タグ別アーカイブ: カードローン

カードローンは金利が低くても利息がかさみ易い?

銀行や消費者金融のカードローン、クレジットカード会社のキャシングは利用限度枠内であればいつでも借り入れが可能です。そのため、冠婚葬祭や急な出費でも現金を調達することができるため、便利です。
ですが、如何に金利の低いカードローンでも返済方法により、発生する利息がかさみ易いといったデメリットや完済前に追加借り入れをしてしまうなど、返済負担が増加するケースもあり、自己破産者の増加要因ともなっています。

そもそも、カードローンの特徴は利息が日割り計算されることであり、短期間の借り入れであれば、少ない利息で借り入れが可能です。しかし、目的ローンとは異なり、契約時に返済期間が確定しない、また利息も確定しないといった特徴もあります。
その結果、目的ローンに比べて高い利息を返済することになり、中長期的な借り入れでは低金利であるメリットは少なくなってしまいます。そのため、現金を借り入れする際は、利用目的に合ったローンを契約することが重要です。

また、返済管理をしっかりとするためには高額な借り入れほど、追加借り入れの出来ないものを選ぶのが得策となります。
追加借り入れが出来るほど、キャシングに頼ってしまうリスクがあるため、常に利用出来る状態にしたい方は1年間で完済出来る分の利用限度枠に設定するのがおすすめであり、総返済額の増加抑制に効果があります。

どこの銀行のカードローンが良いのか?銀行のカードローンの選び方のポイント

銀行のカードローンは総量規制対象外ということもあって、多くの人に利用されていますが、同じ銀行のカードローンにも大手銀行や地方銀行をはじめ、信用組合や信用金庫なども独自のカードローンを商品として扱っています。実際にカードローンをつくるのであれば、急な出費にあわせて慌てて契約をするよりも、事前に備えておくという意味でもきちんと各カードローンの特徴を知っておく必要があります。
基本的に銀行や信用金庫などのカードローンに個々の特徴はありますが、金利や申し込める資格などに多少の違いはありますが、大きく違いがあるわけではありませんので、理想を言えば、自分の利用している銀行のカードローンを利用するのが最も自然なスタイルだといえます。

銀行のカードローンの審査の時には当然銀行との取引き状況なども加味される事が考えられますので、より多くの取引を行っている銀行を利用する事が理想だといえます。
しかしながら、使い勝手という事を考えると必ずしも答えはひとつに決められるものでもありません。近年のカードローンの多くはコンビニにあるATMで借入れや返済を行うことができるようになっていますが、この時に手数料がかかったり、利用時間に制限があるという場合は、他の銀行のカードローンなどを検討する事も視野に入れても良いのかもしれません。

めったに使う事がなく、ゆとりを持って平日に自分の利用している銀行のATMで借入れをするという人であれば、自分の利用している金融機関のカードローンを第1希望にすると良いと思いますし、緊急でお金が必要になりやすい人や、借入と返済を頻繁に行うという人であれば、コンビニのATMが利用できて、手数料も無料の銀行カードローンに申し込むと使い勝手の良いカードを所有する事ができます。

キャッシング先は細かく比較しよう

キャッシング先を決める時に、最も気にするのは金利という人が多いです。しかし、金利にばかり目が行ってしまうと、思わぬ所で失敗することがあります。金融業者によって、返済日について柔軟性が異なるので、信販会社が行っているカードローンでは、最初から毎月27日や10日といった指定日のみに決められてしまうケースが多いです。一方、消費者金融の中には、5と0の付く日の中から返済日を選べる会社があり、中には任意の日を好きに指定出来る会社まで登場しています。終身雇用制度が崩れている現代の日本では、転職がいつ発生するか分からないので、転職後も給料日が同じとは限りません。返済日に柔軟性が無い金融業者を選んでしまうと、転職後の返済が毎回給料日前という拷問のような状態になりかねません。

また、返済方法についても随時返済をいつでも自由に出来る金融業者を選んでおけば、元金を早期に減らすことが可能です。信販会社の中には随時返済を事前申告制として、随時返済額を入金した日に処理せず、約定返済日を待って返済したことにするという方式を採用している所があります。元金に対して利息が日割りで付くので、元金返済日が1日送れるごとに余計な利息が生まれてしまうわけです。

楽天ローンのメリット

急な出費が必要で困っている、カードローンでお金を借りたい、といいう人におすすめなのが、楽天ローンです。

普通、カードローンの審査には安定した収入があること、身元が保証されていることが最低条件になります。借り入れするということは、返済能力があることが前提だからです。しかし、楽天ローンは源泉徴収書などの収入を証明する書類が不要という、画期的なローンなのです。今までは専業主婦の方や求職活動中の方などは、カードローン審査が難しいと言われていました。

学生や主婦の借り入れ可能なローン会社でも、パートやアルバイトなどの定期的な収入が必要なケースが多かったからです。しかし、楽天ローンは収入がなくても申し込めるローンとして、最近注目を集めているのです。2014年の8月からは、収入証明書がなくても限度額300万円まで借り入れ可能になり、さらにインターネットなどで話題を呼んでいます。

それ以外にも楽天ローンにはさまざまなメリットがあります。まず、ATMの利用手数料が無料のサービスです。カードローンを利用する時、通常はATM手数料がかかるケースが多く、積み重なると手数料も負担になります。夜間や早朝などの時間帯には一部有料になるケースもありますが、それ以外の時間帯にはお得に利用できますね。また、金利が低いことも利用者にとっては助かりますね。ほかのカードローン会社に比べて低金利に設定されているので、特に短期間の借り入れは負担が軽く、利用しやすくなっています。