タグ別アーカイブ: メリット

銀行カードローンのメリットについて

銀行カードローンのメリットは、カードローンの中では低めの金利に設定されているところです。だいたいの銀行が15%未満となっています。消費者金融では上限金利が18%と設定されているところが多いのを見るとかなり低めに設定されています。

基本的にどこのカードローンも借入額が大きくなればなるほど金利が下がる傾向にありますが、銀行ローンでは上限金利が低く設定されているため、100万円以上借りると10%を切ってしまう金利になるところが多くあります。

もうひとつ銀行カードローンのメリットは、裁量規制外であることです。日本の法律では裁量規制という賃金業法にあるのですが、申込者の年収3分の1しか借入できないということになっています。この裁量規制は、消費者金融、信販会社、クレジットカード会社などが対象になるのですが、銀行ローンは対象外になっています。

そのため銀行カードローンは利用限度額が高く、800万円から1000万円という銀行が多くあります。借入できるのかは申込者の年収や勤務会社などの個人情報、銀行との信頼関係になるので、利用限度額の最高額を借り入れできるかはわかりませんが、消費者金融や信販会社より利用限度額が高いのは銀行カードローンです。

キャッシングの利用用途を決めるメリット

お金が必要になりキャッシングを利用する理由は様々ですが、多くの方がお金のピンチの際に消費者金融のキャッシングを利用しています。キャッシングはフリーローンと呼ばれており、利用用途を問われる事はほとんどありません。

審査を行う際に利用用途を尋ねられる場合がありますが、常識の範囲内の利用の場合はほとんど問題になる事はありません。しかしギャンブルや借金返済などと答えてしまうと、審査に引っかかってしまう場合があるので十分に注意しましょう。また利用用途が限定されないので、様々なことに利用できるメリットがありますが、曖昧な利用でキャッシングを繰り返すと、いつの間にか借金が増えてしまう危険性があるので十分に注意するようにしましょう。

使いすぎを防ぐためには、何に利用するのか明確な理由を決めてキャッシングを利用するということです。またキャッシングを行う度にメモを取るなど、何のために利用しようと考えたのか記録に残すようにしましょう。曖昧な利用を繰り返さないことが、使い過ぎを未然に防ぐことになるので、面倒に感じる場合もありますがメモをしっかりと残すようにしましょう。このような工夫をしたり意識することはキャッシングを使う上で大切なポイントと言えるでしょう。