キャッシングの利用体験談

学生時代の話になりますが、アルバイト代や奨学金だけでは赤字になってしまう月が多くあったので、学生でも作成可能なキャッシングカードを作成することにしました。店舗で作成を行いましたが、簡単な書類の記入、身分証明書の提示、アルバイト先への在籍といった簡単な流れで30分程度で作成が完了しました。

また、返済保証人の設定も必要でしたが、返済に滞ることが無ければ連絡が行かないとのことでしたので私は親の情報を記載しました。アルバイト先への在籍確認は少々不安でしたが、店員さんが違和感なく行っていたので安心しました。作成完了後はATMの操作方法の説明を受け、以降は簡単に現金を引き出すことができるようになりました。収入に応じて限度額の上限を変更することができ、私の場合は学生ということもあって50万円の設定でした。

キャッシングカードを手にしてからは月々の生活が苦しくなる度にお金を引き出し、生活費に補填しました。返済もリボルビング払いが基本となりますので返済に苦しむことはありませんでした。友人の多くも作成していましたが、中には返済に苦しむ人間もいましたので、収入と支出のバランスさえ崩さなければ日々の生活を豊かにしてくれるアイテムだと思います。

おまとめローンの利用の際の注意

複数の借金をまとめて一本化するおまとめローンは、返済の管理を楽にすると共に、大きな借り入れになることで金利を下げられる可能性も高いという特徴があります。

このおまとめローンを組むことで生じるデメリットはまず無いので、借金の完済を目指す人にはとてもおすすめですが、銀行のカードローンをおまとめローンとして利用する際には注意が必要になります。

消費者金融と銀行では審査の際に参照する信用情報が異なります。よって、複数の消費者金融からの借り入れを銀行のカードローンでまとめてしまうと、消費者金融からの借り入れは全く無いという状態になります。それによって、再び消費者金融から借り入れが行えるようになってしまうのです。

消費者金融には総量規制という規定が適用されるので、合計して年収の1/3を超える借り入れは行えません。ですが、銀行のカードローンの利用額は関係ないので、このようなことができてしまいます。

つまり、消費者金融各社からの借金を銀行でまとめてしまうと、更に借金を重ねてしまう可能性があるということです。おまとめローンに銀行を利用する際にはこれには注意しないといけません。折角一本化をしたのに更に借金をしてしまっては、いつ完済できるか分からなくなってしまいます。

最近ではこの問題が世間でも取り沙汰されており、完済を目指したおまとめローンで銀行を利用する際には、もう消費者金融は利用しないという決意が必要になります。完済した消費者金融とは解約を行い、カードも全て処分してしまいましょう。

尚、消費者金融のおまとめローンを利用すると、その後消費者金融からの借り入れは難しくなります。どこかでおまとめローンを組んだという情報が信用情報に記録される為です。更なる借金を重ねない為にはこちらの方がいいかも知れませんが、銀行より金利が高くなることが多いのが欠点です。

消費者金融と銀行のおまとめローンにはこのような違いがあります。自分に合っていると思う方を選択することが大切になります。

キャッシングの融資額について

数十万のお金を、一日で用意するというのは、かなり大変です。しかしキャッシングを利用すればカンタンに実現してしまいます。

キャッシングでは融資額がそれぞれ人によって違います。同じ会社を利用していたとしても、審査が行われた段階でどれくらいの金額を融資してもらえるかが決まります。

たとえ、申し込みの際に希望の融資額を書いていたとしても、審査によって減額されることもよくあることです。ですから、それを見越して少し高めの融資希望額を申告するひともいるくらいです。

基本的には数十万円程度のお金が借りられるのであれば、全く利用で困ることはないでしょう。初めてキャッシングを利用する人や、収入が少し低い人の場合には10万円程度の融資枠からスタートすることが多いです。

ですから、何社も申し込みをして10万円を借りて回るということもよく行われています。基本的にはリボ払いでキャッシングの返済は行われます。一括で返済をするというのは、結構レアケースで、自分の生活の余裕を保ちながら返済をするというスタイルが理想的です。

