タグ別アーカイブ: キャッシング

楽天銀行スーパーローンでキャッシングをする時に注意したいデメリットは?

楽天銀行スーパーローンはWEB完結でキャッシングをする事が出来るので利便性の高いカードローンとして知られています。それでキャッシングをする時に楽天銀行スーパーローンを利用する人も増えてきていますが、少なからずデメリットになってしまう点もあるので注意が必要です。そこで楽天銀行スーパーローンでキャッシングをする時に注意したいデメリットを確認していきましょう。

楽天銀行スーパーローンは審査回答に数日かかってしまいます。それで融資可能になるのは申し込みをしてから約3日後になってしまうことが多いです。即日融資を受けたい人はデメリットになってしまうので注意が必要です。楽天銀行スーパーローンでキャッシングをする時は時間に余裕を持って申し込みをするようにしましょう。

短期の契約社員の人でもキャッシングができる便利な方法

キャッシングを安全にしたいならば計画性をもって利用するといいです。貯金や給料など自分の返済能力をしっかり把握しておけば返済に困るほど使ってしまう心配はないです。多額のキャッシングをする場合はどれくらいの利子がつくかきちんと確認することが必要です。利子を計算して月にどれくらい返済が必要な金額なのかがすぐに分かれば本当にキャッシングをしても大丈夫なのかどうか判断ができます。

正社員ではない短期の契約社員の人はキャッシングができないと思われがちです。しかし契約社員の方でも簡単にキャッシングをする方法があります。それは通販ショップのクレジットカードを利用してキャッシングをすることです。クレジットカードを作る手続きは面倒ではないので1枚でも作っておいて損はないです。

煩わしい手続きをしないでお金を借りたい人にクレジットカードを使ってキャッシングする事をおすすめできます。クレジットカードを持っていない人が急にお金が必要になった時には消費者金融などに行ってお金を借りないといけなくなるので時間がかかってしまい非常に面倒です。まとまったお金がいつ必要になってもよいように、クレジットカードを作ってキャッシングができるようにしておくといいです。

キャッシングの限度額には目安がある!

貸金業者からお金を借りる際“融資希望額”を申込書に記入しますが、誰でも無限に貸してもらえるわけではありません。融資限度額の目安は“年収の1/3”程度、この程度なら毎月安定した収入がある人なら返済できるという目安です。例えば学生や専業主婦など収入がない人は限度額が10万円程度に設定されます。

また他の貸金業者から既に融資を受けている人は希望通りの金額を融資してもらえない可能性が高いです。中には「できるだけ多く借りたいから」と申込時にウソの借入件数を書く人もいます。しかしキャッシングの履歴は“信用情報機関”という所で一括管理されていてどの貸金業者もその情報が閲覧できるためウソはすぐにバレてしまい、審査に通過することはまず不可能です。

お金を借りるのは信用が第一、必ず本当のことを書きましょう。

ネットによりキャッシングの申し込みも楽になりました

キャッシングやカードローンに申し込みをすると融資が可能かどうかを確かめられる審査が行われることになります。無審査で融資をするという消費者金融はあり得ません。もしそのような消費者金融があったとしたら、そのような消費者金融は違法な金利で融資を行っている場合がほとんどなので近寄らないようにしましょう。キャッシングやカードローンに適用される金利は法律により制限されているので、申し込み先に選んだ消費者金融の金利がどれほどになっているのか確認するようにしましょう。金利は各消費者金融の公式ホームページで簡単に調べることができます。

法律を守った消費者金融では金利を18%ほどに設定していることが多いようです。キャッシングもカードローンも申し込みは公式ホームページで手続きできるので手間はかかりません。スマホからでも申し込みは可能です。以前は無人契約機を使って申し込みをする方が多かったのですが、最近では多くの方がスマホなどを使いネット経由で申し込みを済ませています。ネットでの申し込みは誰に見られることもなく、また時間的制約がないのが利点なようです。

消費者金融では担当者が在住している店舗でも無人店舗でも営業時間はありますが、ネットには営業時間はありません。ネットでは真夜中でも申し込みを受付けてくれます。このよう利便性の向上によりキャッシングの利用者は増加しているのです。

学生キャッシングの意外な注意点について

キャッシングはお金に困った時に便利なサービスですが最近では、学生もよくキャッシングを利用しています。キャッシングでは、借入の希望額が少ないと学生でもキャッシングの審査に通る事が可能と言えます。場合によっては、申し込んだ日のうちに借り入れ可能な即日融資も対応している場合もあるので、便利です。アルバイトの給料が入る前にお金が必要になった時などの学生にとって手軽に借りることが出来るキャッシングは嬉しい存在と言えます。

学生でキャッシングをする場合の注意点としては、キャッシングの履歴で、学生でもキャッシングが出来る金融会社はいくつかありますが、キャッシングを利用して、返済についてのトラブルがあった場合に消費者金融会社によっては履歴が残ってしまう事があるので注意が必要です。学生の場合には、就職活動に関わってくる可能性もあるので注意が必要です。就職先が銀行などの金融関係の場合は、学生時代にキャッシングを利用していた事が不利に働くことがあります。学生デモキャッシングは便利ですが、学生の時からすでにキャッシングをしている事は、あまり印象が良くない事なので、キャッシングは慎重に利用することが大事と言えます。

キャッシング先は細かく比較しよう

キャッシング先を決める時に、最も気にするのは金利という人が多いです。しかし、金利にばかり目が行ってしまうと、思わぬ所で失敗することがあります。金融業者によって、返済日について柔軟性が異なるので、信販会社が行っているカードローンでは、最初から毎月27日や10日といった指定日のみに決められてしまうケースが多いです。一方、消費者金融の中には、5と0の付く日の中から返済日を選べる会社があり、中には任意の日を好きに指定出来る会社まで登場しています。終身雇用制度が崩れている現代の日本では、転職がいつ発生するか分からないので、転職後も給料日が同じとは限りません。返済日に柔軟性が無い金融業者を選んでしまうと、転職後の返済が毎回給料日前という拷問のような状態になりかねません。

