キャッシングの審査は担当者の主観による匙加減も含まれる

キャッシングの審査では収入や勤続年数が特に大切ということを聞いているかもしれませんが、それとはあまり関係ないところで審査に影響している可能性があります。それは担当者の独自の判断による匙加減の部分です。かなり勘に近いところもありますが、利用者の外見などを見て、何か不安を感じたり、怪しいと感じたときには、借り入れ金額の限度を下げたり、他が問題なくても審査に通らないという可能性もあります。

例えば、刺青をしているような人が来た場合には、かなり慎重に見ていると思います。暴力団などを連想してしまうこともあるため、刺青をしているというだけで審査に不利に働く可能性もあるのです。刺青をしているだけで暴力団と考えてしまうのは、かなり短絡的かもしれませんが、担当者が独自の判断をして、貸さないほうが良いだろうと思ったときには、他の条件が特に問題ないとしても、今回は貸し出しをしないということもあるのです。

だから、何で審査に通らないのか?不思議でしょうがない場合には、そういう部分が関係している可能性もあるので、キャッシングの会社の人間に怪しいと思われるような格好をしていないか?とか、そういった部分にも気を使う必要があるということです。普通の格好をしていけば特に問題はないと思いますが、派手すぎる格好や宝石や高そうなバッグなどを身に付けて来店したりするというのも同様の結果を生む可能性があるので、一般的な普通の格好や見た目を意識してお店に向かってください。