特に友人などには借りられないような大金を、その場で工面することができるキャッシングは、人生の様々な場面でのピンチを助けてくれる重要なサービスなのです。

カードローンでなんとか個展の費用を用意できました

仲間内で撮り貯めた写真がかなりの数になってきて、良い感じのものが揃ってきたのでここら辺で個展でも開こうという話になりました。
その時は話しが盛り上がり、日程や作品数など細かい事を色々決めて、手付金を払ってから気が付きました。
かなりのお金が必要な事に。

複数人での個展なので、割り勘とはいえ私には大金でした。
さすがにこの年で個展の為に親にお金を借りるというのは恥ずかしいですし、他に借りる当ても無いので駄目モトで銀行のカードローンに申し込んでみました。
一応定職に着いていますし、何とかなるだろうという気持ちが強かったのですが、残念ながら審査に通りませんでした。

原因が何なのかはわかりませんが、うだうだ言っている暇はないのでその足で消費者金融へカードローンの申し込みに行きました。
希望額は先ほどと一緒です。
先ほど一度落ちているのに、今思えばかなり強気ですね。

そんな私ですが、消費者金融の方は審査に通りました。
ここが駄目だったら他に借りる当ても無いのでどうしようかと思っていたのですが良かったです。

後から聞いた話ですが、この時の個展のメンバーはみんなお金を用意するのに消費者金融のカードローンを利用したそうです。
私たちのようなアマチュアカメラマンにとって、消費者金融は無くてはならないものなのかも知れません。
これからもお世話になります。

専業主婦にも優しいカードローン「レイク」

最近注目を浴びているカードローンですが、実際に契約を迷っている方も多くいるかもしれません。私もカードローンについての知識がなかったのですが、調べてみると主婦にも優しいカードローンがあることを知りました。それが新生銀行のカードローン「レイク」です。

レイクの強みは専業主婦でも申し込むことができる点です。借入枠は少額になりますが、必要なのは本人確認書類のみ、面倒な手続きも必要ありません。私はインターネットを介して申し込み、仮審査を無事に通過した後、近所の無人の自動契約機で契約を完了しました。

仮審査を通過した際には、「レイク」の担当者から電話で、近所の自動契約機のある場所を案内していただけました。こういった厚いサポートのおかげでカードローン契約への不安は解消されていきました。無人の自動契約機はプライバシーが保護された個室スペースで行われます。

モニター画面の指示に従って操作をするだけなので、初めて訪問した私でも難しい作業はなく、スムーズに契約まで辿り着けることができました。「レイク」の素晴らしいところは近くにあるコンビニのATMからいつでも借り入れ、返済することができ、手数料がかからないところです。「レイク」は家計のやりくりが苦しい主婦にも嬉しいカードローンです。

キャッシングは計画的に使えば安全

キャッシングは悪、のようなイメージがありますが、CM等のコピーにある通り

計画性を持って使えばとても安全なものです。

どうしてもお金が必要、そんなとき次の給料日まで少しだけお金を借りる、すぐに

返済すれば大大丈夫なんです。

おすすめするものはクレジットカードを持っているならそのカードのキャッシングを使う。

WEBで申し込めば、時間にもよりますが当日、翌日に指定の口座に振り込まれます。

一番早いのはクレジットカードを提携先ATMで利用して必要金額をおろすこと。

コンビニ等で24時間使えますのでいざ、という時安心ですね。

返済もATMでカードから入金することをおすすめします。

これなら手持ち金が出来た時にすぐに返せば必要以上に利息を取られることもありません。

もう一つおすすめなのが銀行のカードローン。

いざ、とういときのためにキャッシュカードにカードローン機能を付けておくと便利です。

ATMで簡単に手続きもできます。

また、カードローンは大手都市銀行、地方銀行等実店舗の銀行カードよりもネット銀行の方が

利息が安いです。

なので、ネット銀行のローンカードを作っておくと意外と便利なんです。。

もし今自分の使っている都市、地方銀行のローン残高があればネット銀行のカードローンから

借り換える、というのも一つの手です。

どちらにしてもATMでカードを使ってすぐ返す事が出来るので、借りたらすぐ返す、を

モットーに計画性を持って利用しましょう。

キャッシングで増額申込みをする利点

キャッシングは、限度額内であれば、何度でも融資を受ける事ができ、使用用途も制限されていません。その為、急に融資が必要になった時にキャッシングを利用しますと、ユーザーは便利に使えるでしょう。

