カードローンは金利が低くても利息がかさみ易い?

銀行や消費者金融のカードローン、クレジットカード会社のキャシングは利用限度枠内であればいつでも借り入れが可能です。そのため、冠婚葬祭や急な出費でも現金を調達することができるため、便利です。
ですが、如何に金利の低いカードローンでも返済方法により、発生する利息がかさみ易いといったデメリットや完済前に追加借り入れをしてしまうなど、返済負担が増加するケースもあり、自己破産者の増加要因ともなっています。

そもそも、カードローンの特徴は利息が日割り計算されることであり、短期間の借り入れであれば、少ない利息で借り入れが可能です。しかし、目的ローンとは異なり、契約時に返済期間が確定しない、また利息も確定しないといった特徴もあります。
その結果、目的ローンに比べて高い利息を返済することになり、中長期的な借り入れでは低金利であるメリットは少なくなってしまいます。そのため、現金を借り入れする際は、利用目的に合ったローンを契約することが重要です。

また、返済管理をしっかりとするためには高額な借り入れほど、追加借り入れの出来ないものを選ぶのが得策となります。
追加借り入れが出来るほど、キャシングに頼ってしまうリスクがあるため、常に利用出来る状態にしたい方は1年間で完済出来る分の利用限度枠に設定するのがおすすめであり、総返済額の増加抑制に効果があります。

銀行カードローンのメリットについて

銀行カードローンのメリットは、カードローンの中では低めの金利に設定されているところです。だいたいの銀行が15%未満となっています。消費者金融では上限金利が18%と設定されているところが多いのを見るとかなり低めに設定されています。

基本的にどこのカードローンも借入額が大きくなればなるほど金利が下がる傾向にありますが、銀行ローンでは上限金利が低く設定されているため、100万円以上借りると10%を切ってしまう金利になるところが多くあります。

もうひとつ銀行カードローンのメリットは、裁量規制外であることです。日本の法律では裁量規制という賃金業法にあるのですが、申込者の年収3分の1しか借入できないということになっています。この裁量規制は、消費者金融、信販会社、クレジットカード会社などが対象になるのですが、銀行ローンは対象外になっています。

そのため銀行カードローンは利用限度額が高く、800万円から1000万円という銀行が多くあります。借入できるのかは申込者の年収や勤務会社などの個人情報、銀行との信頼関係になるので、利用限度額の最高額を借り入れできるかはわかりませんが、消費者金融や信販会社より利用限度額が高いのは銀行カードローンです。

長期間のアルバイトでなくてもキャッシングは可能

消費者金融でのキャッシングは基本的には、職業と収入とが安定していれば利用できます。したがって正社員ではなくアルバイトをしている人でも、ひとつの職場で長く働いていて、毎月の収入に極端なばらつきがなければ、キャッシングの審査に通過できると言えます。逆に言えば、頻繁に職場を替えている人や、収入があったりなかったりする人では、キャッシングの審査通過は難しいということです。

しかし消費者金融によっては、それほど長期間のアルバイトでなくても、審査に通ることがあります。たとえばアルバイトを始めてからまだ2ヶ月という場合でも、約60日は辞めずに続けていたわけですから、ある程度は職業が安定しているとみなされるのです。
またキャッシングの申し込みの際には、年収を伝える必要がありますが、この年収は月収の12倍の数字にすることができます。たとえまだ2ヶ月しか働いていなくても、12ヶ月分働くことを想定して、伝えることができるのです。

そして消費者金融では、想定年収の約3分の1までのお金をキャッシングできます。2ヶ月しか働いていなくても、その給料を上回る額のお金を貸してもらえる可能性があるわけです。
そのため、まだ長期間働いていないという人でも、お金に困っている場合はキャッシングの申し込みをしてみる価値があると言えます。

どこの銀行のカードローンが良いのか?銀行のカードローンの選び方のポイント

銀行のカードローンは総量規制対象外ということもあって、多くの人に利用されていますが、同じ銀行のカードローンにも大手銀行や地方銀行をはじめ、信用組合や信用金庫なども独自のカードローンを商品として扱っています。実際にカードローンをつくるのであれば、急な出費にあわせて慌てて契約をするよりも、事前に備えておくという意味でもきちんと各カードローンの特徴を知っておく必要があります。
基本的に銀行や信用金庫などのカードローンに個々の特徴はありますが、金利や申し込める資格などに多少の違いはありますが、大きく違いがあるわけではありませんので、理想を言えば、自分の利用している銀行のカードローンを利用するのが最も自然なスタイルだといえます。

