キャッシング先は細かく比較しよう

キャッシング先を決める時に、最も気にするのは金利という人が多いです。しかし、金利にばかり目が行ってしまうと、思わぬ所で失敗することがあります。金融業者によって、返済日について柔軟性が異なるので、信販会社が行っているカードローンでは、最初から毎月27日や10日といった指定日のみに決められてしまうケースが多いです。一方、消費者金融の中には、5と0の付く日の中から返済日を選べる会社があり、中には任意の日を好きに指定出来る会社まで登場しています。終身雇用制度が崩れている現代の日本では、転職がいつ発生するか分からないので、転職後も給料日が同じとは限りません。返済日に柔軟性が無い金融業者を選んでしまうと、転職後の返済が毎回給料日前という拷問のような状態になりかねません。

また、返済方法についても随時返済をいつでも自由に出来る金融業者を選んでおけば、元金を早期に減らすことが可能です。信販会社の中には随時返済を事前申告制として、随時返済額を入金した日に処理せず、約定返済日を待って返済したことにするという方式を採用している所があります。元金に対して利息が日割りで付くので、元金返済日が1日送れるごとに余計な利息が生まれてしまうわけです。