限度額」カテゴリーアーカイブ

利用限度額の上限は何で決まる?

キャッシングに申し込む際には希望する限度額を申請します。ただ、希望通りの金額が必ずしも通るというわけではありません。限度額の上限を決めているのは本人の信用力と総量規制なのです。

本人の信用力

収入、職業、雇用形態、家族構成、居住形態など、本人の属性によって信用力は変化します。また、現在の借り入れ状況や過去の利用実績も信用力に多大な影響力を与えます。本人がどういった金額を希望しようと、限度額の上限は信用力によって決まっています。この上限を超えた金額を希望しても、減額されたうえで契約することになります。また、上限よりも低い金額を希望した場合、キャッシング会社の側から増額のお誘いが来る場合もあります。

総量規制による制限

信用力とは別の方面から限度額を縛っているのが総量規制による制限です。消費者金融や信販会社からの借り入れは、全社合わせて年収の3分の1までとなります。貸金業法による制限のため、キャッシング会社がどれだけ融資をしたくてもこの上限を超えての融資は不可能なのです。ただ、銀行や信用金庫の融資はこの上限には含まれません。総量規制の上限が厳しいときは、総量規制外の銀行や信用金庫のカードローンを利用するという手もあります。