キャッシングは早く返済するほど利息が少なめに

キャッシングの金利は、借り入れ金額が100万円未満なら18%が上限です。10万円を借り入れした場合は、1万8千円の利息を加算して返済しなければならないということです。

1万8千円を高いと感じる人もいますが、これは1年間借り続けた場合に発生する利息です。つまり1ヶ月で返済すれば、利息はその12分の1で済むわけです。1万8千円の12分の1は1500円ですから、負担は少なめと言えます。この負担で1ヶ月間10万円を自由に利用できるわけですから、これがキャッシングの大きな魅力と言えます。

もちろん1ヶ月よりも早く返済した場合、利息の負担はさらに少なくなります。1ヶ月の約3分の1の10日で返済した場合は、やはり利息も約3分の1の500円となるのです。

このようにキャッシングの利息は、返済が早ければ早いほど安くなります。そのため給料日の前など、返済可能となる日が近くなってから利用するという人も少なくありません。

近日中には返済できないという場合には、借り入れ前に、消費者金融の公式サイトなどにある返済シミュレーターを使うことが大事です。借り入れ希望金額および返済予定日を入力すると、利息を加えた返済額が自動計算されるのです。これを参考に、負担にならない程度の利息が発生する金額の借り入れをするわけです。

This entry was posted in 返済 by .