キャッシングの審査にかかる最短時間に関する注意

キャッシングの会社のホームページには審査にかかる時間について言及されていることも多く、最短何分で終わるといった記述があると思います。審査にかかる時間が短いことは誰にとっても望ましいので、そういったところでお客さんを集めようとしているところも多くあります。

だからこそ、各社審査にかかる時間を少しでも短くしようと頑張っていますし、その結果最短30分とか、そういった数字が書かれているケースも多くなっているのですが、ここで注意してほしいのはその数字が全ての審査にかかる時間を表しているとは限らないことです。

審査は会社によっては2段階に分かれており、仮審査と本審査にわたる場合があります。仮審査というのは、ほとんど足きりみたいなもので、明らかにダメな人、総量規制によって貸すことができない人など、そういうケースを見ていることが多いので、これを突破するのは難しくありません。

ただ、審査にかかる時間は短いですし、この仮審査にかかる時間を最短何分とホームページなどに明記している会社も中にはあるとされているのです。だから、本審査も合わせた審査全ての時間は、もっと長いという場合も考えられるので、注意が必要になります。実際、ホームページに書かれている時間が審査全てにかかる時間だとしても、それは最短ですから、それだけの時間で全て済んでしまうケースは限りなく少ないと思った方が良いでしょう。