しかし、限度額が足りないといった場面に遭遇する事もあります。そのような時の為に、消費者金融会社では増額という仕組みを用意しています。増額申込みをするには、今利用している消費者金融会社のキャッシングの利用状況が重要になってきます。

増額申込みをしますと、消費者金融会社側で審査を実施します。この審査を通過すれば、キャッシングにおける限度額の増額が行われ、ユーザーは増額された分の限度額まで融資を受けられる環境を整えられます。

完全に無職の人がカードローンを契約する方法

専業主婦や年金生活者ではなく、完全に無職の人はカードローンを絶対に契約できません。どのカードローンも安定した収入があることが申し込み条件だからです。では嘘をついて働いていることにしたらどうでしょうか?

例えば世の中にはアリバイ偽装会社というものがあります。主に風俗嬢などが普通の会社に働いていることにするために、電話などの対応を行ってくれる会社です。もし無職の人が本人確認を運転免許証で行い、在籍確認をアリバイ偽装会社にお願いしたら、嘘の会社に在籍していることになり契約が可能です。

しかしバレた時が大変です。金融機関に詐欺で訴えられるかもしれませんし、支払えなくなった場合は自己破産できない可能性が高いです。ですからアリバイ偽装会社を使って契約するなら、絶対に滞納しない覚悟が必要です。

もし返済を延滞してしまったらどうなるか

昔はあまりいいイメージのなかったカードローンですが、近年では様々な会社がサービスを競い合って非常に利用しやすいものになりました。プロミスやアコムなどでは初回限定で1ヶ月は利息なしでお金を借りることができたりもするほど、気軽に利用できるようになっています。またインターネットの普及により申込みの手続きも画像データを送信するだけでいい場合もあり、それによって早ければ申請したその日のうちに借り入れすることができるくらいです。

ただやはり心配なのが、返済に関することだと思います。もし返済できなかったらどうなるかなど、実際に返済できなかった体験でもしないかぎりなかなかわかりませんし、そのような場合はこうなりますなどとはなかなか書かれていません。

まず心配なのが、恐い人が取り立てになどというイメージもあると思いますが、一般的にちゃんとした金融機関から借りていればまずありません。大手でしたら電話もこずハガキが1通届くだけという場合もあります。

どうしても返済期限に間に合わない場合もあると思いますし、それをくんで対応してくれるのはとても嬉しいです。ただいずれにせよ、担当者に返済が遅れる旨を伝える必要はあります。事情を話せば支払いを忘れているわけではないことが伝わり催促もストップできるので、必ず連絡はするようにしましょう。またこの期間も基本的には利息や延滞料などがかかります。できるかぎり事前に計算して遅れることなく返済するのが一番ではあります。

This entry was posted in 返済 by .

条件付きで即日融資に対応してくれる低金利の銀行カードローン

即日融資に対応しているキャッシング業者は消費者金融になりますが金利が高く設定されているので利用するかどうか悩んでしまう事が多いです。アコムやプロミスは初めて利用する人を対象に30日間無利息というサービスを提供しているので初めて利用する人で少額の借り入れであればそれほど問題ありません。しかし何度か利用した事があって30日間無利息というサービスが適用されない人には大きな問題になってしまいます。

銀行カードローンの場合は金利が低く設定されているのですが審査が厳しいので時間がかかるし融資を受けるのも遅れてしまいます。そのためすぐお金を借りたい人には向いていません。そこでどうすればいいのか悩んでしまいますが、実は銀行カードローンの中で即日融資に対応している業者があるのです。

即日融資に対応している銀行カードローンは新生銀行カードローンレイク、三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの3社です。しかし新生銀行カードローンレイクの場合は最高金利が18%となっていて消費者金融と同じぐらいなので除外した方がいいでしょう。三井住友銀行カードローンと三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは日本を代表する銀行で最高金利も約14.5%で設定されているのでおすすめです。しかし即日融資が可能な条件として両社とも店内に設置されている契約機で申し込まなければいけません。そのため契約機まで出向かなければいけないという手間はかかってしまいます。