タグ別アーカイブ: 総量規制対象外

総量規制対象外の借入先をお探しの場合には銀行カードローンを

総量規制の対象となっている消費者金融のキャッシングでは、年収に応じた借入制限があります。この総量規制による借入制限は年収の三分の一までとなっており、それ以上の借り入れはたとえ業者を変えたとしてもすることができないルールとなっています。そのため、年収の三分の一を超過する金額を借りたいと思った場合には、総量規制の対象外となっている借入先を見つける必要があります。

たとえば、総量規制の対象外となっている借入先としては銀行のカードローンがありますが、カードローンの場合には年収の三分の一までという借入制限がないので審査の結果次第ではかなりのまとまった金額を借りることも可能になっています。まとまった金額を借りたいというときには銀行カードローンを利用するようにしましょう。

総量規制対象外のカードローン

消費者金融会社が行っているキャッシングでは、審査に受かるとお金を借りることができるのですが、お金はいくらでも借りることができるわけではなくて、「限度額」というものがあります。これは、「総量規制」というものがあって、年収の3分の1以上のお金は借りられないという法律で定められた規制があるからです。

しかし、総量規制が対象外なカードローンがあります。それが、「銀行カードローン」です。銀行自体のキャッシングでは、総量規制が対象外となっていて、年収によるローンの限度額がない便利なポイントがあります。ここで注意しないといけないのは、「銀行カードローン」と「銀行系カードローン」の違いです。銀行本体がカードローンを行っている場合は総量規制の対象外となりますが、銀行系列の消費者金融では規制対象外ではないということになりますので注意してください。

カードローン会社で一番有名なプロミスも「銀行系カードローン」なんですが、総量規制では「総量規制例外貸付」があって、年収3分の1の貸付が認められている契約もあります。プロミスでも「おまとめローン」のような例外融資商品があり、このローンなら年収3分の1以上でも借りることができます。