また、返済方法についても随時返済をいつでも自由に出来る金融業者を選んでおけば、元金を早期に減らすことが可能です。信販会社の中には随時返済を事前申告制として、随時返済額を入金した日に処理せず、約定返済日を待って返済したことにするという方式を採用している所があります。元金に対して利息が日割りで付くので、元金返済日が1日送れるごとに余計な利息が生まれてしまうわけです。

学生時代にキャッシングをしていた

大学進学で実家を離れて、一人暮らしを始めたのですが、学生時代は何かとお金がかかるので、勉強はそこそこにバイトに明け暮れていました。大学まで行かせてもらったという思いが強かったので、生活費は親に迷惑をかけないように、自分自身で稼ごうと思っていましたので、生活費や交際費は全てバイトで稼いでいました。月10万円くらいの稼ぎだったのですが、ほぼ毎月使い切るかたちで、中々貯金まではままならない状況でした。そんな中、仲のいい友達に子供ができて若くして結婚することになりました。

親友でしたので、盛大にお祝いをしてあげようと思ったのですが、お金がなかったので、キャッシングで借りようと思いました。ただ学生ということもあり、駄目もとでいろんな会社に電話してみたのですが、20歳以上で安定した収入と返済能力があれば、申込できますよといわれたので、一度審査をお願いしました。幸い過去にお金に苦労したことはなかったので、他での借金や長期遅延の経験もないこともあってか、学生だったにも関わらず、10万円のキャッシングができました。一番ヒヤヒヤしたのは、実家の両親にばれないかというところだったのですが、無人契約機で契約して、その場でカードを受け取れたので、ばれることはありませんでした。

アルバイトでもキャッシングを利用できるの?

キャッシングを利用する為の条件となるのが、本人が働いており、安定した収入を得ている事です。

安定した収入と聞くと、公務員や正社員をイメージする人も多いでしょう。

ですが、安定した収入の中には、アルバイトやパートも含まれており、非正規雇用で働いている人でも、キャッシングを利用する事ができます。

ただ、アルバイトの場合、短期バイトの場合は審査に通る事は難しくなります。

アルバイトでもキャッシングを利用したいと考えるのであれば、週に3日以上働く状態を、半年以上持続させておく事が大切です。

正社員の場合は、終身雇用が前提となっている為、働き始めたばかりでも、審査に通る可能性が高くなります。

ですが、アルバイトの場合は、雇用期間が限られている可能性があるだけでなく、すぐにやめてしまう可能性もある為、一定の勤続期間がある事が重要になってきます。

審査に落ちてしまうと、その事が信用情報に記載される為、今後の審査に影響が出てしまう可能性があります。

ですから、アルバイトとして働き始めたばかりの段階であれば、まずは少なくとも半年、可能であれば1年はそのバイト先で働き、その上でキャッシングの審査を受ける事がおすすめです。

キャッシングは、条件を満たしていればアルバイトでも利用可能です。

キャッシングの利用用途を決めるメリット

お金が必要になりキャッシングを利用する理由は様々ですが、多くの方がお金のピンチの際に消費者金融のキャッシングを利用しています。キャッシングはフリーローンと呼ばれており、利用用途を問われる事はほとんどありません。

審査を行う際に利用用途を尋ねられる場合がありますが、常識の範囲内の利用の場合はほとんど問題になる事はありません。しかしギャンブルや借金返済などと答えてしまうと、審査に引っかかってしまう場合があるので十分に注意しましょう。また利用用途が限定されないので、様々なことに利用できるメリットがありますが、曖昧な利用でキャッシングを繰り返すと、いつの間にか借金が増えてしまう危険性があるので十分に注意するようにしましょう。

使いすぎを防ぐためには、何に利用するのか明確な理由を決めてキャッシングを利用するということです。またキャッシングを行う度にメモを取るなど、何のために利用しようと考えたのか記録に残すようにしましょう。曖昧な利用を繰り返さないことが、使い過ぎを未然に防ぐことになるので、面倒に感じる場合もありますがメモをしっかりと残すようにしましょう。このような工夫をしたり意識することはキャッシングを使う上で大切なポイントと言えるでしょう。

キャッシングの返済方法を詳しく知れば利息を節約出来ます

消費者金融や銀行カードローンなど、キャッシングを提供している貸金業者は多くあります。金利が同じであっても、返済日や返済方法は各社共通とは限らないことに気が付かない人が少なくありません。残高スライド元利定額リボルビング方式を採用している貸金業者が多いですが、中には元金均等返済に対応しているキャッシングもあります。

キャッシングを行なう際には、返済方法を知らないと同じ金額を借りても、利息を多く支払う事態に陥ることが珍しくないわけです。毎月一定の日に支払う約定返済についても、ATM経由で増額依頼をかけるタイプから、事前に会員サイト経由で申請を出して増額引き落としをかける方法など様々です。約定返済は、最小返済額が初期状態では設定されているので、増額返済した分はそのまま元金返済に充当されて実質的な繰り上げ返済となります。

貸金業者が行っているカードローンでは、繰り返し利用限度額内で借入と返済が可能です。ATM経由で常に随時返済を行えるキャッシングを利用すれば、元金を早く減らすことも出来るでしょう。約定返済日に支払う最小返済額を必ず返済しなければ、滞納扱いとなってしまう点に注意しつつ、元金をいかにして早く減らすことが出来るかがキャッシングを賢く利用するポイントとなります。