利用限度額の上限は何で決まる?

キャッシングに申し込む際には希望する限度額を申請します。ただ、希望通りの金額が必ずしも通るというわけではありません。限度額の上限を決めているのは本人の信用力と総量規制なのです。

本人の信用力

収入、職業、雇用形態、家族構成、居住形態など、本人の属性によって信用力は変化します。また、現在の借り入れ状況や過去の利用実績も信用力に多大な影響力を与えます。本人がどういった金額を希望しようと、限度額の上限は信用力によって決まっています。この上限を超えた金額を希望しても、減額されたうえで契約することになります。また、上限よりも低い金額を希望した場合、キャッシング会社の側から増額のお誘いが来る場合もあります。

総量規制による制限

信用力とは別の方面から限度額を縛っているのが総量規制による制限です。消費者金融や信販会社からの借り入れは、全社合わせて年収の3分の1までとなります。貸金業法による制限のため、キャッシング会社がどれだけ融資をしたくてもこの上限を超えての融資は不可能なのです。ただ、銀行や信用金庫の融資はこの上限には含まれません。総量規制の上限が厳しいときは、総量規制外の銀行や信用金庫のカードローンを利用するという手もあります。

アコムの在籍確認は、電話以外の方法でも可能

アコムの審査では、「在籍確認」が不可欠です。

これは、職場に電話をかける形で行われるのが一般的です。

しかし、どうしても職場に電話をかけてほしくないという場合は、「書類提出」という方法を採ることもできます。

では、その方法ですが、在籍確認の前に申込内容の確認などのために1回電話が来るので、その時に、電話ではなく書類で在籍確認をしてほしい旨を伝えればOKです。

提出する書類としては、「社員証」「健康保険証」「給与明細(直近1~2ヶ月分の物)」が求められますが、これらはWebアップロードを使えばすぐに提出できます。

スマートフォンなどで撮った物をそのままアップロードすればよいだけですが、画像がぶれていたりすると、再度提出しなければならないこともあるので注意しましょう。

この方法を採ることで、電話での在籍確認を避けることができますが、在籍確認以外でもアコムから電話が来ることはあります。

一つ目は、「遅延などをしている」。

最初は携帯にかかって来ますが、連絡がとれなければ、職場にかかって来ることになります。

二つ目は、「職場が変更された」。

転勤や転職などで職場が変わると、登録情報を書き換えなければならないので、新しい職場に電話が来ることがあります。

ローソン銀行カードローンは即日融資は可能か?

ローソン銀行では、即日融資ができるのでしょうか? 基本的に、コンビニで少額融資が主なものですから、即日融資も可能な感じにも見えます。

ですが、銀行系のカードローンは、現在自主規制や暴力団関連のデータを紹介するために時間をかけなくてはならないことの影響から、即日融資自体ができないようになっています。

警察にデータを紹介すると、どうしても1日は時間がかなってしまうので、即日融資は難しいのです。

ローソン銀行も例外ではなく、基本的には翌日以降でなければ審査の通過はないと思ってもらうといいでしょう。

即日融資をしたいのであれば、銀行系カードローンであるローソン銀行よりも、消費者金融を利用することをお勧めします。

キャッシングの返済は次の月にしましょう

キャッシングは金利が良いと言っても過言ではないのですが最大にして年利18%というのはそんなに良いのかと思うかもしれませんが、昔はもっと高かったです。そういう意味においてはかなりありがたい部分もあったりするのですがやはり返済の計画がかなりしっかりと立てなければならないといいです。

基本的にそんなに長く借りることを前提にしているタイプの金利ではありませんのでそういう意味において金利が低いということよりも利便性が高いというようなタイプのキャッシング業者の方が良かったりする方があります。そこを意識してどこから借りるのかを考えてみるとよいでしょう。返済は次の月に必ずやる、ということをやると安心できるでしょう。

学生のキャッシングなら消費者金融がベストな理由

デートや飲み会でお金が足りない!学生も今や多くの人がキャッシングを利用しています。学生専用ローン業者もありますが、最もベストな選択が消費者金融のキャッシングです。その理由の一つは親バレ等他人に知られる危険性が少ないこと。大手の消費者金融の場合、自動契約機でカード発行が可能なほかWEB完結がある業者ですとカード発行の必要なく借入可能で、ご自宅へ郵送物が届いての親バレ等心配はありません。

