消費者金融の限度額っていくら?

融資を受けたい場合に消費者金融だといくらまで借りることができると思いますか?実際に利用するにあたり、いくらまで借りることができるのかは非常に気になるポイントですよね。

実は明確な取り決めがあって、総量規制で、貸金業者は年収の1/3までしか貸付してはならないと定められているのです。そしてそこからさらに、各金融機関の審査により実際の借入限度額が決定されることになります。

限度額に影響のある項目としては、年収はもちろんのこと、職種、家族の有無、他社からの借入などの有無など、様々な事柄から決定されます。学生や主婦でもパートやアルバイトによって安定した収入があれば審査は通ることが可能になっていますが、正規雇用社員よりは限度額が低くなる傾向にあるのもそのためです。

逆に社員として働いていても例えば公務員のようなより安定した仕事に就いている方ですと、借入可能な限度額も高くなります。ただしその場合であっても年収の1/3を越えることはないため、あくまで消費者金融毎の判断で引かれる額が減るという意味です。

限度額については、返済をしっかり続けて行っていたり融資を受けた金融機関から信頼を得られれば増えることもあるため、計画的に借入をしてしっかり返済していくことが大切になります。