タグ別アーカイブ: 銀行カードローン

総量規制対象外の借入先をお探しの場合には銀行カードローンを

総量規制の対象となっている消費者金融のキャッシングでは、年収に応じた借入制限があります。この総量規制による借入制限は年収の三分の一までとなっており、それ以上の借り入れはたとえ業者を変えたとしてもすることができないルールとなっています。そのため、年収の三分の一を超過する金額を借りたいと思った場合には、総量規制の対象外となっている借入先を見つける必要があります。

たとえば、総量規制の対象外となっている借入先としては銀行のカードローンがありますが、カードローンの場合には年収の三分の一までという借入制限がないので審査の結果次第ではかなりのまとまった金額を借りることも可能になっています。まとまった金額を借りたいというときには銀行カードローンを利用するようにしましょう。

銀行カードローンのメリットについて

銀行カードローンのメリットは、カードローンの中では低めの金利に設定されているところです。だいたいの銀行が15%未満となっています。消費者金融では上限金利が18%と設定されているところが多いのを見るとかなり低めに設定されています。

基本的にどこのカードローンも借入額が大きくなればなるほど金利が下がる傾向にありますが、銀行ローンでは上限金利が低く設定されているため、100万円以上借りると10%を切ってしまう金利になるところが多くあります。

もうひとつ銀行カードローンのメリットは、裁量規制外であることです。日本の法律では裁量規制という賃金業法にあるのですが、申込者の年収3分の1しか借入できないということになっています。この裁量規制は、消費者金融、信販会社、クレジットカード会社などが対象になるのですが、銀行ローンは対象外になっています。

そのため銀行カードローンは利用限度額が高く、800万円から1000万円という銀行が多くあります。借入できるのかは申込者の年収や勤務会社などの個人情報、銀行との信頼関係になるので、利用限度額の最高額を借り入れできるかはわかりませんが、消費者金融や信販会社より利用限度額が高いのは銀行カードローンです。