もう一つの理由は無利息期間があることです。キャッシングというと金利が高いというイメージで利用をためらっている方がいらっしゃると思います。しかし、大手ならば30日間無利息という初めての方向けのサービスがあるのです。さらに最低返済額も低く10万円の借入で2,000円から3,000円程度ですので生活への負担は少ないでしょう。学生のキャッシングなら消費者金融がベストです。

キャッシングは、あなたの財布を急速に充電します

ママ友のお誘いや、PTAなどの懇親会は急に決まることが多く、そんなときに限って給料日前であることが多いものです。ちょっと2、3万円ほど都合がつけばいいのですが、うまい金策を考え付きません。少額とは言え、高齢の親に泣きつくのも心配かけそうでイヤだし、かといってせっかく買ったブランドバッグをリサイクルショップなどで現金にするのも損しそうで躊躇してしまいます。

こんなときはキャッシングが便利です。クレジットカードの買い物枠とは別に、現金を用立ててくれる便利な枠があって、数十万円ほどの現金化が可能になっています。銀行系のカードにも付属していることがあり、現金が緊急に必要なとき便利に利用できます。金利が少し付きますが、翌月やまとまったお金が入るボーナス月に払えば負担はそれほどなくて済みます。賢く利用すれば、あなたのエマージェンシーバンクとなってくれる心強い存在なのです。

キャッシングの審査に影響するものとは

キャッシング審査はキャッシングの会社独自の基準があるので、これをしておけば大丈夫という確実なものはないですが、それでも普段からお金に関すること、支払いに関することをきちんとしておけば審査も通りやすくなるということがあるものです。キャッシング会社とは関係ないと思われる携帯の支払いやクレジットカードの支払いなども滞るとブラックリストに載り、キャッシングの審査に影響が出ることもあるので注意です。

同様に通販のつけ払いなどもたまりすぎるとそうした借り入れ時にスムーズにいかなくなることもあるので、収入が多いのにキャッシング会社の審査が通らなかった時は一度普段の自分の行いを見直してみるのもおすすめできます。

消費者金融のキャッシングでは返済時間帯の面で有利

キャッシングを利用するときに消費者金融というのは、選択肢としてありますけど、こういった会社で借りる際には返済時間帯において有利な面があるので知っておきましょう。

一般的に消費者金融でキャッシングを利用するときには、銀行と比べると金利が高い傾向にありますけど、利便性においては充実しており、その1つが深夜などの遅い時間帯での返済が可能という点になります。

働き方によっては、そういった時間帯の方が都合がいいという人もいるはずです。

しかし、消費者金融以外ではそういう時間帯に返済をするのが困難な場合が多く、人によっては金利が高く感じても消費者金融を選んだ方が便利と言えるケースがあります。

また、消費者金融は返済のみではなく、借り入れも深夜に行えるところがあるので、そういった意味でも利便性は高いと言えるでしょう。

カードローンは必要が無くても信用力がある時に作っておくべき理由

キャッシング、カードローンの有用性を理解し、有効活用しているでしょうか?

キャッシング、カードローンに対して、後ろ向きなイメージを抱いていませんか?

キャッシングやカードローンは、考え方と使い方を謝らなければ、これ程便利で人生を豊かにしてくれるものはありません。

是非、あなたの信用力が高い状態で多くの業者から借り入れできるような状況をしておくことがベストです。

多くの業者から借り入れをするためのコツは、一社とあなたの信用力一杯の借り入れ契約をするのではなく、少額の契約を複数の業者とすることです。

そちらの方が後々非常に便利なことが多いです。

信用力がない時に、幾らカードローンを作りたいと思っても、キャッシングを受けたいと思ってもそれは叶いません。

是非、現段階でカードローンやキャッシングを受けられる状態なら今は必要なくても今後の急な出費の為に、融資が受けられる状態を作っておくことは、賢人の取るべき行動と言えるのではないでしょうか。

キャッシング業者の審査内容としては信用力が大事

キャッシング業者からお金を借りる時にはまずはこちらの信用情報などを調べられるということになります。それが審査ということになるわけですがこの審査内容というのが業者によって違うのかといえばほぼ同じようなところを見られます。

但し、どこをボーダーラインにしているのかということが違うのでそこが審査の厳しさということに繋がっています。但し、消費者金融系の場合は当然ですが総量規制というのが引っかかるということになりますので、そこはボーダーラインでも最低限のラインとして定められているのは間違いです。

しかし、最低のボーダーラインさえクリアしていれば良いのかというわけでもなく、業者ごとのどのくらいの信用力があるのか、ということは違うのです。