銀行のカードローンの審査の時には当然銀行との取引き状況なども加味される事が考えられますので、より多くの取引を行っている銀行を利用する事が理想だといえます。
しかしながら、使い勝手という事を考えると必ずしも答えはひとつに決められるものでもありません。近年のカードローンの多くはコンビニにあるATMで借入れや返済を行うことができるようになっていますが、この時に手数料がかかったり、利用時間に制限があるという場合は、他の銀行のカードローンなどを検討する事も視野に入れても良いのかもしれません。

めったに使う事がなく、ゆとりを持って平日に自分の利用している銀行のATMで借入れをするという人であれば、自分の利用している金融機関のカードローンを第1希望にすると良いと思いますし、緊急でお金が必要になりやすい人や、借入と返済を頻繁に行うという人であれば、コンビニのATMが利用できて、手数料も無料の銀行カードローンに申し込むと使い勝手の良いカードを所有する事ができます。

キャッシング先は細かく比較しよう

キャッシング先を決める時に、最も気にするのは金利という人が多いです。しかし、金利にばかり目が行ってしまうと、思わぬ所で失敗することがあります。金融業者によって、返済日について柔軟性が異なるので、信販会社が行っているカードローンでは、最初から毎月27日や10日といった指定日のみに決められてしまうケースが多いです。一方、消費者金融の中には、5と0の付く日の中から返済日を選べる会社があり、中には任意の日を好きに指定出来る会社まで登場しています。終身雇用制度が崩れている現代の日本では、転職がいつ発生するか分からないので、転職後も給料日が同じとは限りません。返済日に柔軟性が無い金融業者を選んでしまうと、転職後の返済が毎回給料日前という拷問のような状態になりかねません。

また、返済方法についても随時返済をいつでも自由に出来る金融業者を選んでおけば、元金を早期に減らすことが可能です。信販会社の中には随時返済を事前申告制として、随時返済額を入金した日に処理せず、約定返済日を待って返済したことにするという方式を採用している所があります。元金に対して利息が日割りで付くので、元金返済日が1日送れるごとに余計な利息が生まれてしまうわけです。

アルバイトが消費者金融の審査が通る2つのポイント

アルバイトは正社員に比べて収入が少ないので消費者金融の審査も落ちてしまうと決めつけてしまう人が多いです。
それで金欠の状態のまま生活を送っている人が多いですが、アルバイトでも消費者金融を利用してお金を借りる事が出来るので審査に落ちてしまうと決めつけてしまうのは良くありません。
そこでアルバイトが消費者金融の審査が通るにはどのような点がポイントになってくるのか見ていく事にしましょう。

・一定の収入がある事を証明する

消費者金融は安定した収入がある人が利用対象となっているのでアルバイトが審査が通るようにするには一定の収入がある事を証明する事がポイントになってきます。週に4~5日働いて収入を得ていれば一定の収入がある事を証明する事が出来ます。

・収入に見合った借入希望額を申請する

消費者金融に申し込みをする時に借入希望額を申請しますが、収入に見合っていないと業者側が返済する事が出来るのかと疑問を持ってしまいます。それで審査が不利な状況になってしまうのでアルバイトの場合は収入に見合った借入希望額を申請して業者側が安心してお金を貸せる状況を作っていく事がポイントになってきます。それにより審査が有利になって通る可能性も高くなります。

総量規制対象外のローンについて

2010年に貸金業法が改正されてから、総量規制という新たな規制ができました。
この規制ができた目的は、カードローンやキャッシングの利用者の借り過ぎによる多重債務等を防ぐことにあり、具体的には年収の3分の1を超える借り入れができなくなったのです。

具体的な数値を上げて解説しますと、年収が300万円の人がキャッシングをする場合、その限度額は100万円までとなります。

しかし場合によっては年収の3分の1を超える借り入れが必要になることもあるでしょう。
そのようなときはどうすれば良いのでしょうか。

多くの資金を借り入れたい時には銀行のローンの利用がおすすめです。
銀行のローンであれば総量規制対象外となっているので、住宅ローンでも自動車ローンでもカードローンでも年収に関係なく借り入れができるのです。

