タグ別アーカイブ: 限度額

キャッシングの限度額には目安がある!

貸金業者からお金を借りる際“融資希望額”を申込書に記入しますが、誰でも無限に貸してもらえるわけではありません。融資限度額の目安は“年収の1/3”程度、この程度なら毎月安定した収入がある人なら返済できるという目安です。例えば学生や専業主婦など収入がない人は限度額が10万円程度に設定されます。

また他の貸金業者から既に融資を受けている人は希望通りの金額を融資してもらえない可能性が高いです。中には「できるだけ多く借りたいから」と申込時にウソの借入件数を書く人もいます。しかしキャッシングの履歴は“信用情報機関”という所で一括管理されていてどの貸金業者もその情報が閲覧できるためウソはすぐにバレてしまい、審査に通過することはまず不可能です。

お金を借りるのは信用が第一、必ず本当のことを書きましょう。

総量規制対象外のカードローン

消費者金融会社が行っているキャッシングでは、審査に受かるとお金を借りることができるのですが、お金はいくらでも借りることができるわけではなくて、「限度額」というものがあります。これは、「総量規制」というものがあって、年収の3分の1以上のお金は借りられないという法律で定められた規制があるからです。

しかし、総量規制が対象外なカードローンがあります。それが、「銀行カードローン」です。銀行自体のキャッシングでは、総量規制が対象外となっていて、年収によるローンの限度額がない便利なポイントがあります。ここで注意しないといけないのは、「銀行カードローン」と「銀行系カードローン」の違いです。銀行本体がカードローンを行っている場合は総量規制の対象外となりますが、銀行系列の消費者金融では規制対象外ではないということになりますので注意してください。

カードローン会社で一番有名なプロミスも「銀行系カードローン」なんですが、総量規制では「総量規制例外貸付」があって、年収3分の1の貸付が認められている契約もあります。プロミスでも「おまとめローン」のような例外融資商品があり、このローンなら年収3分の1以上でも借りることができます。

アコムを利用する時に限度額が10万円以下になってしまう人は?

アコムは限度額は最大800万円に設定されているので多額の借り入れにも対応してくれる消費者金融です。しかしアコムは総量規制の対象になっているので年収の3分の1以上の借り入れをする事が出来ません。それにより年収によって限度額が制限されてしまいますが、場合によっては限度額が10万円以下になってしまう事もあります。そこでアコムを利用する時に限度額が10万円以下になってしまう人を見ていく事にしましょう。

・総量規制に接触する人

年収300万円の人がアコムを利用する時は年収の3分の1以下である100万円が限度額になりますが、他社からの借入金額が90万円になっていると10万円以上借りてしまうと総量規制に接触してしまいます。それにより総量規制に接触しないように限度額が10万円以下になってしまいます。

・高齢者

高齢者になると収入が少なくなるので返済能力を考慮して限度額が10万円以下になる事が多いです。しかし仕事をしている時の年収を維持していれば限度額も多くなります。

・勤続年数が1ヶ月未満

アコムの審査では勤続年数を重視する傾向があって長い方が今後も収入も安定すると判断されて限度額も多くなります。しかし勤続年数が1ヶ月未満だと今後も仕事を続けるか不透明な部分があるので信用されにくく限度額も10万円以下になってしまう事が多いです。限度額を多くしたい場合は勤続年数が3ヶ月を経過してから申し込みをしてみるといいでしょう。