料など自分の返済能力をしっかり把握しておけば返済に困るほど使ってしまう心配はないです。多額のキャッシングをする場合はどれくらいの利子がつくかきちんと確認することが必要です。利子を計算して月にどれくらい返済が必要な金額なのかがすぐに分かれば本当にキャッシングをしても大丈夫なのかどうか判断ができます。

正社員ではない短期の契約社員の人はキャッシングができないと思われがちです。しかし契約社員の方でも簡単にキャッシングをする方法があります。それは通販ショップのクレジットカードを利用してキャッシングをすることです。クレジットカードを作る手続きは面倒ではないので1枚でも作っておいて損はないです。

煩わしい手続きをしないでお金を借りたい人にクレジットカードを使ってキャッシングする事をおすすめできます。クレジットカードを持っていない人が急にお金が必要になった時には消費者金融などに行ってお金を借りないといけなくなるので時間がかかってしまい非常に面倒です。まとまったお金がいつ必要になってもよいように、クレジットカードを作ってキャッシングができるようにしておくといいです。

なぜ即日の消費者金融は早めの時間帯が良いか

消費者金融は、即日で入金されるメリットがあります。早さを求めている方々には、大いにおすすめです。
お金を借りたいと思うなら、消費者金融以外にも選択肢はあります。銀行から借りる選択肢もあるのです。

ところが銀行の場合は、どうしても時間がかかります。銀行によって早さも異なりますが、数日ほどかかってしまう所も多いのです。それだけに急いで資金が必要な時は、少々困ってしまう事もあります。
それに対して消費者金融でしたら、即日で手続きを行ってくれますから、大変便利です。
ですから消費者金融はおすすめなのですが、時間に関する注意点もあります。できるだけ早めの時間帯に申し込みするのが良いでしょう。

というのも即日で借りるためには、条件があるのです。たいていはお昼過ぎまでに申し込みを済ませる必要があります。金融業者によっては、お昼頃に申し込み手続きをしますと、間に合わない可能性もあります。
逆に午前中などの早いタイミングで申し込みを済ませておきますと、当日中に借りれる事も多いのです。
まして昼休みに近い時間帯などは、申し込み件数も増えてしまいます。それだけ手続きが長引く事も多いですし、できるだけ早めの時間帯に申し込むと良いでしょう。

総量規制対象外のローンについて

2010年に貸金業法が改正されてから、総量規制という新たな規制ができました。
この規制ができた目的は、カードローンやキャッシングの利用者の借り過ぎによる多重債務等を防ぐことにあり、具体的には年収の3分の1を超える借り入れができなくなったのです。

具体的な数値を上げて解説しますと、年収が300万円の人がキャッシングをする場合、その限度額は100万円までとなります。

しかし場合によっては年収の3分の1を超える借り入れが必要になることもあるでしょう。
そのようなときはどうすれば良いのでしょうか。

多くの資金を借り入れたい時には銀行のローンの利用がおすすめです。
銀行のローンであれば総量規制対象外となっているので、住宅ローンでも自動車ローンでもカードローンでも年収に関係なく借り入れができるのです。

なぜ同時申し込みはいけないのか

キャッシングの申し込みでタブーとされているのが、複数のキャッシングへの同時申し込みです。ブラックリスト入りしてしまうなど、さまざまな情報がネットでは流れていますが、厳密に言えばブラックリストというものは存在しません。

キャッシングの審査の際に必ずチェックされる信用履歴という個人情報には、最近の他社への申し込みの記録も全部載っています。これを見たキャッシング会社は、他社へも同時に申し込みをしていることを知ることができます。

短期間に集中して申し込みをしている人は、ただ単に審査落ちのための保険として複数に申し込みをしているのか、それとも本当に大金を必要としているかのどちらかです。
キャッシング会社からはその区別がつかないので、大事をとって審査見送りにしてしまうというわけです。