学生時代にキャッシングをしていた

大学進学で実家を離れて、一人暮らしを始めたのですが、学生時代は何かとお金がかかるので、勉強はそこそこにバイトに明け暮れていました。大学まで行かせてもらったという思いが強かったので、生活費は親に迷惑をかけないように、自分自身で稼ごうと思っていましたので、生活費や交際費は全てバイトで稼いでいました。月10万円くらいの稼ぎだったのですが、ほぼ毎月使い切るかたちで、中々貯金まではままならない状況でした。そんな中、仲のいい友達に子供ができて若くして結婚することになりました。

親友でしたので、盛大にお祝いをしてあげようと思ったのですが、お金がなかったので、キャッシングで借りようと思いました。ただ学生ということもあり、駄目もとでいろんな会社に電話してみたのですが、20歳以上で安定した収入と返済能力があれば、申込できますよといわれたので、一度審査をお願いしました。幸い過去にお金に苦労したことはなかったので、他での借金や長期遅延の経験もないこともあってか、学生だったにも関わらず、10万円のキャッシングができました。一番ヒヤヒヤしたのは、実家の両親にばれないかというところだったのですが、無人契約機で契約して、その場でカードを受け取れたので、ばれることはありませんでした。

無職の方がお金を借りられるのか?

無職の方こそお金が必要です。しかし無職の方がお金を借りられるのでしょうか?無職といっても、いろんなパターンがあります。タイプ別にお金が借りられるのか考察します。

まず全くの無職の方は、真っ当な金融機関では絶対に借りられません。例え資産が1億円あったとしても、安定した収入がある方しか貸してもらえないのです。では審査が甘いと言われる街金ではどうでしょう?答えは同じで、こちらも安定した収入がなければ門前払いとなるでしょう。唯一借りられるのが、闇金です。しかし法外な金利と厳しい取立があることは覚悟しておいた方がいいです。つまり闇金では、絶対に借りてはいけないのです。

次に無職の代表と言えば、専業主婦の方です。最近は専業主夫の方も増えています。専業主婦(夫)の方は、大手消費者金融では絶対に借りられません。総量規制により、本人に収入のない専業主婦(夫)の方には、消費者金融では貸せないと決められているからです。ただし配偶者貸付制度があり、配偶者に収入があれば街金では貸してもらえるところがあります。それよりも銀行カードローンなら、専業主婦(夫)も貸付対象としているので、そちらの方がいいでしょう。

次に年金受給者も社会的には無職です。大手消費者金融では年金という収入があっても貸してもらえません。しかし審査の甘い街金なら、貸付対象としているところもあります。銀行カードローンも年金受給者を貸付対象としているところも少ないのですが、地方銀行カードローンなどでは貸付対象としています。

このように完全に無職の方以外は、それなりに貸してもらえる金融機関はあります。間違っても闇金で借りてはいけません。

アルバイトでもキャッシングを利用できるの?

キャッシングを利用する為の条件となるのが、本人が働いており、安定した収入を得ている事です。

安定した収入と聞くと、公務員や正社員をイメージする人も多いでしょう。

ですが、安定した収入の中には、アルバイトやパートも含まれており、非正規雇用で働いている人でも、キャッシングを利用する事ができます。

ただ、アルバイトの場合、短期バイトの場合は審査に通る事は難しくなります。

アルバイトでもキャッシングを利用したいと考えるのであれば、週に3日以上働く状態を、半年以上持続させておく事が大切です。

正社員の場合は、終身雇用が前提となっている為、働き始めたばかりでも、審査に通る可能性が高くなります。

ですが、アルバイトの場合は、雇用期間が限られている可能性があるだけでなく、すぐにやめてしまう可能性もある為、一定の勤続期間がある事が重要になってきます。

審査に落ちてしまうと、その事が信用情報に記載される為、今後の審査に影響が出てしまう可能性があります。

ですから、アルバイトとして働き始めたばかりの段階であれば、まずは少なくとも半年、可能であれば1年はそのバイト先で働き、その上でキャッシングの審査を受ける事がおすすめです。

キャッシングは、条件を満たしていればアルバイトでも利用可能です。