タグ別アーカイブ: 銀行のローン

総量規制対象外のローンについて

2010年に貸金業法が改正されてから、総量規制という新たな規制ができました。
この規制ができた目的は、カードローンやキャッシングの利用者の借り過ぎによる多重債務等を防ぐことにあり、具体的には年収の3分の1を超える借り入れができなくなったのです。

具体的な数値を上げて解説しますと、年収が300万円の人がキャッシングをする場合、その限度額は100万円までとなります。

しかし場合によっては年収の3分の1を超える借り入れが必要になることもあるでしょう。
そのようなときはどうすれば良いのでしょうか。

多くの資金を借り入れたい時には銀行のローンの利用がおすすめです。
銀行のローンであれば総量規制対象外となっているので、住宅ローンでも自動車ローンでもカードローンでも年収に関係なく借り入れができるのです。