金利について」カテゴリーアーカイブ

金利が高いと思われがちな消費者金融のキャッシング

お金に困った時には消費者金融のキャッシングの利用をおすすめします。
消費者金融とその名を聞くと、借りやすいけれど金利が高く返済に苦労するとのイメージを浮かべる方も少なくはないでしょう。

しかし、消費者金融が高金利だったのはずっと以前のことで、現在は法律により金利の上限は20%とまでと決められています。
そのため、利用前に返済計画をきちんと立てておけば、金利により返済に苦労することはありません。

また、消費者金融のキャッシングは借入期間が短ければ短いほど金利が低くなるという特徴があります。
こうした特徴を活かして、財布の中身が寂しくなる給料日の前に借入を行い、給料日になったら全額返済するといった利用の仕方をすれば金利は驚くほど低くなります。5万円以下の借入であれば、金利は数十円程度しかかからないので、手持ちの現金があまりないからといって、時間外にキャッシュカードで現金を引き出すよりもずっと安くすみます。

そして、返済には24時間利用可能なコンビニのATMを利用することが出来るので、たとえ大きな借入をしても、お金に余裕があるときに最寄りのコンビニのATMから少しずつ多めに返していけば、結果的に低い金利で利用することが出来ます。

現在の消費者金融のキャッシングはこのように金利の上限が決められているため、誰でも安心して利用出来るサービスとなっています。

レイクALSAは180日間の無利息期間がある

レイクALSAでは180日間無利息になるようなサービスがあるのですが、これは5万円までの範囲とはなっているものの、かなり魅力的でしょう。

しかも、この5万円までというのは、借入額が5万円までのケースではなくて、5万円までの範囲でということになります。

つまり、10万円分を借りたときには、そのうちの5万円に関しては180日間利息がかからないということになるのです。

だから、借入金額がかなり少ないときには、借りた金額のほとんどが180日間無利息という状態になるので、メリットとしては相当な大きさになります。ならでは

レイクALSAならではのメリットになるので、このサービスはぜひ多くの人に検討してもらいたいと思います。

初回の利用は無利息期間を有効活用

「すぐに返済できるあてはあるけれど、いますぐお金が必要」

「あまり利息を払いたくない」

こんなかたにお勧めなのが、消費者金融のカードローンやキャッシングです。

消費者金融では、初回の融資に限り、一定期間無利息で借りられるというサービスを設けているところがあります。

その期間内に返済すれば、初回の借り入れにかかる利息は0円。

これは、かなり便利ですよね。

なるべく利息は抑えたいという人にはぴったりです。

無利息サービスがあるかどうか、また、その期間はどのくらいなのか、という部分については申し込み・契約の際にしっかり確認しましょう。

便利な消費者金融のカードローンやキャッシング、うまく、おとくに利用したいものですね。

アイフルの無利息キャッシングの詳細やメリット

大手消費者金融のアイフルでは同社のカードローンを初めて契約する人を対象に最大で30日間無利息キャッシングができるサービスを実施しています。このサービスの詳細やメリットを解説していきます。

無利息キャッシングの対象となるのは無担保型のカードローンのみとなっており、おまとめローンや目的ローンは対象外となっています。無利息キャッシング目的で契約する場合にはくれぐれも契約する商品を間違えないようにすることが大切です。

無利息期間は契約日の翌日から30日間となっており、この期間内であれば再融資を受ける場合でも無利息で借入ができます。契約日当日は無利息期間に含まれないので、利息を0円としたい場合には契約日の翌日以降にキャッシングをするようにしましょう。

利息によってキャッシングで借り入れたお金を返済する負担が変わってくる

キャッシングでお金を借りますと、返済の時に利息が発生してきますが、これは消費者金融会社が審査時に借入利率から計算して決定します。その為、多くの人々が借り入れた金額に応じて利息による負担が加算されていく事になります。利息を減らしたいのであれば、借入利率が低いキャッシングを選ぶか、初回利用を条件にしている利息ゼロのキャッシングを利用するかを選択する必要があるでしょう。

利息で消費者金融会社を選ぶ事で、ユーザーは無理をせずに計画を立てて使っていく事が出来ます。キャッシングは限度額が設定されていますが、その限度額まで借り入れができ、期日までに利息を付けて返済する仕組みです。限度額いっぱいまで使ったり、何度も利用したりといった事が可能ですが、その借り入れた額に応じて利息が発生する事に注意が必要です。

キャッシングの金利と限度額の悩ましい関

キャッシング業者の貸付条件を見てみればわかりますが、金利も限度額もかなり大きな範囲が設定されています。例えば、金利が2%?18%とか限度額が10万円から500万円といった具合です。限度額はそれぞれが必要な金額がありますが、金利についてはすべての人が安いほうがいいと思うことでしょう。

