タグ別アーカイブ: アルバイト

長期間のアルバイトでなくてもキャッシングは可能

消費者金融でのキャッシングは基本的には、職業と収入とが安定していれば利用できます。したがって正社員ではなくアルバイトをしている人でも、ひとつの職場で長く働いていて、毎月の収入に極端なばらつきがなければ、キャッシングの審査に通過できると言えます。逆に言えば、頻繁に職場を替えている人や、収入があったりなかったりする人では、キャッシングの審査通過は難しいということです。

しかし消費者金融によっては、それほど長期間のアルバイトでなくても、審査に通ることがあります。たとえばアルバイトを始めてからまだ2ヶ月という場合でも、約60日は辞めずに続けていたわけですから、ある程度は職業が安定しているとみなされるのです。
またキャッシングの申し込みの際には、年収を伝える必要がありますが、この年収は月収の12倍の数字にすることができます。たとえまだ2ヶ月しか働いていなくても、12ヶ月分働くことを想定して、伝えることができるのです。

そして消費者金融では、想定年収の約3分の1までのお金をキャッシングできます。2ヶ月しか働いていなくても、その給料を上回る額のお金を貸してもらえる可能性があるわけです。
そのため、まだ長期間働いていないという人でも、お金に困っている場合はキャッシングの申し込みをしてみる価値があると言えます。

アルバイトが消費者金融の審査が通る2つのポイント

アルバイトは正社員に比べて収入が少ないので消費者金融の審査も落ちてしまうと決めつけてしまう人が多いです。
それで金欠の状態のまま生活を送っている人が多いですが、アルバイトでも消費者金融を利用してお金を借りる事が出来るので審査に落ちてしまうと決めつけてしまうのは良くありません。
そこでアルバイトが消費者金融の審査が通るにはどのような点がポイントになってくるのか見ていく事にしましょう。

・一定の収入がある事を証明する

消費者金融は安定した収入がある人が利用対象となっているのでアルバイトが審査が通るようにするには一定の収入がある事を証明する事がポイントになってきます。週に4~5日働いて収入を得ていれば一定の収入がある事を証明する事が出来ます。

・収入に見合った借入希望額を申請する

消費者金融に申し込みをする時に借入希望額を申請しますが、収入に見合っていないと業者側が返済する事が出来るのかと疑問を持ってしまいます。それで審査が不利な状況になってしまうのでアルバイトの場合は収入に見合った借入希望額を申請して業者側が安心してお金を貸せる状況を作っていく事がポイントになってきます。それにより審査が有利になって通る可能性も高くなります。

アルバイトでもキャッシングを利用できるの?

キャッシングを利用する為の条件となるのが、本人が働いており、安定した収入を得ている事です。

安定した収入と聞くと、公務員や正社員をイメージする人も多いでしょう。

ですが、安定した収入の中には、アルバイトやパートも含まれており、非正規雇用で働いている人でも、キャッシングを利用する事ができます。

ただ、アルバイトの場合、短期バイトの場合は審査に通る事は難しくなります。

アルバイトでもキャッシングを利用したいと考えるのであれば、週に3日以上働く状態を、半年以上持続させておく事が大切です。

正社員の場合は、終身雇用が前提となっている為、働き始めたばかりでも、審査に通る可能性が高くなります。

ですが、アルバイトの場合は、雇用期間が限られている可能性があるだけでなく、すぐにやめてしまう可能性もある為、一定の勤続期間がある事が重要になってきます。

審査に落ちてしまうと、その事が信用情報に記載される為、今後の審査に影響が出てしまう可能性があります。

ですから、アルバイトとして働き始めたばかりの段階であれば、まずは少なくとも半年、可能であれば1年はそのバイト先で働き、その上でキャッシングの審査を受ける事がおすすめです。

キャッシングは、条件を満たしていればアルバイトでも利用可能です。

アルバイトがキャッシング審査に通るコツ

アルバイトは正社員に比べるとキャッシングの審査に通りにくい傾向があります。しかし、審査に通らないわけではありません。どんなところに気をつければアルバイトでも審査に通ることができるのでしょうか。

キャッシングの審査に通るために一番大切なことは安定した収入があることです。収入がないと返済できる当てがないので審査には通りません。アルバイトで少額でも収入があれば審査に通る可能性があります。

どうせアルバイトだから審査に通らないだろうと、手あたり次第に申し込みをしていませんか。たくさん申し込んだ方がどれか一つでも審査に通る気がしますが、実は逆効果です。短期間に多数の申し込みをしていると、よほどお金に困っているとみられます。お金に切羽詰まった状態の人は返済できるのか疑問です。返済能力がないとみられて審査に通らなくなる可能性があります。1か月以内に3社以上の申し込みをするのは控えましょう。

新たな借り入れをする場合、過去の返済実績があると信用が高まり借り入れしやすくなります。複数の借り入れをしたい場合は、滞りなく返済するように気をつけましょう。ただし、あまりにも多数の借り入れをしていると返済実績があっても審査に通りにくいことがあるので注意が必要です。