タグ別アーカイブ: 消費者金融

消費者金融の審査ではどんなところをチェックされているのか

消費者金融の審査を受けるときは、審査ではどういうところを見られているのかということを事前に知っておけば安心して申し込みをすることができるようになります。消費者金融のキャッシングの審査では、簡単に言うと申し込みした人にお金を貸しても大丈夫かどうか、しっかりと返済してもらえそうかどうかということがチェックされています。

返済能力を調べるためには、申し込みをした人の年収がどれぐらいなのか、どんな会社で働いているのか、雇用形態は正社員なのか非正規雇用なのか、勤続年数はどれぐらいなのか、といったことがチェックされます。アルバイトでも消費者金融でお金を借りることはできますが、勤続年数が半年以上はないと審査が厳しくなることがあります。さらに申し込みをする人の家族構成や住んでいる場所の居住年数、持ち家なのか賃貸住宅なのかといったことも返済能力を調べるための評価基準としてチェックされます。

そして他社のキャッシングやクレジットカード、ローンでどれぐらい借りているかということもしっかりと確認されます。信用情報もチェックされ過去の借金やクレジットカードの支払いをちゃんとしているかどうかといったことが確認されます。

なぜ即日の消費者金融は早めの時間帯が良いか

消費者金融は、即日で入金されるメリットがあります。早さを求めている方々には、大いにおすすめです。
お金を借りたいと思うなら、消費者金融以外にも選択肢はあります。銀行から借りる選択肢もあるのです。

ところが銀行の場合は、どうしても時間がかかります。銀行によって早さも異なりますが、数日ほどかかってしまう所も多いのです。それだけに急いで資金が必要な時は、少々困ってしまう事もあります。
それに対して消費者金融でしたら、即日で手続きを行ってくれますから、大変便利です。
ですから消費者金融はおすすめなのですが、時間に関する注意点もあります。できるだけ早めの時間帯に申し込みするのが良いでしょう。

というのも即日で借りるためには、条件があるのです。たいていはお昼過ぎまでに申し込みを済ませる必要があります。金融業者によっては、お昼頃に申し込み手続きをしますと、間に合わない可能性もあります。
逆に午前中などの早いタイミングで申し込みを済ませておきますと、当日中に借りれる事も多いのです。
まして昼休みに近い時間帯などは、申し込み件数も増えてしまいます。それだけ手続きが長引く事も多いですし、できるだけ早めの時間帯に申し込むと良いでしょう。

長期間のアルバイトでなくてもキャッシングは可能

消費者金融でのキャッシングは基本的には、職業と収入とが安定していれば利用できます。したがって正社員ではなくアルバイトをしている人でも、ひとつの職場で長く働いていて、毎月の収入に極端なばらつきがなければ、キャッシングの審査に通過できると言えます。逆に言えば、頻繁に職場を替えている人や、収入があったりなかったりする人では、キャッシングの審査通過は難しいということです。

しかし消費者金融によっては、それほど長期間のアルバイトでなくても、審査に通ることがあります。たとえばアルバイトを始めてからまだ2ヶ月という場合でも、約60日は辞めずに続けていたわけですから、ある程度は職業が安定しているとみなされるのです。
またキャッシングの申し込みの際には、年収を伝える必要がありますが、この年収は月収の12倍の数字にすることができます。たとえまだ2ヶ月しか働いていなくても、12ヶ月分働くことを想定して、伝えることができるのです。

そして消費者金融では、想定年収の約3分の1までのお金をキャッシングできます。2ヶ月しか働いていなくても、その給料を上回る額のお金を貸してもらえる可能性があるわけです。
そのため、まだ長期間働いていないという人でも、お金に困っている場合はキャッシングの申し込みをしてみる価値があると言えます。

選択肢のひとつとして

借金、消費者金融というと正直、あまり良い印象はありません。

しかし、消費者金融に限ってはそれは過去のものの様に感じます。滞納して放置してしまうような犯罪まがいの事態に陥るようなことがあれば分かりませんが、契約に則って利用してさえいれば怖い思いをすることはありません。

申し込み時の電話対応のみならず、返済期日前にはメールで返済を促してくれる、困ったとき、心配なときはフリーダイヤルで即時対応ととても親切できめ細やかです。

以前、私が海外に数か月出張することがあり、毎月の返済をどのようにしたらいいか電話相談した際、対応方法を親切に教えて頂いた後で「お仕事、頑張って下さい」と言われたのをとても印象深く記憶しています。

贅沢をするために借金をする必要はないでしょう。返済出来るあてもないのに借金をしてもいけません。これは当たり前のことではありますが、同時に、手元にお金がないだけでチャンスを逃してしまう状況は人生で何度か巡ってきます。そんな時に消費者金融を利用するというのは、ひとつの選択肢だと思います。