しかし、先程の例で言えば2%の金利は500万円の限度額の設定であり、20%の金利は10万円の限度額の設定になることがほとんどです。では500万円の限度額があれば安く借りられますが、よほどの実績や返済能力がなければ500万円の限度額が認められることはありません。借入側では金利を決めることはできないということになっているのです。

金利のやすさは信用の高さの証である。

キャッシングにおいて金利というのは安いほどいいものですが、基本的に金利が安いというのはそれだけ返済される見込みがあるからこそ

貸付が出来てなおかつ収益が見込めるから安くなっているのです。

逆に、金利が高いところは借入がしやすいけれど、信用性としてはかなり低いため、貸し倒れがあったときなどの補填のために

金利というのはかなり高く設定されているわけであります。

返済能力がどうしても低いと、その分何かで補填しないとなかなか厳しいのです。

借入が難しいときには、金利面は高くなってしまうのはやむをえないといえるでしょう。

少しでも金利の安いところを選ぶのであれば、返済実績や返済の夜区を上げるのが一番遠くて近い道なのであります。

キャッシングは無利息期間を上手に活用しよう

必要なときにすぐにお金を借りることのできるのがキャッシングの大きな魅力です。

キャッシングでは担保も保証人も要らないので、急にお金が必要になったというときでも身分証明書のみで簡単に申し込みの手続きをすることができるからです。

もしも、キャッシングの申し込みの際に担保や保証人が必要だとしたら、申し込んだその日のうちにお金を借りるなんて言うことは不可能に近いことでしょう。

ただし、キャッシングでは担保も保証人も要らない代わりに貸付金利が高いというデメリットな面があります。

しかし、キャッシングの業者の多くはお金を借りた一定の期間内であれば無利息となっているので、この無利息期間を上手に活用すれば利息を支払わすに必要なお金を借りることができます。

カードローンは金利が低くても利息がかさみ易い?

銀行や消費者金融のカードローン、クレジットカード会社のキャシングは利用限度枠内であればいつでも借り入れが可能です。そのため、冠婚葬祭や急な出費でも現金を調達することができるため、便利です。
ですが、如何に金利の低いカードローンでも返済方法により、発生する利息がかさみ易いといったデメリットや完済前に追加借り入れをしてしまうなど、返済負担が増加するケースもあり、自己破産者の増加要因ともなっています。

そもそも、カードローンの特徴は利息が日割り計算されることであり、短期間の借り入れであれば、少ない利息で借り入れが可能です。しかし、目的ローンとは異なり、契約時に返済期間が確定しない、また利息も確定しないといった特徴もあります。
その結果、目的ローンに比べて高い利息を返済することになり、中長期的な借り入れでは低金利であるメリットは少なくなってしまいます。そのため、現金を借り入れする際は、利用目的に合ったローンを契約することが重要です。

また、返済管理をしっかりとするためには高額な借り入れほど、追加借り入れの出来ないものを選ぶのが得策となります。
追加借り入れが出来るほど、キャシングに頼ってしまうリスクがあるため、常に利用出来る状態にしたい方は1年間で完済出来る分の利用限度枠に設定するのがおすすめであり、総返済額の増加抑制に効果があります。

金利と無利息期間サービスは重要

生活費が不足したりしてどうしてもお金を借りたいという状態になってしまったらキャッシングを利用してお金を借りる方法があります。その時のキャッシング業者選びなのですがすぐお金を借りたいため即日融資可能だけで判断してしまうと返済で苦労してしまう事があります。いくら急いでいるとはいえ業者の事はある程度調べておく必要があります。

キャッシング業者を選ぶ時に何を基準にして選べがいいのかというと金利と無利息期間のサービスあるかという点は急いでいても確認してもらいたい点です。キャッシング業者は基本的に金利が高く設定されています。その中でも即日融資が可能な消費者金融の金利がより高く設定されているので、即日融資可能だからといってむやみにお金を借りてしまうと返済の時に利息が多く付いてしまうので大変になってしまいます。しっかり金利がどれくらいに設定されているかは確認しておかないと後々困ってしまいます。また消費者金融の中で無利息期間のサービスを提供している業者があります。

金利が高く設定されているのでこのサービスがあれば返済額がその分少なくなるので断然お得です。消費者金融を選ぶ場合は出来るだけ無利息期間サービスが提供されている業者を選ぶ事をおすすめします。もし無利息期間サービスが提供されていない場合は消費者金融より金利の設定が低い銀行カードローンを検討してその中で早めにお金を借りられる業者を選ぶと良いでしょう。

キャッシングを利用する場合は一歩間違えると大変な事になる可能性もあるので業者選びもいろいろ比較しながら選びましょう。